• HOME
  • 投稿
  • バス釣り
  • バスロッドおすすめ18選【2019年版】選び方・人気メーカー製品をまとめてチェック!
バスロッドの画像

バスロッドおすすめ18選【2019年版】選び方・人気メーカー製品をまとめてチェック!

ルアーを上手くアクションさせ、バスをたくさん釣るためにも、バスロッド選びにはこだわりたいところ。

この記事ではバスロッド選びの5つのポイントと、人気メーカーのおすすめバスロッドをまとめてご紹介します。

darumabanner

失敗したくないバスロッド選び

バスロッドで釣れたバスの画像

バス釣りは初心者の方からベテランアングラーまで、レベルを問わず楽しめるルアーフィッシングです。

湖や池、河川といったアクセスしやすい場所で、岸からでもボートからでもバス釣りは楽しめます。

バスフィッシングの本場はアメリカですが、日本においてもトーナメントが多数開催されたり、数多くのメーカーがあったりと、その熱気は負けていません。

そんなバス釣りで使うバスロッドは非常に種類が多く、選ぶ際に迷ってしまうことと思います。

釣具店に足を運んでも、なかなか話を聞くことは難しいのではないでしょうか?

僕も一時期釣具店に勤めていましたが、お客さんのほうから話しかけられることはまず無かったです。

また、買ってから「失敗した…」なんてことも、バスロッドを始めとする釣具では多いと思います。

僕は今まで釣りに数百万使い、ちょくちょく失敗も重ねたので(笑)、現在はバスロッドの選び方はこんな感じがいいと言えるようになっています。

今回はそんな僕からバスロッドの基本的な選び方や、シマノ・ダイワなどの人気メーカーからおすすめモデルをピックアップしてご紹介していきます。

関連 シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】夏発表の新製品も!

バスロッド選びの5つのポイント

バスロッドを選ぶ際には、

①ロッドのタイプ
②ロッドの長さ
③ロッドの硬さ
④ロッドの自重
⑤ロッドの価格

に注目して選ぶのがポイントです。

下記に5つのポイントの詳細と、初心者の方が最初に選ぶとよい目安についてご紹介します。

①バスロッドのタイプは2種類

バスロッドが2本並んでいる画像

バスロッドには「スピニングロッド」と「ベイトロッド」の2種類があります。

スピニングロッドはリールが下側に付き、初心者の方でも使いやすいのが特徴です。

ベイトロッドは投げ方にコツが要るので初心者の方にはちょっと難しいですが、慣れると正確なキャストやパワーを活かした釣りが可能となります。

このスピニングロッドとベイトロッドの見分け方は、持つ部分にトリガーが付いているかどうかで見分けられます。

トリガーが付いているのがベイトロッドで、上記の画像でいえば上の黒いほうがベイトロッド、下がスピニングロッドです。

バス釣り初心者の方は、使いやすいスピニングロッドから始めることをおすすめします。

②バスロッドの長さは6フィートから6フィート6インチがおすすめ

長さが違うバスロッドの画像

バスロッドにはさまざまな長さがあり、その長さは「ft(フィート)」と「in(インチ)」で表されています。

1フィートは約30センチ、1インチは約2.5センチで、バスロッドの場合は5フィートから8フィートくらいまでの長さがあります。

初心者の方はそのなかでも、6フィートから6フィート6インチまでの長さが使いやすいです。

慣れてくるにつれて、それぞれの釣り方に最適な長さを理解して自分で選べるようになると思います。

③バスロッドの硬さは釣り方に合わせて選ぶ

バスロッドの硬さを説明した画像

バスロッドは硬さが英語で表されていて、上記画像のようになっています。

上から柔らかい順で、ULなどの表記は使われることが多い略称です。

バスロッドでは基本的にウルトラライト(UL)が最も柔らかく、下に行くにつれて徐々に硬さが増していきエクストラヘビー(XH)が最も硬いです。

一部の特殊なバスロッドではウルトラライトよりさらに柔らかいスーパーウルトラライト(SUL)や、エクストラヘビーよりさらに硬いダブルエクストラヘビー(XXH)といったものもあります。

柔らかいと軽いルアーを使った繊細な釣りに向き、硬いと重いルアーを使ったパワー重視の釣りに向きます。

初心者の方においては、使えるルアーの応用範囲が広いミディアムライト(ML)やミディアム(M)を選ぶのがおすすめです。

④バスロッドはできるだけ自重が軽いものを選ぶ

電子秤の画像

バスロッドは製品それぞれで重さが違います。

選ぶ際には、自重を見てできるだけ軽いものを選ぶようにしましょう。

バスロッドの自重はスペック表に記載されていることがほとんどですが、一部のメーカーでは記載がない場合もあります。

バス釣りではルアーを繰り返しキャストし、アクションさせながら巻いてくるので、数十グラムのちょっとした差がキャストの正確性やルアーの操作性、そして疲労感を左右します。

実際に自重の違うバスロッドを手にしてみると「こんなに違うのか…」と感じられるはずです。

軽さは、使用されている素材と技術によって決まります。

ほぼ例外なく、価格が高いロッドのほうが軽く、かつ全体のバランスも良く作られています。

⑤バスロッドの価格は予算に合わせて

通帳の画像

バスロッドは使われている素材の違いや技術によって価格が決まっています。

価格の多くを占めているのは、ロッド本体に使用されているカーボン素材とラインを通すガイド素材の質で、その次に設計方法といった感じです。

バスロッドの価格幅はとても広く、とにかく安いと1,000円くらいから、高いものだと10万円近いものまであります。

あまりにも安いと粗悪なものが多いので、人気メーカーのロッドで5,000円以上のものを買っておくのが良いと思います。

あとは価格が高くなればなるほど軽く、バランスも良くなります。

個人的なバスロッドのおすすめ価格帯は、実売1万5千円から2万5千円くらいです。

実売1万5千円から2万5千円くらいであれば、SiCなどの性能が良いガイドリングがほぼ間違いなく付いていて、ロッド本体の素材と採用されている技術も良いものとなってきます。

それとこの価格帯だと、保証書が付いてくることがほとんどです。

万が一、バスロッドを折ってしまった場合は「免責保証」といって、折ってしまったバスロッドと保証書を一緒にメーカーに送れば、保証書に記載してある免責金額で新しいロッドを手にすることができます。

ただ、あくまでも保証書はサービスの一つで、免責金額も決して安いものでなく、期間も定められているので、買ったバスロッドは折らないよう大切に使いましょう。

関連 バス釣りルアーおすすめ29選|数百万円釣りに使ってきたバス釣り歴26年目の僕が自信を持っておすすめするルアーをご紹介!

メーカー別おすすめバスロッド18選!

バス釣りはとても人気が高く、さまざまなメーカーがバスロッドを販売しています。

ここでは人気メーカーの「シマノ」「ダイワ」「ジャッカル」「エバーグリーン」「レイドジャパン」のおすすめモデルをピックアップしてご紹介します。

シマノのおすすめバスロッド

シマノのバスロッドは、価格が上がるにつれてロッドの張りがどんどん強くなる印象が強いです。

比較的手ごろな価格のものはしなやかに曲がり、上位機種になればなるほどロッドをしっかり曲げると鋭いキャスティングができるようになっています。

価格帯も幅広く、予算に合ったバスロッドが見つけやすいメーカーです。

バンタム

バンタムは日本だけでなく、バスフィッシングの本場・アメリカまで対応できる、世界水準の性能を持ったバスロッド。

ロッド本体を「スパイラルX」や「ハイパワーX」、さらに「ナノピッチ」といったシマノ独自製法の採用で、ロッドのネジレを防ぎ、強いパワーを持ったロッドとなっています。

ロッドの反発力をしっかり活かせば、鋭いキャスティングや力強いフッキングで攻撃的な釣りを展開することが可能となります。

おすすめのモデルはさまざまなルアーが使いやすい「168M」です。

バス釣りで使う一般的なクランクベイトやテキサスリグなどを幅広く使える、使いやすい長さと硬さを持ったベイトロッドです。

ロッドの長さ 6ft8in
ロッドの硬さ ミディアム
ロッドの自重 127g
ルアーウエイト 7~21g
エクスプライド

エクスプライドはベテランアングラーも納得の性能と、充実したラインナップで人気のバスロッドです。

製造技術としては「ハイパワーX」「タフテック」「CI4+リールシート」を使用してあり、強度・感度ともに高いものとなっています。

おすすめはスピニングモデルの「264UL」。

注目したいのがその自重の軽さで、かなり軽い92gの設計となっています。

軽い力でロッドを支えられるので、バスのバイトや地形変化を手元まで明確に伝えてきてくれます。

ロッドの長さ 6ft4in
ロッドの硬さ ウルトラライト
ロッドの自重 92g
ルアーウエイト 2~7g
ゾディアス

ゾディアスシリーズは、軽く感度が高い「CI4+」をグリップに採用したり、ロッド本体のパワーを上げる「ハイパワーX」構造で、性能向上を図ってあります。

比較的手が届きやすい価格帯で、このクラスでは十分過ぎる性能だと思います。

なかでもベイトロッドの「166M」がおすすめで、何でも万遍なくハードルアーやワームの釣りをこなせるロッドです。

もし僕がベイトロッドを初めて使うのであれば、この166Mからスタートしたいと思える、そんな1本です。

ロッドの長さ 6ft6in
ロッドの硬さ ミディアム
ロッドの自重 107g
ルアーウエイト 7~21g
バスワン XT

エントリーモデルの位置付けながら、デザインのカッコ良さが目立つバスロッドです。

2018年にモデルチェンジしましたが、以前の同じモデルと比べると自重が約10パーセント軽くなっていて、さらに使いやすいロッドに仕上がっています。

持った印象は、5年前くらいに発売されていたミドルクラスバスロッドと大差ないんじゃないかという感じでした。

おすすめはスピニングモデル「266L」で、ワームや小型のハードルアーに適したロッドです。

2ピースになっているので持ち運びしやすく、初心者の方におすすめのモデルとなっています。

ロッドの長さ 6ft6in
ロッドの硬さ ライト
ロッドの自重 100g
ルアーウエイト 2~7g
ルアーマチック

ルアーマチックはルアー釣り入門ロッドとしておすすめです。

バス釣りだけでなく、ルアーマチックシリーズには、シーバスやメバル、トラウトなど、ルアー釣りの対象となるそれぞれの魚種に合わせたラインナップがあります。

なかでもバス釣りにおすすめなのは、「S60L」というスピニングモデルです。

このモデルであればバス釣りだけでなく、海でのカサゴやメバルのルアー釣り、海で餌を使ってシロギスやハゼを狙う「ちょい投げ」などにも対応できます。

ロッドの長さ 6ft
ロッドの硬さ ライト
ロッドの自重 120g
ルアーウエイト 5~14g

ダイワのおすすめバスロッド

ダイワのバスロッドは全体的にしなやかな印象を受けます。

シマノのバスロッドと比べると、キャストが多少簡単で使いやすい感じです。

しなやか=柔らかく感じられるバスロッドが欲しい方は、ダイワ製品がいいかもしれません。

スティーズ レーシングデザイン

スティーズ レーシングデザインは、ダイワのバスロッド最高峰シリーズです。

金属的とさえも言われる高感度が売りで、ベテランアングラーにおすすめのモデルとなっています。

おすすめの1本は、ヘビーダウンショットリグスペシャリティーモデルである「681M/MLFB」です。

ティップがミディアム、バットがミディアムライトと特殊なパワーバランスとしてあり、ヘビダンの操作性とファイト中のバレにくさを両立したモデルとなっています。

正直な話、ヘビダンをやっているのは一部のプロアングラーくらいで、バスからしてみれば真新しさを感じることも多いでしょう。

そんな隙間的部分を狙ってバスを釣っていきたいと思う方におすすめの1本となっています。

ロッドの長さ 6ft8in
ロッドの硬さ ミディアム/ミディアムライト
ロッドの自重 96g
ルアーウエイト 1/8~5/8oz(3.5~18g)
タトゥーラ エリート

バスフィッシングの本場・アメリカで活躍するプロアングラーのこだわりが詰まったバスロッドです。

性能はもちろんのこと、シルバー基調のデザインは現在のバスロッドにあまりないため目を引かれます。

タトゥーラ エリートシリーズからは、カバー攻略に適した「731HFB」をおすすめ。

この731HFB には、「SVFナノプラス」というカーボン素材がロッド本体に使用されていて、軽量化しつつ強度を上げることに成功しています。

岸際の冠水しているカバーはもちろん、ウィードが多い茂っているような場所、ヒシモやウォーターレタスが水面に覆いかぶさっているような場所まで攻略していくことが可能です。

最大1.5オンスまで使用できるメリットは、実際のカバー攻略で感じられることと思います。

ロッドの長さ 7ft3in
ロッドの硬さ ヘビー
ロッドの自重 150g
ルアーウエイト 3/16~1.5oz(5~42g)
エアエッジ

ダイワのバスロッド開発陣が、より現場主義で磨き上げたエアエッジシリーズ。

ロッド本体は高弾性HVFカーボンで構成されていて、高感度かつ軽い仕上がりとなっています。

このエアエッジシリーズからは、ソリッドティップ搭載で繊細な釣りがしやすい「641L/MLS-ST・E」をおすすめします。

ライト/ミディアムライトの特殊なパワーデザインが、ジグヘッドリグからダウンショットリグ、さらにはスプリットショットリグのようなリグまで使いやすいものとしてくれています。

繊細な操作からフッキング、取り込みまで一連の流れをこなしやすいおすすめモデルです。

ロッドの長さ 6ft4in
ロッドの硬さ ライト/ミディアムライト
ロッドの自重 97g
ルアーウエイト 1/16~3/8oz(1.8~11g)
ブレイゾン

ラインナップしているモデルそれぞれに適したグリップが採用され、モデルごとの使い分けがしやすいブレイゾンシリーズ。

手に馴染みやすいコルクグリップと、力を込めやすいEVAをバランスよく配置してあります。

このブレイゾンからは、ベイトモデルの「662MB」がおすすめです。

5~18グラムのルアーを投げるのに適していて、クランクベイトやバイブレーション、テキサスリグやラバージグなど、何でもこなしていくことができます。

初めてベイトロッドにチャレンジする方はぜひ使ってみてください。

ロッドの長さ 6ft6in
ロッドの硬さ ミディアム
ロッドの自重 124g
ルアーウエイト 3/16~5/8oz(5~18g)
バス X

ダイワのバスロッドで一番安価にも関わらず、ロッド本体に「ブレーディングX」という締め上げ加工をしてあるモデルです。

この締め上げ加工によってロッドのネジレが抑制され、真っ直ぐ振り抜きやすいようになっています。

持ち手部分はダイワオリジナルの細いリールシート採用で、握りやすくキャストも操作もしやすいです。

有名なダイワのバスロッドで入門用が欲しいとなれば、下記の「642MLS・Y」というスピニングロッドから始めてみてください。

ロッドの長さ 6ft4in
ロッドの硬さ ミディアムライト
ロッドの自重 94g
ルアーウエイト 1.8~11g

ジャッカルのおすすめバスロッド

バス釣りを始め、多くのカテゴリーで人気ルアーを発売しているジャッカルもバスロッドを開発しています。

自社販売モデルのほか、発売元がシマノの「ジャッカル×シマノ」コラボモデルもあり、こちらの人気も非常に高いです。

ポイズンアルティマ

ポイズンアルティマは、ジャッカルとシマノの最高峰コラボモデルです。

グリップエンドをカーボン化した「カーボンモノコックグリップ」という特殊な技術を採用していて、ルアーの振動やバスの小さなアタリをより捉えやすくなっています。

おすすめの1本はベイトモデルの「170MH」。

ラバージグとテキサスリグの使用に特化したこのモデルは、開発期間に4年を掛けられていて、実釣における感度の高さはプロ達も唸るほどのものとなっています。

最高峰の性能を持ったバスロッドが欲しい方はぜひ使ってみてください。

ロッドの長さ 7ft
ロッドの硬さ ミディアムヘビー
ロッドの自重 105g
ルアーウエイト 10~30g
ポイズンアドレナ

ポイズンアドレナは、グリップを一体成型とした「フルカーボンモノコックグリップ」による高感度が魅力のバスロッドです。

グリップにEVAやコルクを使用しないことによる感度向上と軽量化のメリットは、計り知れないものがあります。

なかでも人気のおすすめモデルは、汎用性が高いベイトモデルの「1610M」で、この1本があれば一般的なハードルアーからワームの釣りまでこなすことができます。

ジャッカルのバスロッドで汎用性の高いバーサタイルなベイトが欲しい方は、ぜひこのモデルを使ってみてください。

ロッドの長さ 6ft10in
ロッドの硬さ ミディアム
ロッドの自重 105g
ルアーウエイト 1/4~3/4oz(7~21g)
BPM

ジャッカルのバスロッドでは価格が安く、初心者の方も購入しやすいBPMシリーズ。

BPMシリーズでは、汎用性が高く初心者の方も使いやすい「BS-66L」がおすすめです。

ルアーの投げやすさと操作のしやすさは、基本を底固めしていくのに最適となっています。

陸っぱりやボート、湖や河川と、どんな場所でも使いやすいバスロッドです。

ロッドの長さ 6ft6in
ロッドの硬さ ライト
ロッドの自重 121g
ルアーウエイト 1/16~1/4oz(1.8~7g)

エバーグリーンのおすすめバスロッド

エバーグリーンのバスロッドは、パワーを感じられる製品が全体として多いです。

持ってみた感じは、シマノのバスロッドの張りを少し抑えたような印象を受けます。

シナジー

シナジーはエバーグリーンの持つノウハウと、ダイワのテクノロジーを融合させたシリーズです。

トーナメント仕様の高い性能は、使いこなすほどに大きなアドバンテージとなってくれることでしょう。

深紅のブランクスデザインはほかではなかなか見られないので、目を惹かれることと思います。

なかでもおすすめの1本は、最も汎用性が高いベイトロッドである「CSYC-70M+」です。

サブネームをマルチローラーと言うこのロッドは、スピナーベイトから大型トップウォーター、ラバージグの釣りと幅広い釣りを可能としています。

パワーはM+と一般的なミディアムよりも少し強めの設定で、ミディアムでは柔らかいけどミディアムヘビーだと硬すぎるという、絶妙なバランスのバスロッドが欲しい方におすすめです。

ロッドの長さ 7ft
ロッドの硬さ ミディアム プラス
ロッドの自重 172g
ルアーウエイト 1/4~1oz(7~28g)
ヘラクレス

「強靭」という言葉がよく似合うヘラクレスは、鋭いキャスティングと力強いフッキングで攻撃的なバス釣りをしていきたい方におすすめのシリーズです。

下記にご紹介する「HCSC-67MH-LTS ブルーマイスターLTS」は、1/4オンスまでのルアーに重点を置いたロッドとなっています。

スモールサイズのラバージグやテキサスリグを使っていくにはとてもいいロッドです。

ただルアーウエイトは最大3/4オンス(21グラム)まで対応できるので、このロッド1本で陸っぱりをするのもおすすめです。

ロッドの長さ 6ft7in
ロッドの硬さ ミディアムヘビー
ロッドの自重 114g
ルアーウエイト 3/16~3/4oz(5~21g)
ファクト

ファクトは、国内トーナメントで数々の輝かしい成績を残している福島プロが開発に携わったバスロッドです。

トーナメンターが求める性能を形にしているため、繊細さが際立つシリーズとなっています。

なかでも注目したいのが、ソリッドティップ搭載の「HFAS-65ULST」です。

5ポンド以下のラインを使ったライトリグの釣りに最適で、そのティップ感度はラインの重さを感じ取れるほど繊細なものとなっています。

スモラバやダウンショットリグ、ノーシンカーリグなど、繊細な操作が求められる釣りにおすすめのロッドです。

ロッドの長さ 6ft5in
ロッドの硬さ ウルトラライト
ロッドの自重 96g
ルアーウエイト 1/32~3/16oz(0.9~5g)

レイドジャパンのおすすめバスロッド

レイドジャパンは金森隆志さんをはじめ、ロコアングラーが現場に足を運んで得たアイディアを製品に落とし込んでいる人気メーカーです。

主に陸っぱりからの使用をメインに開発されているバスロッドは、一般のバスフィッシャーマンにとって使いやすいものとなっています。

グラディエーター

グラディエーターは陸っぱりからの使いやすさを第一に考えられた、レイドジャパンのスタンダードモデルとなるシリーズです。

おすすめの1本は「G-63MLGC」、サブネームを「Absorber(アブソーバー)」としているベイトロッドです。

陸っぱりからの小型クランクベイトを中心としたマキモノの釣りに特化したバスロッドで、負荷に対して素直に曲がってくれる「ソリッドグラスティップ」によって、ルアーのアクションを最大限に活かし、喰いついてきたバスは逃がさない特徴を持たせてあります。

点在している障害物を効率よく探っていったり、逆に障害物が何もないような場所で足元の小さな地形変化を釣っていったりするのにおすすめです。

ロッドの長さ 6ft3in
ロッドの硬さ ミディアムライト
ロッドの自重 記載無し
ルアーウエイト 1/4~3/8oz(7~11g)
グラディエーターアンチ

グラディエーターアンチは、ルアーの対応範囲を広く取ってあるバスロッドです。

特化した性能ではなく、万遍なく数多くのルアーを使っていくことで釣果につなげていくシリーズとなっています。

おすすめは、GA-63LS「Defender(ディフェンダー)」というスピニングロッド。

7グラムまでの小型シャッドプラグや、ネコリグ、ジグヘッドワッキーなど、幅広いルアーを使っていくことができます。

スピニングロッド1本で釣りを完結させることが多い方はぜひ使ってみてください。

ロッドの長さ 6ft3in
ロッドの硬さ ライト
ロッドの自重 記載無し
ルアーウエイト 1/16~1/4oz(1.8~7g)

今すぐお気に入りのバスロッドを手にしよう!

バスロッドの選び方のポイントをまとめると、

①初心者の方はスピニングロッドから始めて、慣れたらベイトロッドを使う
②6フィートから6フィート6インチの長さで始めるのがおすすめ
③硬さはルアーの対応範囲が広いミディアムライト(ML)やミディアム(M)から始める
④できるだけ自重が軽いものを選ぶ
⑤有名メーカーの5,000円以上のもの、できれば実売1万5千円から2万5千円くらいのものを選ぶ

となります。

上記の5つのポイントを踏まえながら選べば、失敗の少ないバスロッド選びができるはずです。

最初は選ぶのに苦労するかもしれませんが、だんだんと自分の好きな釣り方や必要なバスロッドがわかるようになるでしょう。

まずは使いやすいバスロッドから始めて、どっぷりバス釣りの魅力にはまってもらえればと思います。

関連 シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】夏発表の新製品も!

関連 よく飛ぶベイトリール9選!遠投するための3つのポイントも紹介!

関連 バス釣りルアーおすすめ29選|数百万円釣りに使ってきたバス釣り歴26年目の僕が自信を持っておすすめするルアーをご紹介!

公開日:2018年3月7日
更新日:2019年7月12日

関連記事一覧