飛距離が出るベイトリールのイメージ画像

タックル

ベイトリールの飛距離ランキングがあればトップ3に入ると思うリールをまとめてみた

ベイトリールで飛距離を出したいとルアーを楽しむアングラーなら誰もが思うことでしょう。

この記事では、ベイトリールの飛距離ランキングがあればトップ3に入ると思うリールをまとめてみました。

ベイトリールで飛距離を出す意味

ルアー釣りで単に飛距離を求めるのであれば、はっきり言ってスピニングが投げやすくトラブルも少ないです。

ただ僕自身も長いこと釣りをやっているので分かりますが、スピニングリールでの遠投とベイトリールでの遠投は、ルアーを楽しむアングラーにとって別の意味があると思います。

ベイトリールを使いこなして飛距離が出せることは、釣り人にとって一つのアドバンテージではないでしょうか。

ベイトリールで飛距離を出すには投げ方もですが、なんといっても飛距離が出せるベイトリールを使うことが大事です。

今回はランキング形式としては難しいですが、飛距離重視でベイトリールを選ぶならこの3つだろうと思うリールをまとめてみました。

関連 【シマノ・ダイワ】2018年リール情報!2019年の新製品情報はいつ頃出る?

飛距離が出しやすいベイトリールの条件とは?

ベイトリールで飛距離を出すには「スプール径」と「ブレーキシステム」の2つが重要です。

下記に具体的な目安をご紹介します。

スプール径は36ミリ以上

スプール径に関しては「36ミリ以上」が飛距離を出すのに向いています。

スプール径は大きくなるほど、また重たいほど回り続けようとする慣性力が働きます。

一般的にはバックラッシュを抑えるため、ベイトリールのスプールは小さく軽量に作られますが、飛距離を出したい場合にはその逆を選ぶ必要があります。

ベイトリールでより遠投するためには、スプール径が大きなものを選ぶのが条件となります。

ブレーキシステムはDC

ベイトリールで飛距離を出すには、シマノ独自のデジタルコントロールブレーキシステム、通称「DC」が最も適しています。

ベイトリールのブレーキシステムでは、マグネットや遠心力を利用したものがありますが、スプールの回転に合わせて細かくブレーキがコントロールされるDCに比べるとどうしても劣りがちとなってしまいます。

上記の条件から、飛距離にこだわりたいのであれば、スプール径36ミリ以上でDCブレーキを搭載したシマノのベイトリールが最適ということになります。

関連 バックラッシュしない(しにくい)ベイトリール9選!バックラッシュしない方法もご紹介!

飛距離が出しやすいベイトリール

ここではベイトリールの飛距離ランキングを付けるとすれば、トップ3だと思うリールをご紹介します。

シマノ アンタレスDC

飛距離が出るベイトリールと言えば、誰もが頭に思い浮かべるのがアンタレスでしょう。

1998年に初代アンタレスが発売されて以来、とにかく飛距離が出せるベイトリールとしての地位を築き上げています。

アンタレスDCにおいては、スプール径37ミリ、ブレーキシステムは「NEW 4×8DCブレーキ」となっていて、テストでは最大109.37メートルの飛距離を叩きだし、軽く投げても50メートル飛ぶという結果が出ています。

1点だけ注意したいのが、アンタレスDCは淡水専用となっていますので、バス釣りでの使用がメインとなります。

品番ギア比最大ドラグ力
(kg)
自重
(g)
スプール寸法
(径mm/幅mm)
糸巻量最大巻上長
(cm/ハンドル1回転)
ハンドル長
(mm)
ベアリング数
BB/ローラー
RIGHT5.65.022037/22ナイロン(lb-m)12-130/14-110/16-100654210/1
LEFT5.65.022037/22ナイロン(lb-m)12-130/14-110/16-100654210/1
HG RIGHT7.45.022037/22ナイロン(lb-m)12-130/14-110/16-100864210/1
HG LEFT7.45.022037/22ナイロン(lb-m)12-130/14-110/16-100864210/1

シマノ エクスセンスDC

エクスセンスDCは、ベイトシーバスに対応するベイトリールです。

スプール径は37ミリで、ブレーキシステムは「4×8DCエクスセンスチューン」となっており、PEを使ったシーバスゲームでの使い勝手を向上させてあります。

テストでは、1オンスクラスのメタルジグで100メートル越えの飛距離が出ています。

注目したいのが19ミリに設定されているスプール幅で、これによってレベルワインドとラインの接触抵抗を減らし、飛距離を出しやすくしてあります。

品番ギア比最大ドラグ力
(kg)
自重
(g)
スプール寸法
(径mm/幅mm)
糸巻量最大巻上長
(cm/ハンドル1回転)
ハンドル長
(mm)
ベアリング数
BB/ローラー
XG(右)7.84.522537/19PE(号-m)1-300/1.5-200/2-150
フロロ(lb-m) 12-100/14-85/16-75
914510/1
XG(左) 7.84.522537/19PE(号-m)1-300/1.5-200/2-150
フロロ(lb-m) 12-100/14-85/16-75
914510/1

シマノ アンタレスDC MD

アンタレスDC MDは、世界中の大型魚とのやり取りを想定した設計となっているベイトリールです。

スプール径は38ミリと大きく、ブレーキシステムは「4×8 DC MD チューン」が搭載されています。

アンタレスDCやエクスセンスDCとの大きな違いは糸巻量で、アンタレスDC MDだとナイロン20ポンド100メートル、PE5号80メートルと太いラインが使えます。

ビッグベイトなどの大型ルアーで大型魚狙いをするのであれば、アンタレスDC MDがおすすめです。

品番ギア比最大ドラグ力
(kg)
自重
(g)
スプール寸法
(径mm/幅mm)
糸巻量最大巻上長
(cm/ハンドル1回転)
ハンドル長
(mm)
ベアリング数
BB/ローラー
MD XG RIGHT7.86.023538/22ナイロン(lb-m)12-165/14-145/16-120/20-100
PE(号-m)3-130/4-100/5-80
934510/1
MD XG LEFT7.86.023538/22ナイロン(lb-m)12-165/14-145/16-120/20-100
PE(号-m)3-130/4-100/5-80
934510/1

関連 アンタレスDC MDはシーバスでも使える!ほかのDCモデルとの違いもチェック!

飛距離の出るベイトリールを使いこなせ!

ご紹介したベイトリールについてまとめると、

  • アンタレスDCは、バス釣り専用で使っていきたい方
  • エクスセンスDCは、シーバス専用で使っていきたい方
  • アンタレスDC MDは、フィールドを問わずに太いラインを使いたい方

におすすめです。

繰り返しとなりますが、ベイトリールで飛距離が出せるのは、アングラーとして一つのアドバンテージとなるのではないでしょうか。

この記事でご紹介した内容をぜひ参考にしてみてください。

関連 【シマノ・ダイワ】2018年リール情報!2019年の新製品情報はいつ頃出る?

関連 よく飛ぶベイトリール9選!遠投するための3つのポイントも紹介!

関連 バックラッシュしない(しにくい)ベイトリール9選!バックラッシュしない方法もご紹介!

よく読まれている記事

  1. シーバスおすすめルアーの画像
  2. シマノ・ダイワの2019年新製品リールイメージ画像
  3. 18ステラの画像
  4. バス釣りおすすめルアーの画像
  5. バス釣りカラーの分かりやすい画像

最近の記事

  1. シーバスおすすめルアーの画像
  2. さまざまなカラーのシーバスルアーが並んだ画像
  3. グラスロッドで釣れたバスの画像
  4. シーバスビッグベイトの画像
  5. シマノ・ダイワの2019年新製品リールイメージ画像

カテゴリー

アーカイブ

  1. 18ステラの画像

    タックル

    【シマノ・ダイワ】2018年リール情報!2019年の新製品情報はいつ頃出る?
  2. バス釣りカラーの分かりやすい画像

    バス釣り

    バス釣りでのカラーの使い分け【全22色】ハードルアー・ワームそれぞれの選び方を2…
  3. バス釣りおすすめルアーの画像

    バス釣り

    バス釣りルアーおすすめ29選【2018年最新版】数百万円釣りに使ってきたバス釣り…
  4. シマノ・ダイワの2019年新製品リールイメージ画像

    タックル

    シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】モデルチェンジなどの最新情報はここからチ…
  5. シーバスおすすめルアーの画像

    ソルトルアー

    シーバスルアーおすすめ26選【2018年最新版】数百万円釣りに使った釣り歴25年…
PAGE TOP