• HOME
  • 投稿
  • シーバス
  • シーバスリールおすすめ13選【2020年版】個人の経験をもとにした番手選びも解説!
シーバスリールの画像

シーバスリールおすすめ13選【2020年版】個人の経験をもとにした番手選びも解説!

釣り歴27年・元釣具屋でフィッシングカレッジ卒業生の僕が、個人の経験をもとにしたシーバスリールの番手選びやおすすめモデルをご紹介。

どのリールを使ったらいいかわからないシーバスアングラーの方も、この記事を読めば失敗しないシーバスリール選びがすぐにできます。

書いている人のプロフィール

ルアー通を運営しているTと言います。

釣り歴27年のルアーマンです。

フィッシングカレッジ卒、釣具屋でルアー担当をしていました。

Twitter、YouTubeもよろしくお願いします。

hsrm85banner

シーバスリールについて

シーバスリールの画像

ソルトルアーの代表的なターゲットである「シーバス」。

シーバスリールには適した番手やギア比など選び方のポイントがあり、それらを知らずにリールを買ってしまうと釣りがしにくく、しいては釣れるシーバスの数が減ってしまいます。70~80センチクラスのシーバスがヒットしたときに焦らずやり取りでき、多くのシーバスアングラーが並ぶハイプレッシャーシーンや活性が低い状況においても、釣果ゼロで帰らないためには最適なリール選びが大事です。

この記事では釣り歴27年で元釣具屋、フィッシングカレッジ卒業生の僕から、シーバスリールの選び方をはじめ、シマノとダイワから発売されているおすすめのシーバスリールを番手やギア比まで厳選してご紹介します。

シーバスリール選びで大事な3つのポイント

シーバスで使うリールは、「スピニングリール」が基本です。シーバスリールを選ぶときには、大事な3つのポイントがあります。

そのポイントとは、

①番手
②ギア比
③自重

以上3つのポイントです。これら3つのポイントを踏まえて選ぶことで、失敗のないシーバスリール選びができます。

以下に具体的な選び方をわかりやすくご紹介します。

①番手

シーバスリールの番手の画像

シーバスリール選びで最も重要なのが「番手」です。番手とはリールの大きさ・糸巻き量を表すもので、スペック表やリールに印字されている数字をもとに確認できます。

シーバスリールの最適な番手は、「3000番もしくは4000番」です。近年では番手が細分化されているため、正確な表現をすると「3000もしくは4000と入っている番手」となります。

具体的には、

シマノだと、「C3000」「3000」「4000」
ダイワだと、「LT3000-C」「LT3000」「LT4000-C」「LT4000」

がシーバスリールとして最適な番手です。

これらの番手が適している理由は、シーバスロッドと組み合わせたときの重量バランス(モーメントと言います)や、シーバスの引きに対して必要となる巻き取りのパワーバランスが最も取りやすいからです。実際には品番に浅溝スプールであることを表す「S」や「M」、深溝スプールを表す「D」、さらにギア比の表示も入るためかなりややこしくなりますが、のちほど最適なモデルをご紹介します。

さらに番手選びの具体的な目安として、ロッドの長さが9フィート6インチ以下であれば3000番、9フィート6インチを超える長さであれば4000番がおすすめです。また、シーバスリールをエギングやバス釣りにも使いたい場合は3000番、青物狙いのライトショアジギングでも使いたい場合は4000番といった選び方もおすすめです。

②ギア比

シーバスリールのギア比の画像

ギア比とは、リールのハンドルを1回転させたときにギアがどれだけ回転するかを表したものです。ギア比はスペックに「5.8」のように表示してあり、数字が小さければ巻き取る力が強く、数字が大きくなれば巻き取るスピードが速くなります。ただ、ギア比を数字で呼ぶことはまずなく、基準となるギア比を「ノーマルギア」、高いギア比を「ハイギア」、低いギア比を「パワーギア」と呼びます。

この中でシーバスリールに最適なギア比は、「ノーマルギアもしくはハイギア」です。シーバスにおいてはキャストとリトリーブを繰り返し行い、ヒットしたら力強く巻き取る必要があるので、巻き取りのパワーと巻き上げ長のバランスが取れたノーマルギアやハイギアが使いやすいです。

ギア比はリールの番手が「3000」のように数字だけであればノーマルギア、「3000HG」や「3000-CH」のようにハイギアの略称である「HG」や「H」が入っていればハイギアと見分けるのが基本です。

リールにはほかにも、巻き取る力が強い「パワーギア(略称・PGやP)」や、高速巻き取りが可能な「エクストラハイギア(略称・XGやXH)」といったギア比もありますが、シーバスリールでこれらのギア比を選ぶことは、個人的にあまりおすすめしません。その理由は、メリットをデメリットが上回ると感じるためです。特にエクストラハイギアは、素早い回収が可能で感度が高いメリットがあり、かつ人気が高いことを僕自身もよく理解しています。しかし、そのデメリットである巻き取りパワーの低さが、シーバスではかなり使いにくいです。

例えば、エキストラハイギアのリールでメタルバイブレーションやスピンテールジグのようにちょっと巻き抵抗の大きなルアーを使うと、1キャスト1回収で腕の筋肉が張るのを感じるほど巻き取りが苦になったり、シーバスがヒットしてから頭を自分側に向けて制御しづらいため、やり取りで主導権を握れず、結果的にラインブレイクやフックが外れてバラしてしまったりしやすくなってしまいます。

僕自身、以前17ツインパワー XD 4000XGを手にし良いリールだと思っていましたが、実際に楽に釣りができているか、かつ釣果に結びついているかというと疑問が残ったため、現在はノーマルギアやハイギアのシーバスリールを好んで使うようにしています。

③自重

シーバスリールの自重の画像

シーバスリールを選ぶときには、できるだけ自重が軽いものを選ぶこともポイントです。自重が軽いシーバスリールをおすすめする理由は、手元に伝わってくるルアーの振動や流れの変化、シーバスのバイトを感じ取りやすくなるメリットがあるからです。自重の軽さは疲労軽減や、ロッドを振り抜きやすくなることで飛距離アップにもつながります。

番手にもよりますが、最も軽いもので170グラム、重たいものだと250グラム程度と、シーバスリールの自重にはかなりの幅があります。実際に釣りをしている感じでは、250グラム程度のリールであっても大きな問題は感じられませんので、予算と相談しながら選んで大丈夫です。

具体的には、リールのボディやローター素材に、「カーボン」や「マグネシウム」が採用されているもの、また価格が高いものほど自重が軽い傾向がありますので、選ぶときの目安にしてみてください。

Q&A・ローター素材の違いはどんな違いを生むのか?

シーバスリールのローターの画像

スピニングリールは、ローターの素材によって使用感が変わります。どういうことかというと、素材の違いによってローターの自重が変わり、慣性の働き方が変わってくるためです。

慣性とは止まっているものが止まり続けようとすること、一度動き出したものが動き続けようとすることで、例えば車を発進させようとしてもすぐに動かないことや、急ブレーキをかけても車がその場ですぐに止まれないことをイメージするとわかりやすいと思います。

軽いローターは勝手に回ろうとする慣性力が小さいため、巻き抵抗の少ないルアー、ストップ&ゴーのように巻いたり止めたりする釣り方、また巻き感度を重視したい場合におすすめで、具体的にはミノーやシンキングペンシル、ワームが使いやすいです。軽いローターのデメリットとしては、重いローターと比べた際、巻き速度を一定で維持しにくいと感じます。

一方の重いローターは、一度回りだすと勝手に回ろうと慣性力が働くため、巻き抵抗の大きなルアーや、中~高速で巻き続ける釣り方におすすめで、バイブレーションやメタルバイブが使いやすいです。重いローターのデメリットは、単純にリールの自重が増えることと、低速リトリーブでは使いにくいことが挙げられます。

この記事でご紹介しているおすすめリールに関して言えば、

軽いローターを採用しているリール
シマノ…ヴァンキッシュ(CI4+)、エクスセンスCI4+(CI4+)
ダイワ…イグジスト(ZAION)、セルテート(ZAION)、ルビアス(ZAION)

重いローターを採用しているリール
シマノ…ステラ(2500番以上がアルミ)、ツインパワー(2500番以上がアルミ)、ストラディック(高強度樹脂)、エクスセンス BB(高強度樹脂)
ダイワ…レグザ(DS4)、フリームス(DS4)、レガリス(DS4)、レブロス(DS4)

となっています。

好みもありますが、使い分けを意識しておくと、シビアな状況であればあるほど釣果に差がつきやすくなります。

ローターの素材については、メーカーが公表している仕様一覧で確認できますので、気になる方は下記のリンクからチェックしてみてください。

シマノ汎用スピニングリール仕様一覧

ダイワリール諸元表

シーバスリールおすすめ13選

現在、シーバスに対応するリールとして、シマノからは全部で18シリーズ、ダイワからは全部で21シリーズが発売されています。しかしその中にはちょっと発売された年が前だったり、コンセプトが最新でなかったりするものもあるので、買うときにはそれらを避けることをおすすめします。

ここからは2020年最新のおすすめシーバスリールを、番手やギア比まで厳選してご紹介します。

シマノ ステラ 4000

ステラは、シマノスピニングリールのハイエンドモデルです。僕自身使っているリールですが、これまでのどのリールよりも静かに巻くことができ、かつ力強い巻き取りができるリールだと感じています。

追求されたギア形状の「マイクロモジュールギアⅡ」、無駄なガタツキを排除した「新設計サイレントドライブ」、非接触式ラビリンス防水構造の「Xプロテクト」、従来スプールよりも飛距離が出る「ロングストロークスプール」など、シマノ最高峰・最新鋭のテクノロジーを多数搭載していて、まさにハイエンドにふさわしい仕様です。

番手に関しては、僕自身使っている「4000番のノーマルギア」がおすすめです。

ただハイエンドであるゆえ、正直高いです(笑)。でも道具にこだわり、徹底的に釣果を追求していきたいシーバスアングラーなら、一度はステラを手にしてみてはいかがでしょうか。

自重255g
ギア比5.3(ノーマルギア)

シマノ ツインパワー 3000MHG

ツインパワーは、「質実剛健」を理念にした耐久性・巻き取りパワーに優れたリールです。

現行モデルではローターに変形量の少ないアルミを採用し、たわみによる巻き上げパワーの低下を抑制。意外とローターがたわむことによって起こる巻き上げパワー低下は大きいので、アルミローターの採用はツインパワーの見逃せないポイントです。さらに、高強度な「HAGANEボディ」や「HAGANEギア」、また「Xプロテクト」によって高い耐久性を確保しています。

ツインパワーでは、シーバススタンダードモデルである「3000MHG」がおすすめです。一般的な河川や港湾部、サーフから磯まで、フィールドを問わず幅広く使える1台です。

自重230g
ギア比5.8(ハイギア)

シマノ ヴァンキッシュ C3000MHG

ヴァンキッシュはクイックレスポンスシリーズのハイエンドモデル。

注目すべきはその自重で、おすすめ番手の「C3000MHG」においてはなんと自重170グラムと、今回ご紹介しているリールの中で最軽量です。その軽さを僕の率直な言葉で表現すれば、「持つと不安になるくらい軽い」です。

自重の軽さ、また「CI4+」を素材とした軽いローターにより、巻き感度はトップクラス。例えばシンキングペンシルやワームのように抵抗を感じ取りにくいルアー、ストップ&ゴーのように緩急をつけた誘いで使いやすいリールです。

自重170g
ギア比6.0(ハイギア)

シマノ ストラディック C3000HG

賢くリール選びをしたいシーバスアングラーには、価格と性能のバランスが良いハイコストパフォーマンスリール・ストラディックをおすすめします。

「マイクロモジュールギアⅡ」や「サイレントドライブ」、「Xプロテクト」、「ロングストロークスプール」と、上位機種で目にする機能を多数搭載しながら、実売約2万円の手頃な価格で手に入れられます。高評価レビューが多いことからも、その価格と性能のバランスの良さはお墨付き。

ストラディックでは、シーバス以外にエギングやバス釣りにも使える「C3000HG」の人気が高いです。

自重225g
ギア比6.0(ハイギア)

シマノ エクスセンスCI4+ C3000MHG

エクスセンスCI4+は、自重の軽さと、巻き感度を大事にしたいシーバスアングラーにおすすめ。

自重が軽い理由は、ボディとローターに軽量で強いカーボン素材「CI4+」を採用しているためで、例えば先にご紹介したストラディックの同番手で比べると、30~40グラムも軽いです。また、CI4+シリーズとしては初となる、非接触式ラビリンス防水構造「Xプロテクト」が搭載されている点にも注目。

エクスセンスCI4+のラインナップからは、自重の軽さと巻き感度の高さを徹底的に活かせる「C3000MHG」がおすすめです。

自重195g
ギア比6.0(ハイギア)

シマノ エクスセンス BB 3000MHG

BBシリーズで初めて「Xプロテクト」を搭載し、2020年にモデルチェンジしたエクスセンス BB。「HAGANEギア」を搭載したことにより、ギアの耐久性もアップしました。

シマノには安いナスキーやネクサーブといったリールもありますが、シーバスで使うのであればエクスセンス BBくらいの機能を持ったものが、ライントラブル回避性能や耐久性の面で安心できます。せっかくシーバスが釣れるチャンスを、ちょっとした価格差で失うのはもったいないです。

エクスセンス BBでは「3000MHG」が、シーバスロッド全般に合わせやすいのでおすすめです。

自重250g
ギア比5.8(ハイギア)

ダイワ イグジスト LT3000S-C

ダイワスピニングリールのハイエンドモデルであるイグジスト。イグジストにはオリジナルモデルとフィネスカスタムモデルの2系統がありますが、シーバスに使う場合は「オリジナルモデル」から選ぶことをおすすめします。

イグジストで最も注目すべきポイントは、今まで大型スピニングリールにしか使われてこなかった「モノコックボディ」を、コンパクト化して採用したことです。モノコックボディによってボディ内のスペースを最大限に活かすことができ、その結果としてボディの約85%もの面積を占める大口径ドライブギアが搭載されました。強度が高くたわみの少ないボディと、大口径ドライブギアが組み合わされたことにより、力強い巻き取りが可能となっています。

イグジストのラインナップでは、「LT3000S-C」をシーバスにおすすめします。

自重185g
ギア比5.2(ノーマルギア)

ダイワ セルテート LT3000

イグジストよりも「耐久性重視」のリールが欲しい方にはセルテートがおすすめです。ボディには耐久性の高いアルミを素材とした「モノコックボディ」、ローターには軽くて強いZAIONを素材とした「ZAIONエアローター」を搭載し、耐久性と巻き感度のバランスを上手く取っています。

例えば秋の大型河川や磯のように、ランカーシーバスがヒットしやすいシーンで釣りをすることが多いシーバスアングラーであれば、セルテートが安心です。

セルテートのラインナップからは、「LT3000」がシーバスにおすすめです。

自重225g
ギア比5.2(ノーマルギア)

ダイワ ルビアス LT3000-C

2020年にモデルチェンジしたルビアスは、なんといっても自重の軽さが魅力。その自重の軽さは、ダイワで初採用となる「ZAIONモノコックボディ」の恩恵が大きいです。

どれだけ軽いかを同番手で比較すると、ハイエンドモデルのイグジストLT3000S-CXHが自重185グラム、ルビアスLT3000S-CXHが自重180グラムと、ルビアスが下位モデルであるにも関わらず軽いです。

リールを自重の軽さ、また巻き感度の高さで選びたいシーバスアングラーには、ルビアスをおすすめします。例えば、港湾部でシンキングペンシルやワームを多用するような繊細な釣りには、ルビアスのような軽いリールが使いやすいです。

番手は「LT3000-C」がおすすめです。

自重180g
ギア比5.2(ノーマルギア)

ダイワ レグザ LT3000

LTコンセプト搭載・アルミボディ採用のレグザは、ミドルクラスの価格帯で強度重視のリールが欲しいシーバスアングラーにおすすめです。実売価格は1万5千円前後で、先にご紹介したルビアスの約半分の価格。

アルミ製「高剛性メタルボディ」、強さと巻き心地の良さを兼ね備えた「タフデジギア」、磁性オイルによって防塵・防水能力を高めた「マグシールド」は、ウェーディングや磯での釣りにおいて水しぶきをかぶったり、ときにはぶつけてしまったりというシーンでも安心感が高いです。

レグザのラインナップでは、番手とギア比の兼ね合いから、「LT3000」を選ぶことをおすすめします。

自重260g
ギア比5.2(ノーマルギア)

ダイワ フリームス LT4000D-C

フリームスは1万円台の買いやすい価格帯でありながら、多機能なことで人気となっています。「タフデジギア」や「マグシールド」、「LC-ABSスプール」など、上位機種にも搭載されている機能を1万円台で手に入れることができます。

フリームスではシーバスだけでなく、ライトショアジギングでも使いやすい番手「LT4000D-C」がおすすめです。

自重240g
ギア比5.2(ノーマルギア)

ダイワ レガリス LT4000D-C

ダイワのリールで、最もコストパフォーマンスに優れた1台を選ぶならレガリスです。実売8,000円程度で、「タフデジギア」「LC-ABSスプール」「エアローター」を搭載していて、番手によってはなんと100個以上のレビューがついています。

おすすめはライトショアジギングにも使える「LT4000D-C」です。

自重245g
ギア比5.2(ノーマルギア)

ダイワ レブロス LT3000-CH

レブロスは、ダイワの新基準「LTコンセプト」を採用した中で、最も低価格なリールです。

先にご紹介したレガリスとは、

・タフデジギアでなく、デジギアⅡを搭載
・自重が10グラム程度重い
・ベアリングが少ない

といった違いがあり、その分実売価格が1,000円ほど安いです。これからシーバス釣りに挑戦したい方、とにかく価格を抑えたい方は、レブロスを使ってみてください。

番手は「LT3000-CH」がおすすめです。

自重230g
ギア比5.6(ハイギア)

シーバス用ベイトリールってどうなの?

シマノやダイワからは、シーバス用ベイトリールも発売されています。シーバス用ベイトリールに関しては、中~上級者級者向けだと個人的に感じています。

その理由は、シーバスのベイトタックルではPEラインの使用が前提となるため、バックラッシュやライン同士の噛み込みなど、スピニングリールより気を付けなければならないことが多いです。

もちろんベイトリールを使いこなすことができれば、障害物に対して正確なキャストでタイトに攻められたり、巻き取りの強さを活かした強引なやり取りができたりといったメリットがあります。

もしシーバス用ベイトリールを選ぶのであれば、デジタルコントロールブレーキ搭載でバックラッシュしにくい、シマノのエクスセンス DCSSを最初の1台としておすすめします。

自分にベストなシーバスリールを選ぼう!

シーバスリールに適した番手である3000番や4000番のスピニングリールは、エギングやサーフでのヒラメ狙い、ライトショアジギングなどにおいても使えます。汎用性が高いこともシーバスリールの魅力なので、海のルアー釣りを楽しむために持っておくと便利です。

ぜひこの記事の内容を参考に自分にベストなシーバスリールを選び、釣りを楽しんでみてください。

関連記事一覧