フィネスワームの画像

フィネスワームのネコリグは最強!詳しい使い方やおすすめのリグを紹介!

フィネスワームは、ZBCから発売されているストレートワーム。バストーナメントで上位入賞に貢献したこともあるワームです。

この記事では、フィネスワームの使い方やおすすめのリグについてご紹介します。

書いている人のプロフィール

ルアー通を運営しているTと言います。

釣り歴27年のルアーマンです。

フィッシングカレッジ卒、釣具屋でルアー担当をしていました。

Twitter、YouTubeもよろしくお願いします。

banner

フィネスワームとは

フィネスワームは、アメリカのルアーメーカーであるZBCが発売しているストレートワームです。

一見すると何の変哲もないように見えますが、ボディがバイブレーションを起こしやすいように設計してある考えられた形状をしています。ボディの全面が円・後ろ側はフラットにしてあること、テールに膨らみを持たせてあることによってバイブレーションを上手く引き起こすことができているようです。

入数も多いのでコスパの良さもあり、何より釣れるワームで僕自身バス釣りでは絶対に欠かせないものとなっています。

フィネスワームの特徴

フィネスワームには、塩がたくさん入ったものと、ほとんど入っていないものがあります。塩がたくさん入ったものは「SUPER SALT PLUS(スーパーソルトプラス)」、ほとんど入っていないものは「BETTER THAN SALT(ビターザンソルト)」と、パッケージ表側のシールに記載してあります。

僕の経験上ですが、塩がたくさん入っているスーパーソルトプラスのほうでしか釣れたことがないです。ビターザンソルトは水押しが弱いのか、僕の使い方が良くないのかわかりませんが、釣れたことがありません。スーパーソルトプラスに関しては、めちゃくちゃいいワームです。

フィネスワームの使い方

フィネスワームは、シェイクを基本に使っていくと良く釣れます。このとき、リグをローテーションしてみるとより釣りやすくなるので、のちにご紹介するものを参考にしてください。

またフォールからステイまで使いこなすことができると、タフなバスにも口を使わせることが可能です。特にネコリグでフォールさせて、フィネスワームが倒れるまで待つようにすると、ほかのワームやリグで釣れないときにもバイトを得やすくなります。

フィネスワームにおすすめのリグ

フィネスワームは、状況によってどのリグを使うかが重要となります。

以下の3つのリグに必要なフックやシンカーを準備して、釣り場で使い分けてみてください。

ネコリグ

フィネスワームで最も効果を発揮してくれることが多いのがネコリグ。バストーナメントで上位入賞に貢献することが多いのもこのリグです。

ネコリグは頭の部分にネイルシンカーを差し込み、フックをボディの途中に掛けてセットします。ネイルシンカーに関しては、0.9・1.8・2.5グラムを持っておき、使い分けるのがおすすめです。

フックセットの位置ですが、リブがないハチマキ部分の少しテール側にセットすると良いアクションが出せます。

ジグヘッドワッキー

ネコリグで釣れないときにはジグヘッドワッキーに変更してみてください。ネコリグが水を切ったり押したりするのに対して、ジグヘッドワッキーはずっと水を押し続けてバスにアピールするイメージです。

ジグヘッドの重さは1.4・1.8グラムのどちらかがおすすめです。たった0.4グラムの差ですが、この2つでアクションの質が変わり、バスの反応も違ってきます。

ノーシンカーワッキー

バスが岸際を回遊しているのが見えたり、サスペンドしている状況ではノーシンカーワッキーでフィネスワームを使うと効果的。ノーシンカーワッキーではシェイクを入れつつ、フォールも交えながらゆっくり誘うのが釣れる使い方です。

以下にご紹介しているがまかつのワーム329 ハンガーHD KGウィードレスは、ノーシンカーワッキー、またネコリグでも共通して使えて、根掛かりしにくくもバスが掛かりやすい性能を持ったおすすめのフックです。

フィネスワームにおすすめのタックル

フィネスワームはMLパワークラスのスピニングタックル、ベイトフィネスタックルでの使用がおすすめです。スピニングタックルではフロロカーボン4~6ポンドかPE0.6~0.8号にフロロ6ポンドリーダーをセットしたもの、ベイトフィネスタックルでは6~8ポンドで使うのがおすすめです。

ベイトフィネスで使うときには、キャストでワームがちぎれるとバックラッシュしてしまうのでストッパーや熱収縮チューブを使用しておくことをおすすめします。もちろんスピニングで使用するときにもストッパーや熱収縮チューブはおすすめで、僕自身は熱収縮チューブを使用しています。

フィネスワームは使わないともったいない!

もしフィネスワームを使ったことがないというのであれば、ぜひ一度使ってみてください。大げさかもしれませんが、僕はこのフィネスワーム以上に釣れるストレートワームを知りません。特に春のスポーニングシーズンから、夏前のアフタースポーンまでは釣れ続ける性能を持ったワームです。

使ったら手放せなくなる、自信を持って良いと言えるおすすめのワームです。ぜひ使ってみてください。

関連記事一覧