• HOME
  • 投稿
  • バス釣り
  • バス釣りルアーおすすめ21選|バス釣り歴27年の僕が自信を持っておすすめするルアーをご紹介!
バス釣りおすすめルアーの画像

バス釣りルアーおすすめ21選|バス釣り歴27年の僕が自信を持っておすすめするルアーをご紹介!

バス釣りで使うルアーにはたくさんの種類があります。新作も次々と発売されていて、初心者の方はどれを使ったらいいか迷ってしまうことでしょう。

この記事ではバス釣り歴27年の僕が自信を持っておすすめするバスルアー21選をご紹介します。

書いている人のプロフィール

ルアー通を運営しているTと言います。

釣り歴27年のルアーマンです。

フィッシングカレッジ卒、釣具屋でルアー担当をしていました。

TwitterとYouTubeもよろしくお願いします。

バス釣りのルアー選びで知っておきたい事実

「バスがよく釣れるルアーが欲しい」

バス釣りをしている人ならば経験年数を問わず、誰もが思うことではないでしょうか。僕もかれこれ27年と長いことバス釣りをやってきていますが、いまだによく釣れるルアーが欲しいと思うことばかりです。

ただ、ご自身のこれまでを振り返ってみて、誰かにおすすめされたルアーでよく釣れた経験はあるでしょうか?特に釣具屋にあるおすすめコーナーのルアーでたくさん釣れた方は居るでしょうか?おそらく釣れても1~2匹程度とあまり釣れなかったのではないかと思います。

それもそのはず。なぜならぶっちゃけた話、釣具屋で働いていた僕から言わせてもらうと、おすすめルアーコーナーに利益率の高いものや売れ残ったものを置いているところが全部とは言いませんが非常に多いです。耳の痛い話かもしれませんが、現場で働いて見たり聞いたり、そして今なお少なからず起きている事実です。

酷いところでは釣れたルアーと売りたいルアーをすり替えた釣果写真を使っていた店もありました。これを聞いたときは正直酷いなと思いましたし、当然そんなルアーで思ったような釣果を得られるわけがありません。

ちなみに僕が作っていたおすすめルアーコーナーは、バスもソルトもちゃんと釣果写真込みで実績あるものを揃えていました。ここまでの話が嘘だと思う方は、この記事を参考にせず別サイトのおすすめバスルアーをあたってください。

さて前置きが長くなりましたが、この記事では僕がこれまでバス釣りをしてきた中で使ってみて実績の良かった「これ使ったらいいよ」とおすすめできるルアーだけをまとめました。おそらく今読んでいただいているあなた以上に、多くのお金と時間をつぎ込んで見つけてきたものになっていると思います。

釣りに使った500万以上のお金と、それに費やした時間は半端なく多いです。ここでご紹介しているルアーを参考にすれば、バスが釣れる確率の高いルアー選びをするのに必要なお金も時間も僕より少なくて済むでしょう。

ちなみにあまり釣れないバスルアーであれば、ここでご紹介する数の何十倍も知っています(笑)

それでは、バス釣り歴27年の僕が自信を持っておすすめする全21種類のバスルアーをご紹介していきます。

バス釣りおすすめハードルアー

バス釣りおすすめルアーで釣れたブラックバスの画像

ハードルアーはプラスチックや金属、木材で作られたルアーです。バスが餌としている小魚をイメージして使うのがコツとなります。

基本的にはバスに強くアピールできる、動きや音が大きなもの、強く光を反射するものが多いです。

一般的に「ハードルアーは釣れない」と思っている方も多いですが、使いどころを踏まえればよく釣れます。むしろハードルアーでないと釣れない状況も多いです。

まずはバスが釣りやすい曇りや雨、朝や夕方のマズメ時に、以下のおすすめハードルアーを使ってみてください。

ウォーターランド スピンソニック

スピンソニックの画像

僕がこれまでに最もバスを釣っているルアーが、このスピンソニックです。もしバス釣りでひとつだけルアーを選ぶとすれば、僕は間違いなくこのスピンソニックを選びます。

画像のスピンソニックはかれこれ15年以上使っていて、傷だらけになってしまいました。

使い方はシンプルに投げて巻くだけ。まずはバスを釣ってみたい方、1日中いろんなルアーを投げても釣れないことが多い方は、ぜひスピンソニックを使ってみてください。それくらいよく釣れます。

巻いているときの引き抵抗やバイブレーションは快適の一言。これこそ本当に投げて巻くだけと言えるルアーで、しかも安いのでおすすめです。

ルアーのサイズ55mm
ルアーの自重1/4~5/8oz(6.5~18g)
基本的な使い方ただ巻き

メガバス ポップX

ポップXの画像

ポップXは、バス釣りで人気のルアーメーカー・メガバスから発売されているポッパーです。最初に発売されてから25年ほど経っています。

口元から後方に水が抜けて起こる「チュピッ」という甘いポップ音と、アクション時に横倒れすることで見せる色覚変化が釣れる要因だと考えて使っています。またホロスケールの綺麗なカラーリングと、水面に浮く角度が絶妙で、投げて水面に浮かせておくだけでもバスが寄ってくることがあります。

カラーリングのきめ細やかさとリアルなフェイスは、トップウォーターという敬遠されがちな釣りの集中力も保ってくれます。スピニングでもベイトでも使える絶妙な7グラムの重さもおすすめの理由です。

ルアーのサイズ64mm
ルアーの自重1/4oz(7g)
基本的な使い方ポッピング・ドッグウォーク

ヘドン ザラスプーク

ザラスプークの画像

ザラスプークは50年以上も昔からちょっとずつ形を変えつつ、現在まで残り続けているペンシルベイトの元祖。高い浮力を持ったボディから生み出される強い水押しでバスのスイッチを入れます。

水を強く押すといっても、ザラスプークはナチュラルに押すのが魅力です。なんというか水の押しのけ方と進み具体のバランスがとても良い感じで、ほかのルアーに比べるとサイズが大きいですが25センチくらいのバスも普通に食ってきます。

トップウォーターで釣るためのキーとなるロッドアクションを身につけやすいのもザラスプークだと思います。

ルアーのサイズ114mm
ルアーの自重3/4oz(21g)
基本的な使い方ドックウォーク・スケーティング

ボーマー ロングA

ロングAの画像

ロングAはジャーキングのキレが秀逸なアメリカンルアーです。水を切るように鋭く連続ジャークすると、バスが「こんなスピードで追ってくるの?」というくらいに狂って襲い掛かってきます。

画像にあるのが僕の使ってきたロングAなんですが、フロントフック回りはフックサークルで彫れてしまいました。10年くらい使ったのでこのロングAは殿堂入りということにして大切に保管しています。

使い方のイメージは、「0.7秒の間に2回ジャークさせて1~2秒ポーズ」。リズムを速く、ロッドアクションは強くを意識してやってみるといいです。ちょっと癖があって強めにジャークしないと、バスが狂うような水を切るアクションが出づらいです。

見た目は決してリアルではないものの、よく釣れる優秀なジャークベイトです。

ルアーのサイズ89mm
ルアーの自重3/8oz(11g)
基本的な使い方ジャーキング

メガバス X-80トリックダーター

X-80トリックダーターの画像

日本製ジャークベイトでは、メガバスのX-80トリックダーターがおすすめです。高さのあるボディが生み出す横倒れを伴った不規則なダートアクションでバスのスイッチを入れます。

ルアーが見える1メートル未満の水深でジャークするだけでよく釣れます。軽いジャークで十分アクションするので、ロングAより使いやすいです。「ジャークベイトってこんな簡単に釣れるんだ」ということを体験するには、ロングAより使いやすいトリックダーターをおすすめします。

このX-80にはソルトウォーターモデルもあり、そちらはシーバスがよく釣れます。ルアーを見切ることが多いシーバスを食わせられるということは、バスもよく食わせられるということです。

ルアーのサイズ80.5mm
ルアーの自重3/8oz(11g)
基本的な使い方ジャーキング

エバーグリーン スーパースレッジ

スーパースレッジの画像

スーパースレッジは軽いロッドアクションでも鋭くダートしてくれる、クリアウォーター攻略に必須のルアーです。ダーティングシャッドとして本当に凄い性能を持ったルアーだと、反応してくるバスを見ながらつくづく感じます。一方でただ巻きでの動きは微妙です(笑)

このルアーでの思い出は、冬の表層水温4度の状況で小さな流れ込みから20本ほど釣り上げたこと。それも過去2回あります。小さめのジャークを2回、そしてポーズを3秒ほど取っているとラインが「スゥ~ッ」と引っ張り込まれるあの体験は忘れられません。

カラーはいろいろありますが、中でもアバロンモデルがおすすめです。光の反射や透過の仕方といった理由はありますが、そんな理屈抜きにしてアバロンはよく釣れます。

ルアーのサイズ60mm
ルアーの自重3/16oz(5g)
基本的な使い方ジャーキング

エバーグリーン リトルマックス

リトルマックスの画像

リトルマックスはメタルバイブの定番品です。以前はヘドンのソナーなどを使っていましたが、リトルマックスが発売されてからはこちらをメインで使うようになりました。

冬の低水温、そして秋のターンオーバー時に大活躍してくれます。冬に同じコースを10回ほど繰り返し通してから46センチのバスが食ってきたこともありました。

「バス釣りのメタルバイブならまずこれから」と言い切れるおすすめのルアーです。

ルアーのサイズ35~55mm
ルアーの自重1/8~1/2oz(3.5~14g)
基本的な使い方ただ巻き・リフト&フォール

エバーグリーン Dゾーン

Dゾーンの画像

Dゾーンは、「アームのたわみによる立体的振動」が釣れる理由のスピナーベイト。説明にあるように壊れるというかよく曲がりますが、その分バスを食わせる能力はかなり高いです。

巻くとアームがたわむ・戻るを繰り返し、ヘッドがバイブレーションしながら上下する感じのアクションをします。釣れるスピナーベイトの仕組みを理解するうえでも使ってみると良いおすすめルアーです。

ルアーの自重3/8~3/4oz(11~21g)
基本的な使い方ただ巻き

O.S.P ハイピッチャー

ハイピッチャーの画像

ハイピッチャーは、ほかよりもちょっとだけコンパクトサイズのスピナーベイト。ワイヤーが硬く、ブレードは薄く浅いので、ブレードの回転がとにかく速い特徴があります。バイブレーションも速くて細かいです。

ラインナップにあるいろんな重さを使ってみましたが、5/16オンスと3/8オンスがなぜかよく釣れます。

先にご紹介したDゾーンとは反対で、ブレが少ないことで釣れている印象があるスピナーベイトです。

ルアーの自重1/4~1oz(7~28g)
基本的な使い方ただ巻き

O.S.P O.S.Pジグゼロワン

O.S.Pジグゼロワンの画像

O.S.Pジグゼロワンは、カバー撃ちには絶対コレと言い切れるラバージグです。ハイポジションの横アイになっているのでカバーを軽い力で乗り越えやすく、フッキングも小さな力で決まります。カバーに強いとされているラバージグは意外と引っ掛かったり、カバーを乗り越えるのに力が要ったりするものも多いですが、このO.S.Pジグゼロワンであればそういうことも少ないです。

ブラシガードのバランスが絶妙で、調整を必要とせずパッケージから出してそのまま使えます。トレーラーにはクロー系ワームをセットすることが多いです。

ルアーの自重3/16~1/2oz(5~14g)
基本的な使い方カバー撃ち

O.S.P O.S.Pジグゼロスリー ハンツ

O.S.Pジグゼロスリー ハンツの画像

スイミングとボトムパンピングで使うラバージグとしては、O.S.Pジグゼロスリー ハンツがおすすめ。個人的にはシャッドテールやグラブをトレーラーにして、すべてのレンジをチェックできるようにして使っています。もちろんクローワームなどと組み合わせても優秀なラバージグです。

重さはいろいろ使ってみましたが、9グラムがなぜかよく釣れます。

ルアーの自重1/8~3/4oz(3.5~21g)
基本的な使い方スイミング・ボトムパンピング

バス釣りおすすめワーム

バス釣りおすすめルアーで釣れたブラックバスの画像

ワームは柔らかいプラスチックや生分解素材で作られたルアーです。さまざまなリグ(仕掛け)を使い分けることによって、ひとつのワームで何種類もの使い方ができます。

ワームはハードルアー以上に形が豊富で、ミミズ、小魚、エビ、ザリガニ、虫など、バスが餌としている生き物を何でも模すことができます。1パックに何本も入っているので、ハードルアーと比べると単価はかなり安いです。

ワームはハイプレッシャーな釣り場にも強いので、釣り人が多い現在のバス釣りでは決して欠かすことができません。

ゲーリーヤマモト 4インチグラブ

4インチグラブの画像

ゲーリーヤマモトの4インチグラブは、いわずと知れた不朽の名作ワームです。バス釣りのワームをひとつだけ選ぶというのであれば、僕はこの4インチグラブを選びます。まず間違いなく今後も残り続けるワームのひとつでしょう。

僕がバス釣りを始めた頃はメーカーロゴ部分がボロボロになるパッケージで売られていて、しかも20本入りで値段が高く手を出せなかったことを覚えています。現在は10本入りのパッケージで手頃な値段で売られています。

結構前の話ですが、この4インチグラブで1日に同じバスを2回釣ったことがあります。バスをとにかく魅了する何かがあるワームなんだろうと思います。

使い方はジグヘッドリグかラバージグのトレーラーにセットして、スイミングやリフト&フォールで使ってみてください。巻くだけでもよく釣れます。

ルアーのサイズ4インチ
基本リグジグヘッドリグ・ラバージグトレーラー

ゲーリーヤマモト カットテール

カットテールの画像

カットテールは、どんな場所・状況でも釣果を出しやすいワームです。ゲーリー素材特有の質感と、塩入りで比重が高いことが釣れる理由だと思います。

サイズは4インチを基準に、フォールアクションを活かせるワッキーリグやスプリットショットリグで使ってみてください。投げてフォールさせるだけでもよく釣れます。

あまり釣れないと聞く釣り場に行くときは必須です。

ルアーのサイズ3.5~10インチ
基本リグワッキーリグ・スプリットショットリグ

ゲーリーヤマモト ヤマセンコー

ヤマセンコーの画像

ヤマセンコーは、跳ねては底に沈んでいくエビをイメージして使うと釣りやすいワーム。ノーシンカーリグやワッキーリグ、ジグヘッドワッキーリグで使ってみてください。ボディを身震いさせるように使えばバスが食ってきやすいです。

このヤマセンコーには種類がいろいろありますが、定番サイズの4インチ、そして僕自身が真冬に20本以上の爆釣を経験した2インチが特におすすめです。

ルアーのサイズ2~7インチ
基本リグノーシンカーリグ・ワッキーリグ

ゲーリーヤマモト レッグワーム

レッグワームの画像

ダウンショットリグやジグヘッドリグ、スモラバのトレーラーとして使うなら、ゲーリーヤマモトのレッグワームがおすすめです。レッグ形状のテールが、水を逃がすとも押すとも振動させるとも、なんとも言い難い複雑なアクションでバスを誘ってくれます。

このレッグワームは素材がもろい印象を受けますが、それも釣れる要因だと思います。素材がもろい=表面に小さな凹凸が無数にある=水を引っ掛けて超細かい水流を起こすことが釣れる要因のようです。

カラーは特にピンクやスモークといったソリッドカラーが良いです。ぜひともピンクは一度使ってみてください。「なんでこのカラーで釣れるんだ?」と、理屈抜きの体験ができることと思います。

ルアーのサイズ2.5~2.9インチ
基本リグダウンショットリグ・ジグヘッドリグ

ZBC フィネスワーム

フィネスワームの画像

人気のスワンプクローラーに隠れてなかなか使われないフィネスワーム。僕はスワンプクローラーよりもこのフィネスワームを使うことが多いです。

ワームながら強いバイブレーションを起こして使えるところが気に入っている点です。強いバイブレーションによる動、ポーズで静と、動きにメリハリを付けるのが使い方のコツ。

ネコリグ、ジグヘッドワッキーリグ、ノーシンカーリグで使うのがおすすめで、特に4月のプリスポーンから6月のアフタースポーンにかけてめちゃくちゃ釣れます。先に上げた画像の丸々と太ったプリスポーンのバスを釣ったのは、このフィネスワームです。

ルアーのサイズ4-3/4インチ
基本リグネコリグ・ジグヘッドワッキー・ノーシンカー

ZBC スワンプクローラー

スワンプクローラーの画像

スワンプクローラーは、ネコリグで使うとよく釣れるストレートワームです。理由はわかりませんが、雨が降っているときやその後の濁りでよく釣れるイメージがあります。

細かくではなく大きくアクションさせて、視覚的変化を強めて使うのがおすすめです。

色に関しては「スカッパノン」が一番のおすすめカラーです。

ルアーのサイズ5-1/2インチ
基本リグネコリグ・ジグヘッドワッキー

ZBC ウルトラバイブスピードクロー

ウルトラバイブスピードクローの画像

ウルトラバイブスピードクローは、使ったことがない方が初めて見たら驚くであろうアクションをするワームです。アームの動きがとにかく凄いです。

テキサスリグでの使用やラバージグのトレーラーとして優秀なワームで、とにかくアームに水を受けさせてバタバタさせて使うのがポイントとなります。

ルアーのサイズ3.5インチ
基本リグテキサスリグ・ラバージグトレーラー

サワムラ ワンナップシャッド

ワンナップシャッドの画像

ワンナップシャッドはボディ全体で水を引っ掛けつつ、大きく動くアクションがキーのシャッドテールです。10年ほど釣果のみが先行していて、釣れる理由がよくわかっていませんでしたが、最近になってようやくその素材がワンナップシャッドの釣れる大きな要因になっていそうだと考えるようになりました。使っていて水を含むともちもちした感触になります。

サイズラインナップは全部で5種類ありますが、おすすめは4インチです。ジグヘッドリグやラバージグにセットしてただ巻きすれば、バスはおのずと釣れます。

またバスの活性がめちゃくちゃ低いときに、重たいラバージグやテキサスリグにセットしてリアクション狙いでボトムに「ドンッ」と落とす感じで使うのもおすすめです。過去にいろんなルアーを使ってどうしても釣れない日があったんですが、ワンナップシャッドのテキサスリグでリアクション狙いのリフト&フォールに切り替えた途端、30分で7本釣れたこともありました。状況が厳しい中でも釣果が見込める使い方なので、覚えておくと重宝します。

ルアーのサイズ2~6インチ
基本リグテキサスリグ・ジグヘッドリグ・ラバージグトレーラー

ロボワーム アライブシャッド

アライブシャッドの画像

2~3層のカラーで構成されているロボワームのアライブシャッド。ロボットがワームの型に素材を流し込むポワード成型で作られていることから、ロボワームのメーカー名が付いているそうです。

ダウンショットリグ、そしてジグヘッドリグとの組み合わせがベストで、ダウンショットリグではボトムのズル引きや中層でのダート、ジグヘッドリグではミドストで使うとよく釣れます。春のミッドスポーンからアフタースポーン状態のバス、また秋の水質悪化でバスがボトムべったりになっているときには欠かせないワームです。

「全然釣れない…」というときにこのワームを使ってみると、あっさり釣れることも珍しくありません。こういうルアーローテーションしてすぐ釣れたとか、このワームでしか釣れないという経験ができたら、バス釣りを辞められなくなると思います。

ルアーのサイズ3~4インチ
基本リグダウンショットリグ・ジグヘッドリグ

デプス デスアダー

デスアダーの画像

デスアダーは対ビッグバス用に開発されたデプスのワームです。なんとなくですが、琵琶湖や池原ダムでの釣果がよく聞かれるように感じます。おそらくラージマウスバスの中でもノーザン系ではなくフロリダ系に好まれるワームなんだと思いますが、普通にノーザン系も釣れます。

僕がおすすめする使い方は、見えバスに対してライブベイトリグで使うことです。見えバスの近くをライブベイトリグで斜めに走らせてみると、バスが追ってきて静かに食ってきます。

ルアーのサイズ4~8インチ
基本リグノーシンカーリグ・ライブベイトリグ

バス釣りのルアーケース

バス釣りのルアーケースの画像

バス釣りのルアーケースは、幅20センチ×奥行き15センチ×厚み4センチくらいのものが使いやすいです。最初の1個目としては、メイホウのVS-3010NDMをおすすめします。仕切り板が付いているので、スペースを区切ることもできます。

あとは持っているルアーの大きさや太さにあわせて幅・奥行き・厚みを選んだり、2~4列くらいに仕切ってあるものなど様々な種類の中から自分に合ったものを選んでいけば大丈夫です。

バス釣りのハードルアーの付け方

バス釣りにおすすめのスナップの画像

バス釣りのハードルアーは、スナップを付けて使うことをおすすめします。スナップとはルアーの動きを最大限に活かせて、交換をスムーズに行える小さな金具です。

ルアーにはスプリットリングが付いていることもありますが、こちらはリングに厚みがあったり、割れ目にラインが挟まったりして結び目が弱くなるのであまりおすすめしません。またルアーのアイに直結すると動きが悪くなりますので、こちらも避けることをおすすめします。

おすすめのスナップは、オーナーのP-02 クイックスナップ #0です。スナップとラインの結び方は、ユニノットやハングマンズノットをおすすめします。

バス釣りルアーはカラー選びも重要

バス釣りで使うルアーカラーの画像

こうやってまとめてみて思うのが、実際にいろんなルアーを使っていても自信を持っておすすめできるほどの釣果を残しているバスルアーはあまりないんだとか、名前が同じでも形が変わってしまったからおすすめできないとかもありました。この記事がバス釣りルアー選びで迷っている方の参考になれば幸いです。

また、バス釣りではルアー選びとあわせてカラー選びも重要です。

バス釣りでのカラーの使い分け【全25色】ハードルアー・ワームそれぞれの選び方を25年以上の経験と知識で解説してみた」の記事において、それぞれのカラーが持つ効果や釣れやすい時期について解説していますので、そちらも併せて参考にしていただければと思います。

関連記事一覧