4インチグラブの画像

バス釣り

4インチグラブのフックサイズやリグは何がいい?使い方やインプレ、おすすめカラー厳選7種類をご紹介!

ゲーリーヤマモトが発売している4インチグラブは、発売から長年経っても定番品として残り続けているワームです。

この記事では4インチグラブのフックサイズやリグ、使い方、インプレ、おすすめカラーをご紹介しています。

4インチグラブとは

4インチグラブはゲーリーヤマモトが発売しているバス釣り定番のワームです。

僕がバス釣りを始めた頃からあったので、発売からかれこれ20年以上経っていることかと思います。

当時はパッケージがボロボロになるのが特徴でした。

4インチグラブは、とにかく釣れるという印象が強く、初心者の方に一つだけすすめるとすれば絶対にコレだと言い切れる釣れるワームです。

バスがなかなか釣れないという方に、ぜひ使ってみてほしいと思えるワームです。

関連 バス釣りワームおすすめ21選【2018年最新版】釣れるワームはどれなのかコレを見れば分かる!

4インチグラブのインプレ

4インチグラブは投げて巻くだけ、また足元を引っ張るだけでも十分バスを釣ることができます。

グラブの使い方として共通ですが、テールの先端が下を向くようにセットするのが使うときの基本です。

こうすることで上向きにセットしたときよりもアクションが良くなるので参考にしてください。

一方で4インチグラブのデメリットは、テールが切れやすいこと。

塩入りであるので、ここはどうしても防ぎきれないデメリットですが、以前に比べれば切れにくくなっていると個人的には思っています。

4インチグラブの重さ

4インチグラブは個体差もありますが、だいたい1本あたり3.5グラム前後となっています。

ワーム自体の自重が結構あるので、初心者の方であっても重さを感じやすく投げやすいです。

4インチグラブのフックサイズ

4インチグラブをセットするのに最適なフックサイズは、オフセットフックでもジグヘッドリグでも#1がちょうどよいです。

#1/0でもセットは可能ですが、ちょっと尻下がりになりがちなので、その点をどう見るかといった感じです。

例えば、下記のワーム17のようなワイドゲイブのフックがおすすめです。

4インチグラブのリグ・使い方

4インチグラブはリグを選ばず使うことが可能です。

あまり多くご紹介してもどれを使ったらいいか分からなくなるので、ここではその中でもおすすめのリグや使い方をピックアップしてご紹介します。

まずは下記のいずれかの使い方から試してみてください。

ジグヘッドリグ

4インチグラブが最も適しているのがジグヘッドリグで使うこと。

投げて巻くだけで綺麗にアクションし、フッキングも決まりやすいのがその理由です。

初心者の方は3グラム以上の重さがあるジグヘッドリグを使ってください。

セットの方法だけは1本ボロボロになるくらい練習しておきましょう。

4インチグラブでは、デコイのVJ-76が使いやすいです。

関連 ジグヘッドリグの使い方やセット方法とは?おすすめ品も要チェック!

ラバージグのトレーラー

4インチグラブはラバージグのトレーラーとしても最適です。

ラバージグのタイプは、ラウンドタイプ・アーキーヘッドタイプ・フットボールタイプどれでも使いやすく、それぞれのヘッド形状が得意とする場面で使い分けてみてください。

セットの方法は基本であるテール下向きがおすすめです。

関連 ラバージグおすすめ7選!ポイント別おすすめトレーラー4選もチェック!

イモグラブ

4インチグラブはテールを切って、テール側からフックをセットした「イモグラブ」として使うのもおすすめです。

イモグラブは現在製品化もされていて、ノーシンカーでもよく飛び、テンションを掛けずに沈めると「バックスライドフォール」といって自分から離れる方向に斜めに沈んでいくのが特徴となっています。

このバックスライドフォールを利用すれば、桟橋の下だったり、水面に覆いかぶさる木などのオーバーハングの下にもワームを送り届けることが可能です。

この使い方は4インチグラブをそのままセットした「ただ巻き」以上に釣れる事もあるので、ぜひやってみてください。

4インチグラブのおすすめカラー

4インチグラブですが、現時点では全部で104種類のカラーがあります。

その中から特に実績や人気がある7種類に絞り込みました。

とりあえずはこちらのいずれかのカラーから使い始めれば間違いないので、ご紹介していきます。

002 スモーク(ソリッド)

釣り人が多い時、水が澄んでいる場所などバスの警戒心が高めの状況で活躍してくれるのがスモーク(ソリッド)です。

ボディは色濃く見え、テールは透けているのでしっかりバイトしやすい特徴を持っています。

020 ブラック(ソリッド)

ラバージグのトレーラーとして使うなら色を合わせやすいブラック(ソリッド)がおすすめ。

バスの活性が低く、ワームを認識しづらいときに使ってみると良いカラーです。

質感もほかのカラーとはちょっと違うのも釣れる理由のようです。

036 ホワイト(ソリッド)

ホワイト(ソリッド)は膨張色で、水中ではシルエットがぼやけて見えるカラーです。

ブラック(ソリッド)とは逆で、バスの活性が高く、ワームを見切られやすい状況で使ってみるのがおすすめです。

042 ウォーターメロン(ソリッド)

バス釣りのワームで定番中の定番であるウォーターメロン(ソリッド)。

水が澄んでいても濁っていても、釣り人が多くても少なくても万能に使えるタイプの色なので、迷っている時にはこれを選べばまず間違いないというカラーとなっています。

169 チャート/チャート&ライムフレーク

水が濁っている場所(マッディーウォーター)で一番おすすめとなるのがこちらのカラーです。

明るい黄緑色が水中でしっかり目立ちバスにアピールしてくれます。

僕の結構前の経験ですが、1日に同じバスをこのカラーで2回釣ったことがあります。

194 ウォーターメロンペッパー

ウォーターメロンにブラックのラメが入ったウォーターメロンペッパーも、ウォーターメロン(ソリッド)と同じく万遍なくどんな状況に合わせていけるカラーです。

こちらも迷った時に選んでみて間違いのない、釣れるカラーとなっています。

196 パンプキン/グリーン&ブラックフレーク

パンプキン/グリーン&ブラックフレークは、マッディーウォーターで圧倒的に釣れることがあるカラーで、バスプロ達もよく使っています。

その理由は意外に緑と黒のラメにあるようですが、僕も理由は明確には分かって無いです。

ただ、釣れるという事実は覆せないおすすめのカラーとなっています。

関連 バス釣りでのカラーの使い分け【全22色】ハードルアー・ワームそれぞれの選び方を25年以上の実績と知識で解説してみた

4インチグラブは初めて使うワームに最適!

現在では日々多くの新作ワームが発売されていますが、そんな中でも20年以上定番として残り続けている4インチグラブは、バスが釣れる「何か」を持ったワームであることは間違いないでしょう。

難しいこと抜きに、投げる・巻くを繰り返していればバスがいずれ喰いついてきてくれる、そんなワームです。

初心者の方が初めに使うワームとして、上級者がずっと使い続けられるワームとして今後もずっと残ってくれるワームです。

ぜひ使ってみてください。

関連 バス釣りルアーおすすめ29選【2018年最新版】数百万円釣りに使ってきたバス釣り歴25年目の僕が自信を持っておすすめするルアーをご紹介!

関連 バス釣りでのカラーの使い分け【全22色】ハードルアー・ワームそれぞれの選び方を25年以上の実績と知識で解説してみた

関連 バス釣りワームおすすめ21選【2018年最新版】釣れるワームはどれなのかコレを見れば分かる!

公開日:2018年6月16日
更新日:2018年9月3日

よく読まれている記事

  1. シーバスおすすめルアーの画像
  2. シマノ・ダイワの2019年新製品リールイメージ画像
  3. 18ステラの画像
  4. バス釣りおすすめルアーの画像
  5. バス釣りカラーの分かりやすい画像

最近の記事

  1. シーバスおすすめルアーの画像
  2. さまざまなカラーのシーバスルアーが並んだ画像
  3. グラスロッドで釣れたバスの画像
  4. シーバスビッグベイトの画像
  5. シマノ・ダイワの2019年新製品リールイメージ画像

カテゴリー

アーカイブ

  1. 18ステラの画像

    タックル

    【シマノ・ダイワ】2018年リール情報!2019年の新製品情報はいつ頃出る?
  2. バス釣りおすすめルアーの画像

    バス釣り

    バス釣りルアーおすすめ29選【2018年最新版】数百万円釣りに使ってきたバス釣り…
  3. シーバスおすすめルアーの画像

    ソルトルアー

    シーバスルアーおすすめ26選【2018年最新版】数百万円釣りに使った釣り歴25年…
  4. シマノ・ダイワの2019年新製品リールイメージ画像

    タックル

    シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】モデルチェンジなどの最新情報はここからチ…
  5. バス釣りカラーの分かりやすい画像

    バス釣り

    バス釣りでのカラーの使い分け【全22色】ハードルアー・ワームそれぞれの選び方を2…
PAGE TOP