• HOME
  • 投稿
  • タックル
  • シマノおすすめベイトリール5選!バス釣りのベイトリール選びで迷ったらここから選んでみよう!
シマノおすすめベイトリールのイメージ画像

シマノおすすめベイトリール5選!バス釣りのベイトリール選びで迷ったらここから選んでみよう!

ベイトリールのほかに自転車のギアなどでも有名なシマノ。

その頑丈さや巻き心地の良いリールにはファンも多く、僕も好きなメーカーです。

今回は数あるシマノのベイトリールからおすすめの5選をご紹介します。

darumabanner

シマノのベイトリールはよく飛んで巻き心地も良い!

国内のリールメーカーとして大人気のシマノ。

シマノが製造しているベイトリールはよく飛び、かつ巻き心地が良いことからファンが多いです。

しかし、製品ラインナップが多く、どのベイトリールを選んだらよいかわからない方も多いでしょう。

今回はそんな方に向けて、シマノの数あるベイトリールからおすすめを5つに絞ってご紹介します。

関連 2018年新製品ベイトリール最新情報まとめ!【シマノ・ダイワ】

シマノおすすめベイトリール5選

シマノには、初心者から上級者まで納得の性能を持つベイトリールが多数ラインナップされています。

下記にご紹介する5つのベイトリールは、釣りの経験や釣り方を踏まえて選んだものとなっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

メタニウムMGL

メタニウムMGLは、「マグナムライトスプール」というスプールを搭載したベイトリールです。

一言であらわせば、「最後まで鋭く飛ぶという印象を強く受けるリール」です。

巻き心地の良いことはもちろん、握り込みしやすく自重も軽いので、快適に釣りを行っていくことができます。

関連 メタニウムMGLのインプレ!飛距離や巻物での使用感、軽量ルアーはどこまでOK?

スコーピオン70

スコーピオン70は、コンパクトなボディで握り込みやすく、軽量なルアーも投げやすいベイトリール。

比較的手にしやすい価格帯で高性能なスコーピオンシリーズは、昔から人気があります。

10グラム前後のルアーをメインに使うのであれば、スコーピオン70が最適です。

カルカッタコンクエスト100

カルカッタコンクエストシリーズは、シマノの丸型ベイトリールとして不動の人気を誇るシリーズです。

内部構造にこだわった「X-SHIP」と、ギア歯面がとても細かい「マイクロモジュールギア」で、シマノ独自の巻き心地の良さがさらに向上されています。

特にクランクベイトやスピナーベイトといった巻きモノの釣りでおすすめです。

アルデバラン BFS XG

軽量なルアーをベイトリールで使う「ベイトフィネス」専用に設計されたアルデバラン BFS XG。

シマノのベイトリールでは珍しいマグネット式のブレーキシステムを採用することで、軽量なルアーでもバックラッシュしにくくなっているのが特徴です。

また、シマノベイトリールで最軽量となる自重130グラムの軽さも、アルデバラン BFS XGの大きな魅力となっています。

バスワンXT

バスワンXTは、これまでベイトリールを使ったことがない方におすすめの製品です。

価格を非常に抑えつつも、上位機種でも利用されていた「SVSブレーキシステム」を搭載したことで、投げやすく使いやすいリールとなっています。

スプールは、バス釣りベイトリールの黄金比とされる「34ミリ径スプール」となっていて、どんなルアーでも投げやすいです。

関連 バックラッシュしない(しにくい)ベイトリール9選!バックラッシュしない方法もご紹介!

シマノのおすすめベイトリールでバス釣りを楽しもう!

シマノのベイトリールを実際に使ってみると、「感覚的な心地よさ」が体感できると思います。

最後まで飛距離が伸びていったり、巻いている最中の静かさはシマノならではのもので、使っていてとても気持ちが良いです。

ぜひご紹介したシマノのおすすめベイトリールで、バス釣りを楽しんでみてください。

関連 シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】夏発表の新製品も!

関連 バックラッシュしない(しにくい)ベイトリール9選!バックラッシュしない方法もご紹介!

関連 よく飛ぶベイトリール9選!遠投するための3つのポイントも紹介!

公開日:2016年11月30日
更新日:2018年10月9日

関連記事一覧