バス釣りおすすめワームで釣れたブラックバスの画像

バス釣りワームおすすめ19選|釣れるワームはコレを見れば分かる!

バス釣りで決して欠かすことができないワームですが、種類が多いのでどれを選んだらいいか迷ってしまう方が非常に多いです。

この記事ではバス釣りでおすすめの釣れるワームを厳選して、釣れる使い方と一緒にご紹介します。

バス釣りのワーム選びは迷って当然

ワームは柔らかいプラスチックで作られたルアーで、バス釣りでは決して欠かすことができないものです。

現在のバス釣りにおいてワームが無かったとすれば、釣果は大きく落ちてしまうことでしょう。

そんなバス釣りで必須のワームですが、とても多くの種類があって選ぶのに迷ってしまうと思います。

僕自身25年以上バス釣りをやってきていますが、ワームには形の違いや色の違い、さらにはさまざまなメーカーがあるので、長く経験していても選びにくいと感じます。

なので、初心者の方が迷ってしまうのは当然です。

さらには、各釣りの情報サイトでおすすめのワームが紹介されていて、さらに分かりにくくなっているのが現状でしょう。

そこでの問題点が、誰が書いているかよく分からないということ。

「これバス釣りしたこと無い人が書いてるよね…。」なんて思うことが僕はよくあります。

その情報を見てワームを選べと言われても選べるわけがありませんし、それでよく釣れるものなのか分かりません。

こちらのサイト・ルアー通は、バス釣り歴25年目となる僕が1人で全部運営しています。

この記事でご紹介しているワームは、これまで僕自身が使ってバスがよく釣れると感じた実績あるワームだけをご紹介しています。

ご紹介している内容を参考にしてもらえれば、バスが釣れる確率を高められるものと思います。

それでは、僕が自信を持っておすすめするバス釣りワームを詳細とともにご紹介していきます。

関連 バス釣りルアーおすすめ29選|数百万円釣りに使ってきたバス釣り歴26年目の僕が自信を持っておすすめするルアーをご紹介!

シャッドテールワーム

テールの振動によってバスを誘うタイプのワームを「シャッドテールワーム」と言います。

シャッドテールワームは小魚をイメージして使うのが基本です。

さらにもう一歩踏み込んで、「リアクションバイト狙いで使う」ことをやってみると釣果が大きく変わるのがシャッドテールワームの真骨頂です。

周りが釣れないときにシャッドテールワームのリアクションで釣ると、とても気持ち良い体験ができます。

サワムラ ワンナップシャッド

ワンナップシャッドは、テキサスリグ・ジグヘッドリグ・バージグトレーラーでの使用がおすすめです。

サイズラインナップが多く、スピニングでもベイトでも使いやすいのが特徴となっています。

最もおすすめなのは4インチです。

僕はこのワームのテキサスリグで、30分間7本のバイトラッシュを経験したことがあります。

シャッドテールワームでリアクションバイトが誘えると、それだけ釣れてしまうことも珍しくありません。

ルアーのサイズ2~6インチ
基本的な使い方テキサスリグ・ジグヘッドリグ・ラバージグトレーラー
飛距離
使いやすさ

関連 ワンナップシャッドのインプレ紹介!おすすめカラーや使い方、デメリットまで徹底解説!

ケイテック スイングインパクトファット

テールのアピール力が強いケイテックのスイングインパクトファット。

先にご紹介したワンナップシャッドよりもテールを大きく振ることと、スイミング時の安定性が高いのが特徴です。

ノーシンカーリグやテキサスリグでウィードが広がっているポイントを探ったり、アシの周りをスイミングさせながら使ってみたりするのがおすすめ。

故・林さんが設計したこのワームは、細部までこだわりが見られよく釣れるので僕は大好きです。

ルアーのサイズ2.8~7.8インチ
基本的な使い方ノーシンカーリグ・テキサスリグ・ラバージグトレーラー
飛距離
使いやすさ

ゲーリーヤマモト レッグワーム

レッグワームは、ダウンショットリグやジグヘッドリグで使うのがおすすめのワームです。

小さなブルーギルやワカサギがベイトとなっている場所でよく釣れます。

おすすめカラーはスモークやピンクといった単色のソリッドタイプで、特にピンクは絶対使ってほしいと思える爆発力を秘めています。

しかしこのレッグワームは、少し素材が脆いというデメリットがあります。

ただおそらくこの素材の脆さが釣れる理由でもあるので、そこはトレードオフな感じです。

ルアーのサイズ2.5~2.9インチ
基本的な使い方ダウンショットリグ・ジグヘッドリグ
飛距離
使いやすさ

関連 レッグワームのダウンショットやジグヘッドでの使い方は?カラーはコレを使えば大丈夫!

ストレートワーム

ストレートワームはシンプルで真っ直ぐに近い形状をしているワームです。

シンプルゆえにリグを選ばないのが特徴で活躍する場面は非常に多く、バス釣りのトーナメントでもよく使われています。

ストレートワームはシェイクで細かく震えさせたり、フォールさせたりして使うのが基本となります。

ゲーリーヤマモト カットテール

カットテールは一般アングラーにライトリグを定着させた立役者と言えるワームです。

塩が入った特有の素材はバスだけでなくほかの魚も寄ってくるので、生き物に近い水押しができているのだと思います。

ワッキーリグで見えバスを釣ったり、杭などの縦ストラクチャーをロングリーダーのスプリットショットでフォールさせて釣ったりするのがおすすめです。

ルアーのサイズ3.5~10インチ
基本的な使い方ワッキーリグ・スプリットショットリグ
飛距離
使いやすさ

関連 カットテールの使い方は?おすすめカラー、リグ、インプレを徹底的に解説!

ジャッカル フリックシェイク

フリックシェイクは、ジグヘッドワッキーの釣りを世に広めたワームです。

わざとボディが曲げてあるのがフリックシェイクの特徴で、ジグヘッドワッキーにすると複雑なアクションでバスを誘うことができます。

プレッシャーが高いと言われる場所において、初心者の方が最初に使うワームとしておすすめです。

発売当時は完売となることも多く、現在でも人気カラーは在庫が無くなることもよくある、人気の高い釣れるワームです。

ルアーのサイズ3.8~5.8インチ
基本的な使い方ジグヘッドワッキー
飛距離
使いやすさ

ZBC スワンプクローラー

ネコリグでの使用が人気のスワンプクローラー。

ネコリグとはワームの頭にシンカーを差して、ワームの途中にフックを掛けて使うリグのことを言います。

年間を通して釣れるワームですが、特に春から梅雨時期にかけてよく釣れます。

僕は雨が降っているときや降った後によく使っています。

ルアーのサイズ5-1/2インチ
基本的な使い方ネコリグ・ジグヘッドワッキー
飛距離
使いやすさ

関連 スワンプクローラーのおすすめカラーはスカッパノン?ネコリグでのフックやシンカーのサイズ、使い方をご紹介!

O.S.P ドライブクローラー

差別化が難しいストレートワームで、形状・素材硬度・比重を追究することにより高い実釣性能を持つこととなったドライブクローラー。

最も性能を発揮してくれるのはネコリグで、細かなリブが生み出す微振動でバスを誘ってくれます。

ドライブクローラーのアクションは、震えるというより「もだえる」といった表現が適していて、ほかのストレートワームとローテーションしつつ使うことが多いです。

一般的なフィールドにおいては、3.5~5.5インチの大きさが使いやすいです。

ルアーのサイズ3.5~9インチ
基本的な使い方ネコリグ
飛距離
使いやすさ

DSTYLE トルキーストレート

トルキーストレートは、上下非対称のボディで誰でも良い動きを引き出せるストレートワームです。

味と匂いが配合されていて、トーナメントでも使われるほどハイプレッシャーに強いのが魅力となっています。

特にバスの活性が低くなり、嗜好がアクションではなく味や匂いに傾いているときに使うとよく釣れる印象があります。

ルアーのサイズ3.8~5.8インチ
基本的な使い方ネコリグ
飛距離
使いやすさ

ロボワーム アライブシャッド

アライブシャッドは現在のバス釣りにおいて、正直人気・知名度ともに無いワームです(笑)

というのもシンプルすぎる形状や、古さが感じられるパッケージといった見た目で敬遠されているのだと思います。

ただ、このアライブシャッドは一度使うと欠かせない存在へと変わります。

ずばり、ほかのワームで釣れないときがアライブシャッドの出番です。

リグはバスがボトムに居ればダウンショット、中層に居ればジグヘッドリグやスモラバのトレーラーとして使ってみてください。

このワームでの思い出なんですが、秋のターンオーバー時に後輩とボートに横並びして後輩はアライブシャッド、僕は塩入りワームを使い、釣れた数が10対1という経験をしたことがあります。

アライブシャッドを僕も持っていたんですが、どれだけ差が出るのか試したらこれだけの差が付きました。

その後、僕もアライブシャッドに変えて同じリズムで釣れたので、やっぱりこのワームは凄いなと思って今に至っています。

ルアーのサイズ3~4インチ
基本的な使い方ダウンショットリグ・ジグヘッドリグ・スモラバトレーラー
飛距離
使いやすさ

関連 アライブシャッド【ロボワーム】の使い方とは?インプレやおすすめカラーをご紹介!

クローワーム

バスが好むエビやザリガニをイメージしているのが「クローワーム」です。

クローワームはボトムでアクションさせるのが基本で、特にエビやザリガニが多い濁った場所で使うのが効果的となっています。

テキサスリグやジカリグ、ラバージグのトレーラーとして使ってみてください。

O.S.P ドライブクロー

ドライブクローは人気・実績ともに高いクローワームです。

アクション時もフォール時も、ツメが水を受けると強くバイブレーションしてバスを誘うことができます。

また、ポーズ中も長い触覚と細いレッグが機敏に水の流れに反応して誘い続けてくれるワームです。

僕自身はラバージグのトレーラーとして使うことが多いです。

テキサスリグだとちょっとバランスを崩しやすい感じがします。

ルアーのサイズ2~5インチ
基本的な使い方ラバージグトレーラー
飛距離
使いやすさ

ZBC ウルトラバイブスピードクロー

ウルトラバイブスピードクローは、アームの強いアクションでバスを誘うワーム。

バタバタとアームが動く姿を初めて見たときはかなりの衝撃を受けました。

使い方は大きく動かすほうが良く、ロッドでアクションさせるだけでなくリールを巻いて使うのもありです。

ルアーのサイズ3.5インチ
基本的な使い方テキサスリグ・ラバージグトレーラー
飛距離
使いやすさ

関連 ウルトラバイブスピードクローのインプレ!おすすめカラーや使い方のポイントを紹介!

グラブ

太さのあるボディに大きく曲がったテールが付いたワームを「グラブ」と呼びます。

グラブは巻いたり沈めたりすればテールが勝手にアクションするのが特徴で、スイミングやリフト&フォールで使うとよく釣れます。

使うときにはテールの先端が下になるようにセットするのがおすすめです。

上向きにセットするとアクションが弱くなったり、回転しやすくなったりしますので覚えておきましょう。

ゲーリーヤマモト 4インチグラブ

4インチグラブは、バス釣りをしている人で使ったことが無い人はほとんど居ないと言えるくらいド定番のワームです。

僕がバス釣りを始めた頃にはあったので、発売から25年以上経っているのではないかと思います。

ただ、流行り廃りすることなくずっと残っているので、今後も使われ続けるワームで間違いないでしょう。

使い方はジグヘッドリグやラバージグのトレーラーなど万能に使っていくことができます。

僕は以前この4インチグラブで1日に同じバスを2回釣ったことがあり、高い実釣能力を持ったワームなんだとそのとき感じました。

ルアーのサイズ4インチ
基本的な使い方ジグヘッドリグ・ラバージグトレーラー
飛距離
使いやすさ

関連 4インチグラブのフックサイズやリグは何がいい?使い方やインプレ、おすすめカラー厳選7種類をご紹介!

虫系ワーム

夏場に大活躍してくれるのが虫系ワームです。

水面に落ちた虫は逃げられず、バスにとって最高の餌となります。

意外ですが、水面を利用することによって沈んでいくワームには反応しなかったバスが釣れることも多いです。

季節は限定的となりますが、持っておきたいワームとなっています。

O.S.P オリカネムシ

O.S.Pのプロスタッフである折金さんの名前を冠したオリカネムシは、トーナメントでも活躍するほど高い実力を持った虫系ワームです。

フックポイントが2本のブラシガードに守られていることで、カバーにアプローチしても引っかかりにくいようになっています。

小さくて見失いがちな虫系ワームのデメリットを無くすために、ヘッドに黄色やピンクの蛍光色が塗ってあるカラーもあります。

ルアーのサイズ34mm
基本的な使い方ノーシンカー
飛距離
使いやすさ

バークレイ アオキムシ

アオキムシは中空構造で浮力を確保し、かつフッキング率を高める工夫がされた虫系ルアーです。

ラバーとレッグの微振動でバスを誘ってくれます。

ブルーギルが結構飛びついてくるので、使ってて飽きないです(笑)

ルアーのサイズ1.5インチ
基本的な使い方ノーシンカー
飛距離
使いやすさ

ピンテールワーム

テールが細いタイプのバス釣りワームは「ピンテールワーム」と呼ばれています。

バス釣りでは種類が少ないタイプですが、ほかとはちょっと違った使い方ができるので持っておきたいワームです。

デプス デスアダー

対ビッグバス用として開発されたデスアダーは、数少ないバス専用ピンテール系ワームです。

ノーシンカーやライブベイトリグといったシンカーを使わないリグで使うとよく釣れます。

デスアダーでおすすめの使い方として、テールをブルーギルに喰わせて持って行かせては離させることを繰り返すといったテクニックがあります。

この使い方はプレッシャーが高いと言われる場所で非常に効果があり、ブルーギルの近くに居るバスのスイッチが入ってワームを奪い取っていくということを何度も経験しました。

使いやすいのは4インチもしくは5インチです。

ルアーのサイズ4~8インチ
基本的な使い方ノーシンカーリグ・ライブベイトリグ
飛距離
使いやすさ

関連 デスアダーの使い方はどうすればいい?おすすめカラーやもっと釣るためのテクニックまで徹底解説!

スティックベイト

スティックベイトは、ストレートワームのボディを太くしたようなワームです。

ワーム単体でも重量があるためノーシンカーリグでも投げやすく、水面でルアーを跳ねさせて障害物奥に送り込む「スキッピング」がやりやすいことも特徴となっています。

ラインをフリーにした状態で落とし込んでいくフォーリングや、ロッドで軽く引っ張ってスライドさせるダートアクションで使うとスティックベイトは釣りやすいです。

またワッキーリグで使うのもかなりおすすめの使い方です。

ゲーリーヤマモト ヤマセンコー

ヤマセンコーは、フリーフォールでバスが釣れることを世に知らしめたスティックベイトの代名詞。

ボディ素材に塩を混ぜてあるので単体でも重さがあり、しっかりとした飛距離を出すことが可能となっています。

ヤマセンコーはサイズと種類のラインナップが非常に多いシリーズですが、まずは4インチから使ってみるのがおすすめです。

ルアーのサイズ2~7インチ
基本的な使い方ノーシンカーリグ・ワッキーリグ
飛距離
使いやすさ

関連 ヤマセンコーの使い方は多彩!全17サイズをさまざまなリグで使いこなそう!

O.S.P ドライブスティック

ドライブスティックは目に見て分かるほどゆらゆらとしながらフォールするのが魅力のスティックベイトです。

使い方はノーシンカーリグが基本となります。

通常の頭側からのセッティングも良いですが、テール側からフックをセットしてバックスライドで使ってみるのも、ドライブスティックでやってみてほしい使い方。

バックスライドで桟橋奥やカバー奥に滑り込ませると、簡単にバスが喰ってくることも少なくないです。

ルアーのサイズ3~6インチ
基本的な使い方ノーシンカーリグ
飛距離
使いやすさ

バックスライドワーム

フォールさせると自分から離れていくほうに進んでいくワームを「バックスライドワーム」と言います。

バックスライドが有名になったきっかけは、先にご紹介した4インチグラブのテールをカットして使った「イモグラブ」で、現在はこれが製品化されています。

バックスライドワームはノーシンカーで使うのが基本で、後ろ側が重たいので飛距離が出しやすくキャストの正確性も保ちやすいです。

スミス ゲーリーヤマモト イモグラブ

4インチグラブのテールをカットしていたものを、さらに機能的な形に再設計したのがイモグラブです。

ラインナップは現在4サイズあります。

初めて使うのであれば「40」というサイズから使ってみてください。

オフセットフックにセットして、スピニングで使うとよく釣れます。

ルアーのサイズ30~60mm
基本的な使い方ノーシンカーリグ
飛距離
使いやすさ

スミス ゲーリーヤマモト ファットイカ

ファットイカはフラスカートがセットされたバックスライド系ワーム。

ワーム単体でも12グラムほどの重さがあり、ベイトタックルでのキャストも簡単です。

特に濁った場所で障害物に対してアプローチしていくとよく釣れます。

フラスカート側から#4/0~5/0のオフセットフックをセットして使ってみてください。

フックは太軸のワイドゲイプを使わないとフッキングミスしやすいので注意してください。

ルアーのサイズ100mm
基本的な使い方ノーシンカーリグ
飛距離
使いやすさ

バス釣りワームのおすすめが分かったら次はカラー選びに挑戦!

今回ご紹介したバス釣りおすすめワームを使ってもらえれば、バスがなかなか釣れないといった方でも結果に近づけるのと思います。

とにかく釣れるワームだけをご紹介したので、ぜひ使ってみてください。

またバス釣りでは、ワームのカラーも釣果を大きく左右する重要なポイントです。

バス釣りでのカラーの使い分け【全22色】ハードルアー・ワームそれぞれの選び方を25年以上の実績と知識で解説してみた」の記事で、バス釣りで使うカラーの詳細をご紹介していますので、まだ読んでいない方はこちらの記事もぜひ読んでみてください。

カラー選びまでできるようになればバス釣りの幅は大きく広がり、釣れるバスの数・サイズともに着実に伸びていきます。

関連 バス釣りルアーおすすめ29選|数百万円釣りに使ってきたバス釣り歴26年目の僕が自信を持っておすすめするルアーをご紹介!

関連 バス釣りでのカラーの使い分け【全22色】ハードルアー・ワームそれぞれの選び方を25年以上の実績と知識で解説してみた

関連 バスロッドおすすめ18選【2019年版】選ぶときのポイント・人気メーカーのおすすめ品をまとめてチェック!

公開日:2018年5月5日
更新日:2019年3月25日

よく読まれている記事

  1. 春のブラックバスの画像
  2. バス釣りおすすめルアーの画像
  3. バス釣り用スピニングリールの画像
  4. シーバスロッドのイメージ画像
  5. 2019年新製品リールイメージ画像

最近の記事

  1. よく飛ぶベイトリールのイメージ画像
  2. 春のブラックバスの画像
  3. バス釣り用PEラインの画像
  4. ブラックバスの画像
  5. バス釣りおすすめワームで釣れたブラックバスの画像

カテゴリー

アーカイブ

  1. シーバスおすすめルアーの画像

    ソルトルアー

    シーバスルアーおすすめ22選|数百万円釣りに使った釣り歴26年目の僕が釣れる一軍…
  2. シーバスリールの画像

    ソルトルアー

    シーバスリールおすすめ5選【2019年版】個人の経験をもとにした番手(サイズ)選…
  3. バス釣りおすすめルアーの画像

    バス釣り

    バス釣りルアーおすすめ29選|数百万円釣りに使ってきたバス釣り歴26年目の僕が自…
  4. バス釣り用スピニングリールの画像

    バス釣り

    バス釣り用スピニングリールおすすめ5選【2019年版】番手選びや使うラインの太さ…
  5. 2019年新製品リールイメージ画像

    タックル

    シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】モデルチェンジなどの最新情報はここからチ…
PAGE TOP