チャターベイトの画像

チャターベイトおすすめ10選!使えるトレーラー5選やロッドの選び方まで!

チャターベイトは一見変わった見た目からは想像もつかないほどバスが釣れるルアーです。

またチャターベイトを使う際には、トレーラーやロッド選びも重要となります。

この記事ではチャターベイトのおすすめ品やトレーラー、ロッドの選び方をご紹介します。

banner

チャターベイトとは一体?

チャターベイトの画像

チャターベイトは、ラバージグにブレードを取り付けたようなバス釣り用のルアーです。

ただ巻きするとブレードが激しく振動を起こし、ヘッドとの接触音でバスにアピールしてくれます。

その音はおしゃべりしているように聞こえることから、英語でおしゃべりをあらわす「Chatter(チャター)」が名前に入っています。

この記事ではチャターベイトのおすすめ品やトレーラー、ロッドの選び方までご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連 バス釣りルアーおすすめ28選|数百万円釣りに使ってきたバス釣り歴26年目の僕が自信を持っておすすめするルアーをご紹介!

チャターベイトおすすめ10選

ここではチャターベイトのおすすめ品をご紹介します。

チャターベイトは各メーカーがいろんな工夫を行っていて、形は似ていてもそれぞれ特徴が違います。

以下を参考にしながら、チャターベイトを選んでみてください。

エバーグリーン ジャックハンマー

エバーグリーンのジャックハンマーは、チャターベイトの中でも特に高速で振動するのが特徴です。

手元に伝わってくる振動がとても強く、バスに対してのアピールが強めで、ディープ攻略に適した性能を持っています。

清水プロが長い期間を掛けて開発したルアーで、性能がとても高いことで人気となっています。

O.S.P ブレードジグ

O.S.Pのブレードジグは、樹脂製のブレードを搭載したチャターベイト。

ほかのチャターベイトと比べて圧倒的にバランスを崩しにくく、高速巻きからデッドスローリトリーブまで規則正しいアクションをしてくれます。

ブレードとヘッドの接触音が弱めなので、水が澄んでいる場所で特に効果的です。

アクショントレーラー4インチがセットになっているので、まずはそれをトレーラーにして使ってみてください。

Z-MAN チャターベイト

チャターベイトの元祖であるのが、このZ-MAN チャターベイトです。

ただ巻きの途中で速くリールを巻くとバランスを崩すのが特徴で、その不規則な動きでバスのスイッチを入れて食わせるのが使い方のコツとなっています。

このチャターベイトで、ウィードの1ポイントから7匹ほどバスを釣ったことがあります。

耐久性のある伸びる素材のトレーラーもセットになっているので、それをセットして使ってみるとこのチャターベイトの動きの凄さがわかりやすいと思います。

関連 Zマンのチャターベイトは元祖チャター!インプレや釣れる使い方、トレーラーについて解説!

イマカツ モグラモスチャター ハイレブ

モグラモスチャター ハイレブは、数あるチャターベイトの中で高速巻きに適したモデルです。

「ディフューザーヘッド」という独自のヘッド形状が生み出す水流効果によって、バランスを崩しにくくなっています。

バスがどこに居るかわからないような状況で、広範囲を素早くチェックしていくならモグラモスチャター ハイレブがおすすめです。

ノリーズ フラチャット

強い濁りが入った場所で使うのであれば、ノリーズのフラチャットが一番おすすめです。

ステンレス製のブレードヒッターを搭載しているので、ほかのチャターベイトよりさらに強い接触音を生み出してくれます。

またヘッドが下向きになっているので、比較的障害物回避能力は高めです。

ダイワ スティーズ カバーチャター

名前のとおり、障害物に対してアプローチしやすいダイワのスティーズ カバーチャター。

買ったままの状態でも大丈夫ですが、少しブラシガードを扇状に押し広げて使ったほうが、横倒れした場合でもカバー回避能力を維持できるのでおすすめです。

カバー最奥に撃ち込んで使ったり、アシ際をテンポよく探っていくのであればスティーズ カバーチャターを使ってみてください。

ジャッカル ブレイクブレード

ブレイクブレードは2本のブラシガードがフックを守ってくれているのが特徴となっています。

障害物周りではもちろん、水中に浮きゴミが漂っていてルアーの動きが妨げられやすい状況でも快適に使っていくことができます。

アクションのバランスも良く、ただ巻きで規則正しくアクションさせても、変速リトリーブで不規則な動きで誘っても使えるおすすめのチャターベイトです。

ジャッカル デラブレイク

スピニングタックルで使いやすいサイズのデラブレイク。

野池のような小規模の場所や、プレッシャーが高いフィールドで活躍してくれます。

サイズが小さいので、トレーラーも小さなものをセットして使ってみてください。

メガバス ワイルドヘッダー

メガバス ワイルドヘッダーは、フラット形状のヘッドとブレードの穴がギアホールになっているのが特徴のチャターベイトです。

フラット形状のヘッドはアクションの安定性を保とうとしますが、ギアホールのブレードが不安定さを生み出すので、結果として予測できない動きが出るようになっています。

ルアーに慣れたバスが多いフィールドで全く反応がないときにワイルドヘッダーを投げると一発で食ってきたこともあったので、ぜひ一度使ってみてほしいチャターベイトです。

デプス Bカスタムチャター

チャターベイトでデカバス狙いをするのであればBカスタムチャターがおすすめ。

とても強いフックが搭載してあり、デカバスの硬い上顎でもしっかりと貫通させることができます。

琵琶湖や池原ダムのようなビッグバスフィールドでは、このBカスタムチャターの右に出るものはないでしょう。

関連 バス釣りでのカラーの使い分け【全25色】ハードルアー・ワームそれぞれの選び方を25年以上の実績と知識で解説してみた

チャターベイトにはトレーラーが必須

チャターベイトを使うときには、トレーラーが必須です。

ラバージグがトレーラーを付けないと釣れないように、チャターベイトもトレーラーを付けないとまず釣れません。

トレーラーにするワームは、ピンテールやツインテール、シャッドテールワームがおすすめです。

以下に5種類ご紹介しますので、参考にしてみてください。

O.S.P ドライブスティック

単体で高い実釣性能を持つO.S.Pのドライブスティックは、チャターベイトのトレーラーとしても有能です。

チャターベイトの動きにあわせてピンテールがアクションし、自重が増すことによって遠投しやすくなるのがメリットです。

O.S.P アクショントレーラー

O.S.P アクショントレーラーは、不規則なアクションをさせたい場合におすすめです。

扁平な2本のアームと外に少しカールした2本のヒゲがランダムに絡み合い、チャターベイトの不規則なアクションをさらに魅力的なものとしてくれます。

ノリーズ フラバグ

チャターベイトを規則正しくアクションさせたい場合には、ノリーズのフラバグが最適です。

横にフラットな形状となっているので、チャターベイトの姿勢を安定させやすく、規則正しいアクションが出しやすくなっています。

デプス デスアダー

デスアダーは、縦と横2つのセット方法が可能なトレーラーです。

縦にセットすれば強めの波動を出しやすく、横にすれば浅い場所を泳がせやすくなります。

関連 デスアダーの使い方はどうすればいい?おすすめカラーやもっと釣るためのテクニックまで徹底解説!

サワムラ ワンナップシャッド

ワンナップシャッドはとにかく強い波動を出したいときにおすすめのシャッドテールワーム。

マッディウォーターで使うのであれば、まずはワンナップシャッドから使ってほしいと思える釣れるトレーラーです。

関連 ワンナップシャッドのインプレ紹介!おすすめカラーや使い方、デメリットまで徹底解説!

チャターベイトに適したロッドとは?

チャターベイトのロッドは、選ぶときには基準がわかりづらいと思います。

個人的にチャターベイトを使ってきて思うのは、規則正しいアクション重視ならグラスロッド、不規則なアクション重視なら中弾性のカーボンロッドが釣果を出しやすいということです。

グラスロッド、中弾性カーボンロッドそれぞれで同じチャターベイトを使ってみるとわかりますが、アクションの出方が大きく変わります。

ロッドの長さに関しては6フィート6インチから7フィート6インチの範囲で、できるだけ長めのほうがキャストからリトリーブ、フッキングまでの一連の動作が行いやすいので参考にしてみてください。

関連 バスロッドおすすめ18選【2019年版】選び方・人気メーカー製品をまとめてチェック!

関連 グラスロッドおすすめ3選|メリットやカーボンとの違いはこれを見ればわかる!

チャターベイトの威力を体感してみよう!

チャターベイトは使うまで正直釣れる感じがしないと思います。

しかし、これまで何度もチャターベイトでないと釣れなかったということがありました。

アメリカのトーナメントで優勝に貢献するルアーとなることも少なくないので、それだけ釣れる何かを持ったルアーなのではないでしょうか。

使ったことがない方はまず一度使ってみて、チャターベイトの威力を体感してもらえればと思います。

関連 バス釣りルアーおすすめ28選|数百万円釣りに使ってきたバス釣り歴26年目の僕が自信を持っておすすめするルアーをご紹介!

関連 バス釣りでのカラーの使い分け【全25色】ハードルアー・ワームそれぞれの選び方を25年以上の実績と知識で解説してみた

関連 バス釣りワームおすすめ19選|釣れるワームはコレを見ればわかる!

公開日:2018年3月22日
更新日:2018年9月26日

この記事が役に立ったら
いいね!お願いします

Twitterで

関連記事一覧