ブラックバスの画像

春バス釣り(3月・4月・5月)のおすすめルアーとワーム9選!もっと春バス釣る方法教えます!

春(3月・4月・5月)はバス釣りが楽しみやすい季節。

攻略法をしっかりと覚えておけば、デカバスを最も釣りやすい季節となります。

この記事では春のバス釣り攻略法や、おすすめのルアーをご紹介しています。

春のバス釣り

春のブラックバスの画像
春の日差しが感じられる頃から、バスは徐々に行動を起こし始めます。

しかし、春のバス釣りは難しく、なかなか釣れないことも事実。

僕も25年以上バス釣りをやっていますが、春はブラックバスの行動を把握するのが難しいと感じています。

この記事では僕の経験を踏まえた上での春バスの行動パターンや攻略法、おすすめのルアーをご紹介していますので、ぜひご自身の釣りに取り入れてみてください。

関連 バス釣りルアーおすすめ29選【2019年版】数百万円釣りに使ってきたバス釣り歴25年目の僕が自信を持っておすすめするルアーをご紹介!

春バスの状態とは

春バスでは必ず「産卵」が絡むことを覚えておきましょう。

バスの産卵行動は「スポーニング」と呼ばれ、本能的なものなので春のバスは行動が産卵に支配されます。

地域にもよりますが、春バスは3月頃からスポーニングに向けた行動を始め、5月くらいまでを目途に終わります。

そのため季節が進むごとに行動パターンが少しずつ移り変わっていきます。

この行動パターンを把握をしておくことが、春のバス釣りを攻略するためには必要です。

春バスの基本的な行動パターンは下記の通りです。

3月

3月は「スポーニング」の初期段階となります。

この時期のバスは「プリスポーン」と呼ばれ、体力がある大型のメスバスから行動を始めます。

だいたい2月中旬ごろからバスは春を意識しだし、そのきっかけは「雨」であることが多いです。

そして3月始め頃の「大潮」を皮切りに春の傾向が強く出てきます。

春が始まるきっかけは、雨が降ることと潮周りが重要です。

季節が変わる最初の目安となるのは「雪が雨になる」タイミングです。

雨が本格的に降ると水温が一気に上がり、その水と太陽光を利用してバスは冬の間に体に付いた寄生虫を落とす行動を始めます。

4月

4月になるとバスは本格的に産卵行動を起こします。

産卵行動中のことは「ミッドスポーン」と呼ばれています。

春バスは後ろが壁になって一方向だけを守りやすい岩やコンクリート護岸の際に産卵床を作ることが多いです。

また、この時期は潮周りによって行動が変わってきます。

基本的なパターンは、潮の動きが大きくなる若潮から大潮にかけて産卵行動が活発になり、大潮終わりの中潮から長潮に掛けては体力の回復に努めるようなイメージです。

メスバスに関しては1シーズンに2~3回程度産卵をするので、この行動は5~6月くらいまで続きます。

5月

産卵が終わった個体は「アフタースポーン」や「ポストスポーン」と呼ばれ、しばらくじっと休息したのちに体力を回復するための捕食を行います。

この時期は、産卵した水深と同じ深さにあるストラクチャーにサスペンドすることが多くなります。

この時期においては、スピナーベイトやトップウォーターが抜群に効きます。

関連 5月のバス釣り攻略法!釣るための3つのコツはコレ!

春バスにおすすめのルアーとその使い方

ここでは春バス攻略におすすめのルアーをご紹介します。

使い方も解説していますので、参考にしてみてください。

3月

シャッド

3月のバスを最も釣りやすいのはシャッドです。

水が濁っていても澄んでいても、水を強く押すタイプのシャッドを使うのがおすすめです。

デュエルのハードコアシャッドのような動きの強いシャッドを使ってみてください。

関連 シャッドタックル(ロッド・リール・ライン)の選び方!おすすめシャッドプラグ3選も!

クランクベイト

マッディーウォーターで3月にデカいメスバスを狙い撃ちするならフラットサイドのクランクベイトがおすすめ。

バスが居るであろう場所を何度かトレースするのが使い方のコツです。

同じ場所を3回ほど通してバイトしてくることが多いので、参考にしてみてください。

O.S.PのHPFクランクがスローに巻けるので、春バスで使いやすいです。

関連 クランクベイトおすすめ11選!カラーの選び方や種類はこれを見れば分かる!

ジャークベイト

クリアウォーターにおいてはジャークベイトが鉄板ルアーです。

しっかりとアクションさせながらポーズを長めに取り、広範囲を釣っていくのが使い方のコツ。

3フック搭載のジャークベイトを使うと、体当たりするバイトまで掛かる確率を高められます。

関連 バス釣りミノー・ジャークベイトおすすめ9選!使い方からロッドの選び方まで詳しくチェック!

4月

クランクベイト

4月に関してもクランクベイトは効果的です。

3月と違ってフラットサイドクランクだけでなく、ファットボディやラトル入りなどをローテーションしながら釣るのがポイントです。

中でも必ず持っておきたいのがスモールクランクで、ピッチの速いタイプを持っておくと重宝します。

関連 クランクベイトの7つの使い方!ロッドやリールの選び方も!

ラバージグ

4月に手堅く、かつサイズのよいバスを狙うにはラバージグがおすすめです。

使い方のコツはリフト&フォールやボトムパンピングなどで、とにかくボトムを釣ること。

トレーラーにはシャッドテールやクロー系のものを使ってみてください。

関連 ラバージグおすすめ7選!ポイント別おすすめトレーラー4選もチェック!

ワーム

4月に使うワームはシャッドテールがおすすめ。

ラバージグと同じくボトムを釣ることを意識するとよく釣れます。

ラバージグのトレーラーとしたり、テキサスリグでリフト&フォールしたりして使ってみてください。

関連 バス釣りワームおすすめ20選【2019年版】釣れるワームはコレを見れば分かる!

5月

ワーム

5月に入ると、ストレート系ワームが効果的になります。

使い方はノーシンカー、ネコリグ、ジグヘッドワッキーをローテーションして、その日釣れるリグを見つけること。

使うワームは、5~6インチの少し大きなものを使った方が効果的です。

関連 ネコリグにおすすめのワーム5選!バスがよく釣れるライトリグを使いこなそう!

スピナーベイト

スピナーベイトも5月のバス攻略におすすめです。

浮上するタイプがよく釣れるので、ヘッドが水を受けやすく浮き上がりやすいタイプを使ってみてください。

関連 スピナーベイトおすすめ9選!トレーラーを付けるとどうなるかも解説!

トップウォーター

僕が大好きな5月の釣り方がトップウォーターです。

曇天のときにはトップウォーターが一番効率良くデカいバスを狙えます。

ゆっくり金属音を立ててバスにずっとアピールできるものが効果的なので、バド系かクローラーベイトを使ってみてください。

関連 ノイジールアーおすすめ7選!使い方のコツを知れば釣果アップ間違いなし!

春バス攻略は状況把握とルアー選びが鍵

春バスは日によって行動が変わりやすいので、まずは基本的なシーズナルパターンを知っておき、その日の状況を的確に把握することが釣果の鍵です。

使うルアーが決まっていなければ、ご紹介したものを参考にしてみてください。

また春バスではカラー選びもポイントです。

カラー選びについては、「バス釣りでのカラーの使い分け【全22色】ハードルアー・ワームそれぞれの選び方を25年以上の実績と知識で解説してみた」の記事で解説していますので、そちらも参考にしてみてください。

関連 バス釣りでのカラーの使い分け【全22色】ハードルアー・ワームそれぞれの選び方を25年以上の実績と知識で解説してみた

関連 夏のバス釣り(6月・7月・8月)攻略法!おすすめルアー・ワーム、服装はこれを準備していこう!

関連 5月のバス釣り攻略法!釣るための3つのコツはコレ!

公開日:2018年2月26日
更新日:2019年2月19日

よく読まれている記事

  1. シマノ・ダイワの2019年新製品リールイメージ画像
  2. 18ステラの画像
  3. シーバスおすすめルアーの画像
  4. バス釣りおすすめルアーの画像
  5. バス釣りカラーの分かりやすい画像

最近の記事

  1. ダイワシーバスロッドのイメージ画像
  2. ブラックバスの画像
  3. バス釣りのベイトリールの画像
  4. シーバスの画像
  5. ダイワバスロッドのイメージ画像

カテゴリー

アーカイブ

  1. 18ステラの画像

    タックル

    【シマノ・ダイワ】2018年リール情報!2019年の新製品情報はいつ頃出る?
  2. シマノ・ダイワの2019年新製品リールイメージ画像

    タックル

    シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】モデルチェンジなどの最新情報はここからチ…
  3. バス釣りおすすめルアーの画像

    バス釣り

    バス釣りルアーおすすめ29選【2019年版】数百万円釣りに使ってきたバス釣り歴2…
  4. バス釣りカラーの分かりやすい画像

    バス釣り

    バス釣りでのカラーの使い分け【全22色】ハードルアー・ワームそれぞれの選び方を2…
  5. シーバスおすすめルアーの画像

    ソルトルアー

    シーバスルアーおすすめ22選【2019年版】数百万円釣りに使った釣り歴25年の僕…
PAGE TOP