• HOME
  • 投稿
  • バス釣り
  • メタルバイブおすすめ5選!バス釣り歴25年以上の経験から導き出した釣れるアクションとコツはこれだ!
メタルバイブの画像

メタルバイブおすすめ5選!バス釣り歴25年以上の経験から導き出した釣れるアクションとコツはこれだ!

冬のバス釣り攻略で定番となっているメタルバイブ。よく飛び、速く沈むメタルバイブは、深場攻略には欠かせないルアーです。

この記事ではメタルバイブのおすすめ品と釣れるアクションの方法、もっと釣るためのコツまでご紹介します。

書いている人のプロフィール

ルアー通を運営しているTと言います。

釣り歴27年のルアーマンです。

フィッシングカレッジ卒、釣具屋でルアー担当をしていました。

Twitter、YouTubeもよろしくお願いします。

banner

メタルバイブとは?

メタルバイブは、金属で作られたバイブレーションのことです。プラスチック製のバイブレーションよりも重さがあり、空気抵抗が少ないのでよく飛び、沈みも速いメリットを持っています。

メタルバイブが効果的となるのは冬がメインで、それ以外では秋のターンオーバー時や、遠投しないと届かないポイントを攻略するときに活躍してくれます。

ほかのルアーで攻略が難しい状況でメタルバイブは活躍するので、ルアーボックスにいつも入れておきたいものです。

メタルバイブの釣れるアクション

メタルバイブを使うときにアクションをどうしたらよいのか悩む人は多いです。アクションは基本を知っておき、季節や場所、バスの活性によって使い分けることがポイントとなります。

以下にご紹介する3つのアクションを参考にしてみてください。

ただ巻き

メタルバイブが持つ本来のアクションでバスを誘う「ただ巻き」。春から秋にかけては、メタルバイブをただ巻きするだけでも十分釣果を出すことができます。

多くのメタルバイブはラインアイが複数あるので、どの位置が釣れるのかを試しつつただ巻きしてみると、釣果を出しやすくなります。

リフト&フォール

「リフト&フォール」は、冬のメタルバイブの定番アクションです。底までメタルバイブを沈めたら、ロッドで跳ね上げ、フォールでバスのバイトを誘います。

リフト&フォールのコツは、跳ね上げる高さを底から50センチ程度にすること。よく1メートルほど跳ね上げて使う人が居ますが、冬のバスはそれだとなかなかヒットしてくれませんので気を付けてください。

バーチカルジギング

ボートから魚探を使ってバスを見つけ、真上から落としてアクションさせる方法を「バーチカルジギング」と呼びます。メタルバイブを何度も上下にアクションさせて、活性の低いバスのスイッチを徐々に入れていくイメージで使うのがコツです。

バイトはフォールに集中しますので、小さく出るアタリを見逃さないようにしておきましょう。

おすすめメタルバイブ5選!

メタルバイブは各メーカーがさまざまな製品を発売していますが、使い分けを意識した数種類に絞って使うことをおすすめします。

ここではおすすめのメタルバイブを5つご紹介します。

エバーグリーン リトルマックス

バス釣りのメタルバイブの定番と言えばコレと言い切れるほど、高い人気を持つリトルマックス。アクションを選ばない使いやすさに加え、3つのラインアイによる動きの使い分けや、多彩なウェイトとカラーラインナップでバスの活性に合わせやすいのが魅力です。

まずは3/8オンスか1/2オンスから使ってみるのがおすすめです。

モーリス フラッシュユニオン フルメタルソニック

フルメタルソニックは、アクションの立ち上がりがとても速いメタルバイブです。特にリフト&フォールで使うとその立ち上がりの速さがわかりやすく、僕自身はリトルマックスで釣れないときにフルメタルソニックを使うことが多いです。

メタルバイブをローテーションするときには欠かせないルアーとなっています。

O.S.P オーバーライド

O.S.Pのオーバーライドは、特にリフト&フォールで活躍してくれるメタルバイブです。跳ね上げようとしたときに急角度で上昇するのが特徴で、ほかのメタルバイブに比べ同じ距離でより多い回数誘えるのがメリットとなっています。

使うときには、ロッドでリフトする幅を少し抑え気味にしつつ使うのがポイントです。

デプス サーキットバイブ

デプスのサーキットバイブは、0.8ミリ厚のサーキットボードを使用したハイブリッドタイプのメタルバイブ。ボディの平べったい部分は軽く、重心が集中しているのでキャスト時に姿勢の安定性が高い特徴があります。

ただ巻き中心でメタルバイブを使いたいという方におすすめです。

ジャッカル キーバーン

ジャッカルのキーバーンは、先にご紹介したサーキットバイブと同じくサーキットボードを使用したメタルバイブです。

揺らめきながらフォールするのが特徴で、ほかのメタルバイブではどうしてもフォール時にバイトミスが起きてしまうときに使ってみるのが効果的となっています。

メタルバイブでもっと釣るためには?

メタルバイブを使うことが多い冬は、バスの活性がとても低いことは誰もが知っていると思います。

ここで釣果を伸ばしていくときに知っておきたいのが、メタルバイブは同じコース・ポイントで何度も誘って使うということです。僕自身の経験では、陸っぱりから同じコースを10回以上リフト&フォールさせて46センチのバスがヒットしたことがあります。

ほかのルアーだと同じコースやポイントに多くても3回投げたら移動なんてことも多いですが、メタルバイブを使うときにはそれ以上にバスに何度もアピールするイメージで使ったほうが効果的です。

メタルバイブを使いこなせ!

メタルバイブが使いこなせるようになると、冬のバス釣りはもちろん、ほかの季節でも活躍してくれるので釣果を得やすくなります。

アクションの方法やそれぞれのメタルバイブが持つ特徴を理解しながらローテーションすることで、バスの反応を得られることでしょう。

ぜひ今回の内容を参考にしつつ、メタルバイブを使ったバス釣りを楽しんでみてください。

関連記事一覧