バス釣りルアーの画像

バス釣り

バス釣りルアーは全部で22種類!それぞれの特徴と使う場面を解説!

バス釣りではたくさんのルアーが使われますが、その種類は全部で22種類もあります。

さらにそれぞれで細分化されていて、その数は非常に多いです。

この記事ではバス釣りルアーの種類と、それぞれの特徴や使う場面について解説しています。

バス釣りルアーは種類がたくさんある

バス釣りルアーの画像
バス釣りで使うルアーには、とにかくたくさんの種類があります。

その種類はなんと全部で22種類。

いずれのルアーにおいても活躍してくれる場面があり、できるだけ多くのルアーを持っておき、使い分けることがバスを釣り上げるためには必要となります。

この記事では、バス釣りルアー全22種類の特徴や使う場面について解説していきます。

関連 バス釣りルアーおすすめ29選【2018年最新版】数百万円釣りに使ってきたバス釣り歴25年目の僕が自信を持っておすすめするルアーをご紹介!

バス釣りルアー全22種類

ここからはバス釣りルアーの全22種類をご紹介します。

それぞれのおすすめ品とともに関連記事も併せてご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ペンシルベイト

水面を左右に滑らせるようにして使うトップウォータールアーがペンシルベイトです。

名前の由来は、ボディが細長く鉛筆に見えることから名付けられています。

ペンシルベイトには、水面に対して水平気味に浮くスケーティングが得意なタイプと、垂直気味に浮くダイビングタイプがあり、それぞれ使い分けてみるのがおすすめです。

特に活躍してくれるのは、梅雨のアフタースポーン、夏のマズメ時、炎天下のクリアウォーター、秋のターンオーバー発生時など、バスが水面を意識しているときとなります。

関連 おすすめペンシルベイト6選!使い方を知ってたくさんのバスを釣り上げよう!

ポッパー

ポッパーは、大きなカップが特徴的なトップウォータールアーです。

「ポップ音」と呼ばれる音を出して使うことから、ポッパーと名前が付けられています。

特にポッパーが活躍してくれるのは主に夏で、小魚というよりは虫をイメージして、アクション中に上手くポーズを織り交ぜて使うのが効果的なようです。

関連 ポッパーおすすめ5選!ルアーの動かし方はこの4つをマスターすればOK!

ノイジー

水面で騒がしく音を立ててバスを誘うのがノイジーです。

餌というよりはバスの威嚇を誘うことでバイトさせる役割があります。

ノイジーが効果的となるのはアフタースポーンの時期で、圧倒的な釣果を天候に関係なく叩きだすことがありますので、ぜひ使ってみてください。

使い方のコツは、同じ場所を2~3回通してみることです。

<関連 ノイジールアーおすすめ7選!使い方のコツを知れば釣果アップ間違いなし!

スイッシャー

プロペラの回転によってバスを誘うのが、スイッシャーというルアー。

近年注目されているルアーで、水面を走らせて使うトップウォータータイプのものと、沈むようにしてあるシンキングタイプのものがあります。

いずれも基本的にリトリーブだけで使うのがおすすめです。

一定速度で巻くだけでなく、スピードに変化を付けて、プロペラの回転数を増減させるイメージで使ってみると効果的です。

ダーター

ダーターは、水中に少し潜ってアクションさせるタイプのトップルアーです。

少し古いタイプのルアーで、いまでは新しく開発されることはほとんどありません。

しかし、ほかのトップウォーターで水面に出きらないときに使ってみると効果的で、持っていると重宝することがあります。

関連 トップウォーターおすすめ12選!バス釣りでの動かし方や種類はどんなもの?

ミノー

見た目からも小魚をイメージしやすいミノー。

ミノーは巻いて使うのが基本で、クリアウォーターにおいて欠かせないルアーです。

プレッシャーにも強く、春のワカサギパターンではミノーでしか釣れないといった状況もよく起こります。

ジャークベイト

ミノーと見た目は近いですが、ジャークして使うことを前提にして設計されているのが、ジャークベイトです。

ジャークベイトには水を押すタイプと、水を切るタイプがあるので、使い分けることでクリアウォーターでもマッディーウォーターでも活躍してくれます。

早春においてサイズを選ばず釣るのであれば、ジャークベイトが一番効果的です。

関連 バス釣りミノー・ジャークベイトおすすめ10選!使い方からロッドの選び方まで詳しくチェック!

シャッド

シャッドは、低活性なバスにとても効果的なルアーです。

冬の低水温時、急激な水温低下においてはワーム以上に釣果を出しやすいのが特徴です。

基本的にはティップが柔らかめのスピニングタックルで使うことをおすすめします。

関連 シャッドタックル(ロッド・リール・ライン)の選び方!おすすめシャッドプラグ3選も!

クランクベイト

クランクベイトは、バス釣り専用ともいえる代表的なルアーです。

潜る深さが違ったり、ファットボディ・フラットボディ、さらには素材の違いなど、とにかくたくさんの種類があります。

クランクベイトが特に効果的となるのは春のプリスポーンからミッドスポーンの間、秋のターンオーバー時ですが、それ以外の時期でも巻くだけで釣れるバスに効果的なルアーとなっています。

関連 クランクベイトおすすめ11選!カラーの選び方や種類はこれを見れば分かる!

バイブレーション

扁平で重さがあり、ロングキャストしやすいバイブレーション。

引くだけで振動を起こすことから、バイブレーションと呼ばれています。

バイブレーションが効果的となるのは主に秋。

バスが広範囲に散れば散るほど、効果を発揮してくれるルアーです。

関連 バス釣りのバイブレーションおすすめ12選!ロッド選びや使い方もこれで間違いなし!

ビッグベイト

15センチ以上の大きな魚をイメージして作られているビッグベイトは、ビッグバスに効果的なルアーです。

ビッグベイトは、リップがあるタイプと無いS字系タイプ、さらにギル系の3タイプに分けられます。

とにかく重さがありますので、使うときは専用のタックルが必要となります。

ビッグベイトはアフタースポーン、そして夏のバックウォーターで最も実力を発揮するルアーです。

関連 ビッグベイトおすすめ9選!ロッドやリールはどんなものがいい?

スピンテールジグ

テールにブレードが付いたメタル製のルアーをスピンテールジグと呼びます。

ハードルアーのなかでは圧倒的にバスを喰わせる性能に優れ、初心者の方が使うのに一番おすすめのルアーでもあります。

小さいながらよく飛び、使い方は巻くだけで大丈夫な使いやすいルアーです。

関連 スピンテールジグは青物からバス釣りまで使える!おすすめ3選で何でも釣ってみよう!

メタルバイブ

メタルバイブは、冬の定番ルアーです。

沈みが速く、圧倒的なロングキャストができる特徴を持っています。

同じように見える製品が多いですが、それぞれで特徴が違い、使い分けで釣れ方がかなり変わるルアーとなっています。

関連 メタルバイブおすすめ5選!バス釣り歴25年以上の経験から導き出した釣れるアクションとコツはこれだ!

メタルジグ

メタルバイブと同じく冬の定番であるメタルジグは、基本的にボートからのバーチカルジギングで使います。

冬に使われることが多いですが、秋のターンオーバーでバスが底にべったり着いているときにも効果的です。

使うときは同じ場所でしばらくアクションし続けるのが釣るためのコツ。

メタルジグでバスの活性を上げるようなイメージで使ってみてください。

アイスジグ

アイスジグは、リズムよく動かすと上下左右に飛び跳ねるアクションでバスを誘うルアーです。

湖が凍ったときに氷に穴を開けて、そこから落として使われていたことからアイスジグの名前が付けられています。

アイスジグはボートからの使用が基本となり、使い方のコツはバスが居ると思うポイントで10~30秒ほどアクションさせ続けてみること。

飛び跳ねるアクションでバスの気持ちがだんだんと高まり、喰ってくるイメージで使うとよく釣れます。

スプーン

スプーンは名前の通り、食事のときに使うスプーンが起源となっているルアーです。

全てのルアーの起源とされていて、ブラックバスにももちろん効果的。

ブラックバス用としてはリアクションバイト狙いのサイズが大きなものがほとんどとなっています。

スプーンでは、メタリック系カラーを中心に選んで使ってみてください。

スピナーベイト

ブレード、ヘッド、スカート、ワイヤーと多くのパーツで作られているスピナーベイト。

初心者の方が一番敬遠しがちなルアーですが、使ってみると根掛かりしにくく、バスが良く釣れるルアーだと理解できます。

スピナーベイトにはさまざまなタイプがあり、ブレードの形状や組み合わせごとの違いを知って使うのがおすすめです。

特に効果的なのはアフタースポーンや秋のターンオーバー時、また季節を問わず障害物周りにバスが着いているときに効果的です。

関連 スピナーベイトおすすめ9選!トレーラーを付けるとどうなるかも解説!

バズベイト

スピナーベイトと同じワイヤーベイトに属するバズベイトは、大きなペラに水を受けて、水面を探っていくことを得意とするルアーです。

根掛かりがしにくいので、ペンシルベイトやポッパーで攻めきれないような場所まで狙っていくことが可能となっています。

バズベイトが効果的なのは曇りや雨など悪天候のとき。

使い方はただ巻きがメインとなるので、ルアー選びやちょっとしたチューニングが釣果を分けることも多いルアーとなっています。

関連 バズベイトおすすめ7選!使い方の基本からもっと釣るための5つの工夫まで紹介!

ラバージグ

ウエイトが一体化されたフックに、ラバーを巻き付けたルアーがラバージグです。

ヘッド形状が3種類あり、それぞれに得意とする場面があります。

ラバージグが効果的なのはカバーに対してアプローチが必要なとき、そして急激な状況悪化でバスが食性によって反応しなくなったときがメインとなります。

関連 ラバージグおすすめ7選!ポイント別おすすめトレーラー4選もチェック!

チャターベイト

チャターベイトは、ラバージグにブレードを取り付けたような形のルアーです。

正確には「ブレイデッドジグ」がこのルアーの名称ですが、日本においてはZ-MANというメーカーの商品名であるチャターベイトが、一般的な呼び方として定着しています。

巻くだけで強烈なバイブレーションと音を発生させるルアーで、ウィードエリアでの使用、水中が全く見えないような激濁りにおいて効果的となることが多いです。

関連 チャターベイトおすすめ10選!使えるトレーラー5選やロッドの選び方まで!

フロッグ

カエルをイメージして作られたルアーがフロッグ。

使われている素材は柔らかく中空になっていて、バスが喰ってきたらつぶれるようになる仕組みです。

フロッグはとにかく根掛かりしにくいので、カバーの奥にアプローチしたり、ヒシモの上で使ったりして使います。

特に夏のシェード攻略には欠かせないルアーです。

関連 バス釣りでフロッグが効果的な時期とは?タックルとおすすめフロッグも紹介!

ワーム

バス釣りで最も使われているルアーがワームです。

ワームには非常に多くの種類があり、季節や状況を問わずに使っていくことが可能となっています。

使うリグ(仕掛け)に関しても種類が多いので、その組み合わせは無限にあります。

初心者の方においてはジグヘッドリグから始めてみると、ワームの釣りを覚えやすいです。

関連 バス釣りワームおすすめ21選【2018年最新版】釣れるワームはどれなのかコレを見れば分かる!

バス釣りルアーは使い分けが大事

僕自身バス釣りを25年以上やってきていますが、種類と特徴を知って、効果的な時期や場面で使うことが釣果に直結することを何度も体験してきました。

ご紹介したバス釣りのルアーの中から、まずはどれか気になったものを使ってみて、それからほかのルアーも使っていくとだんだんと釣果を伸ばしていけると思います。

ほかの詳細記事も参考にしつつ、バス釣りルアーを使い分けて、釣りを楽しんでみてください。

関連 バス釣りルアーおすすめ29選【2018年最新版】数百万円釣りに使ってきたバス釣り歴25年目の僕が自信を持っておすすめするルアーをご紹介!

関連 バス釣りでのカラーの使い分け【全22色】ハードルアー・ワームそれぞれの選び方を25年以上の実績と知識で解説してみた

関連 【シマノ・ダイワ】2018年リール情報!2019年の新製品情報はいつ頃出る?

公開日:2018年4月16日
更新日:2018年12月1日

よく読まれている記事

  1. シーバスおすすめルアーの画像
  2. シマノ・ダイワの2019年新製品リールイメージ画像
  3. 18ステラの画像
  4. バス釣りおすすめルアーの画像
  5. バス釣りカラーの分かりやすい画像

最近の記事

  1. シーバスおすすめルアーの画像
  2. さまざまなカラーのシーバスルアーが並んだ画像
  3. グラスロッドで釣れたバスの画像
  4. シーバスビッグベイトの画像
  5. シマノ・ダイワの2019年新製品リールイメージ画像

カテゴリー

アーカイブ

  1. シマノ・ダイワの2019年新製品リールイメージ画像

    タックル

    シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】モデルチェンジなどの最新情報はここからチ…
  2. 18ステラの画像

    タックル

    【シマノ・ダイワ】2018年リール情報!2019年の新製品情報はいつ頃出る?
  3. シーバスおすすめルアーの画像

    ソルトルアー

    シーバスルアーおすすめ26選【2018年最新版】数百万円釣りに使った釣り歴25年…
  4. バス釣りおすすめルアーの画像

    バス釣り

    バス釣りルアーおすすめ29選【2018年最新版】数百万円釣りに使ってきたバス釣り…
  5. バス釣りカラーの分かりやすい画像

    バス釣り

    バス釣りでのカラーの使い分け【全22色】ハードルアー・ワームそれぞれの選び方を2…
PAGE TOP