• HOME
  • 投稿
  • バス釣り
  • ネコリグにおすすめのワーム5選!バスがよく釣れるライトリグを使いこなそう!
ブラックバスの画像

ネコリグにおすすめのワーム5選!バスがよく釣れるライトリグを使いこなそう!

ネコリグはバス釣りで使うリグのひとつ。「根こそぎ釣る」が名前の由来となっていて、どんな場所でも使いやすく、そしてバスがよく釣れるリグです。

この記事ではネコリグにおすすめのワームと、作るのに必要となるアイテムをご紹介します。

書いている人のプロフィール

ルアー通を運営しているTと言います。

釣り歴27年のルアーマンです。

フィッシングカレッジ卒、釣具屋でルアー担当をしていました。

TwitterとYouTubeもよろしくお願いします。

ネコリグとは?

ネコリグの画像

ネコリグは、「根こそぎ釣る」が名前の由来となっているバス釣りのリグ。ワームに専用のシンカーを刺し込み、ワームの途中にフックを掛けてセットするのが特徴です。

ネコリグはライトリグの中でも使いやすく、飛距離もよく出るメリットがあります。

この記事ではネコリグにおすすめのワームから、必要なアイテムまでご紹介していきます。

ネコリグおすすめワーム5選

ネコリグではストレートワームを使うのが基本です。

以下にご紹介する、ネコリグおすすめワームを選ぶときの参考にしてみてください。

ZBC スワンプクローラー

ネコリグの定番ワームとなっているズームのスワンプクローラー。細長い形状で、止めていても揺らめいてバスにアピールしてくれます。

スワンプクローラーは細かいシェイクよりも、少し大きめに動かしたほうが個人的によく釣れると感じています。

ZBC フィネスワーム

フィネスワームは水を押す力が強めのワームです。特に水が濁っているときに使いやすく、シェイクすると左右にロールするようなアクションでバスを誘います。

塩が多く入っているカラーがよく釣れるので、パッケージに「SUPER SALT PLUS」と記載してあるものを選んで使ってみてください。

O.S.P ドライブクローラー

ボディの小さなリブとテールの膨らみによって、フォール中にも細かく振動してバスを誘うO.S.Pのドライブクローラー。楕円形のボディとなっているので、フックを差す方向でアクションの強弱に変化を付けることができます。

細かなシェイクで使うのも良いですが、少しボトムから跳ね上げてフォールで食わせるようにするのもおすすめです。

Dスタイル トルキーストレート

トルキーストレートは、非常に細かくアクションしてくれるのが特徴のワームです。特にテール側のアクションがよく、波打つような動きでバスにアピールできます。

ボディの4分の1ほどの場所に深めのリブが入っていて、フックを掛ける位置で姿勢やアクションを変えやすい特徴もある、おすすめのワームです。

レイドジャパン ウィップクローラー

レイドジャパンのウィップクローラーは、ストレート形状の中に多くの工夫を盛り込んだネコリグにおすすめのワーム。厳選された素材と、リブの間隔や大きさの違いにより生まれる小刻みなアクションでバスに口を使わせます。

大きなハチマキと小さなハチマキがあり、ネコリグの場合は前側の大きなハチマキにフックを掛けて使うとベストなアクションを引き出すことができます。

ネコリグに必要なアイテム

ネコリグを作るときには、「ネイルシンカー」と「マスバリ」が必要です。

以下に基本的な使い方を、おすすめアイテムとともにご紹介します。

ネイルシンカー

ネコリグ専用のオモリであるネイルシンカーは、ワームに刺しやすく、抜けにくい形状となっているのが特徴です。刺し方は、全部隠すようにしたり、少し出しておいたり、どちらでも大丈夫です。

ネイルシンカーの重さは、0.3~3.5グラムと幅広く揃えるとその日の状況に合わせやすくなりますが、まずは1.4~1.8グラム程度の重さからスタートしてみるのがおすすめです。

マスバリ

ネコリグにはマスバリをセットするのが基本となっています。最初の画像のように、ボディ全体の3分の1くらいの位置にフックを掛けるのが基本です。

フックがむき出しになっていると根掛かりしやすいので、ガード付きのマスバリから始めてみることをおすすめします。

ネコリグは使わないともったいない!

バスがよく釣れるネコリグですが、一般的に使っている人は少ない印象があります。使ってみるとライトリグでありながら使いやすく、バスもよく釣れるので、使わないのはもったいないです。

ぜひご紹介したおすすめワームを使って、ネコリグでバスを釣り上げてみてください。

関連記事一覧