バス釣り用PEラインの画像

バス釣りPEラインおすすめ5選|特徴から太さの選び方まで

バス釣りを楽しんでいる人ならPEラインを使っているアングラーの増加に気付いているはず。

この記事ではバス釣りにおすすめの製品をはじめ、PEラインの特徴や太さの選び方に関する情報を簡単にわかりやすくご紹介しています。

darumabanner

バス釣りのPEラインについて

バス釣り用PEラインの画像

PEラインとは、細い原糸を複数本編んで作られているラインです。

バス釣りにおいてPEラインは、かなり限定的なシチュエーションで使われています。

フロロカーボンラインやナイロンラインと比べた際に、PEラインは使い勝手が決して良いとは言えません。

しかし、釣り方によってはほかのラインと比べ物にならないほど、圧倒的な使いやすさを発揮してくれます。

この記事では普段からバス釣りにPEラインを取り入れている僕から、その特徴や太さの選び方、使ってみて良かったおすすめ製品をご紹介します。

関連 バス釣りラインおすすめ9選|リール・釣り方別の太さ選びや種類ごとの特徴を簡単に解説!

PEラインの特徴

PEラインには次のような特徴があります。

・太さに対して強度が高い
・とてもしなやかで糸癖がほぼつかない
・水に浮くものがほとんど
・伸びがほぼない
・価格が高い
・滑りやすい
・硬い障害物に対する擦れにとても弱い

まずPEラインは、フロロカーボンラインやナイロンラインと同じ太さであれば3~4倍程度の強度があり、その分細い号数を使うことができます。

また、とてもしなやかで糸癖がつきにくく水に浮くほど軽いため、投げたときにラインがガイドの干渉や風の抵抗を受けにくく、飛距離が出しやすいです。

さらに伸びがほぼないことも特徴で、バスのバイトやルアーの振動が手元に伝わってきやすい特徴もあります。

PEラインはほかのラインよりも価格が高いですが、紫外線や吸水などの要因による劣化はほとんど見られないため、障害物へ擦れたり摩擦熱が起きたりしない限り2~3年程度は問題なく使えます。

滑りやすい特徴は、メリットとして捉えれば飛距離アップに繋がること、デメリットとしてみ捉えれば、細い号数だとフックやスナップなどの金属に直結することがかなり難しいことです。

またウィードや木などに擦れてもラインに傷は入りにくいですが、岩やコンクリートのような硬いものに擦れてしまうとかなり簡単に傷が入ってしまうので、使用するシチュエーションの見極めが必要です。

バス釣りにおけるPEラインの太さ

バス釣り用PEラインの太さの画像

バス釣りでPEラインを使う場合は、スピニングとベイトで太さが大きく変わります。

スピニングでは遠投のしやすさと操作性を重視して、0.4~0.8号の使用がおすすめです。

ベイトではフロッグやパンチング、フリッピングといったパワーゲームが主体となるため、3~5号のPEラインがおすすめです。

僕自身は、スピニングでは0.6号、ベイトでは4号の太さをメインに使っています。

バス釣りにおすすめのPEライン

ここではバス釣りにおすすめのPEラインを、スピニング向けで2種類、ベイト向けで3種類の計5種類をご紹介します。

スピニング向け

バス釣り用PEラインをスピニングに巻いた画像

モーリス ノガレス デッドオアアライブ フィネスマスター PE X4

スピニングでPEラインを使うのであれば、フィネスマスター PE X4が一押しです。

僕自身が現在スピニングのメインとして使っているラインで、マーキング(色分け)されているためリトリーブコースやスピード、バスのバイトが確認しやすいです。

さまざまなPEラインをスピニングで試してきて、現在はこれに落ち着いています。

東レ ソラローム ルアーPE

とりあえずPEラインをバス釣りで使ってみたい方は、東レのソラローム ルアーPEを使ってみてください。

75メートル巻きで価格が非常に安く、手軽に使えるPEラインとしておすすめです。

また0.6号から8号までのラインナップがあるため、スピニングだけでなくベイトでも使えます。

ベイト向け

バス釣り用PEラインをベイトに巻いた画像

サンライン バススーパーPEライン

サンライン バススーパーPEラインは、バス釣り用PEラインとして人気の高い製品です。

ディープグリーンのラインカラーはカモフラージュ効果を期待でき、使用時に心理的な安心感があります。

強度や品質は問題ない一方、ものすごく色落ちするので、サミングしている親指が緑になってしまうことがデメリットです(笑)

エバーグリーン バスザイル PEフリップ&フロッグ

僕が知っている限り、バス用PEラインとして一番長く生き残っている製品です。

発売されてから10年以上は経っています。

名前のとおりフリッピングやフロッグ、またパンチングでのヘビーカバー攻略に適したラインです。

先にご紹介したバススーパーPEラインと比べると色落ちが少ないです。

モーリス バリバス ナマズ プレミアムPE

ナマズ プレミアムPEはナマズ用として発売されていますが、僕が現在バス釣りのベイトで使っているメインのPEラインです。

8本編みながら価格が安く、ホワイトのラインカラーで視認性が高いこと、また色落ちがないことが選んでいる理由です。

トラブルなく使えているので、ベイトで使うPEライン選びで迷ったときはぜひ使ってみてください。

バス釣りのPEラインはリーダーあり?それとも直結?

バス釣り用PEラインの直結やリーダーありの画像

僕の経験上、PEラインは1.5号以上であれば直結して使っても、結び目が滑ってほどけたり、フッキング時に切れたりすることはありません。

ただ1号以下のPEラインはすぐに滑るので、直結は絶対に避けた方が良いです。

参考までに僕の結束方法は、

テキサスリグ…ダブルクリンチノットで直結
フロッグ…ビミニツイストでダブルラインを作って結束
スピニング…FGノットでリーダーを結束

としています。

スピニングで使うリーダーはバス用が見当たらないので、いくつか使ってみたうえで、適度な硬さで使いやすいモーリスのエギングショックリーダー6ポンドを使っています。

PEライン使用時の注意点

メリットが多いPEラインですが、使用時にはいくつか注意が必要です。

下記の3点に気を付けながら使ってみてください。

スプールに直接巻かない

PEラインは滑りやすい特徴があるため、スプールに直接巻くことは避け、下巻きをしてから巻くようにしてください。

乾いた状態では滑らないこともありますが、釣りをして水を含んだときにスプール上でライン全体が回ってしまうことがあります。

以前釣具屋に勤めていたときに、お客さんがこのことを知らずにPEラインを巻いてしまい対応したことがあります。

下巻きは、最低限スプールの金属面が隠れる程度に巻いておけば大丈夫です。

関連 リールの下巻きを計算要らずで巻く方法|用意しておきたい道具と巻くときの注意点まで

ガイド絡みに注意

PEラインはそのしなやかさゆえ、ガイドに絡みつきやすいです。

ラインが絡んだまま気付かず巻いてしまうと、ガイドやロッドに強い負荷が掛かり破損してしまうことがあります。

常にラインを張ることを心掛けつつ釣りをすることが大事です。

ラインの噛み込みに注意

PEラインは強い負荷が掛かったときに、スプール上のラインの隙間に、出ているラインが噛み込んでしまうことがあります。

特に噛み込みの原因として多いのが、根掛かりで強く引っ張ってしまうこと。

噛み込みに気付かずフルキャストすれば、キャスト時にラインが切れてしまったり、ベイトの場合は再起不能なほどのバックラッシュを起こしたりします。

強い負荷が掛かって噛み込みが起きているかもと思ったときは、一度軽く投げて確認したうえで釣りを続けることをおすすめします。

またベイトで細いPEラインを使うと、スプールとボディの隙間に噛み込むことがあるので注意が必要です。

PEラインは釣果アップに貢献してくれる

PEラインにはメリットもデメリットもありますが、これまで使ってきて釣果アップに貢献してくれたことは間違いありません。

特に飛距離が出せることと、どんなカバーに対してもアプローチできる2つのメリットが大きいです。

PEラインを使ってメリット・デメリットを知ると、フロロカーボンラインやナイロンラインの良さも同時に理解が深まると思います。

ぜひバス釣りでPEラインを使ってみてください。

関連 バス釣りラインおすすめ9選|リール・釣り方別の太さ選びや種類ごとの特徴を簡単に解説!

関連 リールの下巻きを計算要らずで巻く方法|用意しておきたい道具と巻くときの注意点まで

関連記事一覧