• HOME
  • 投稿
  • バス釣り
  • バス用フロッグのチューニングはこの2か所だけでOK!おすすめのボンドはコレだ!
フロッグに適したボンドの画像

バス用フロッグのチューニングはこの2か所だけでOK!おすすめのボンドはコレだ!

バス釣りのカバー攻略に欠かせないフロッグ。バス用フロッグは2か所だけチューニングすることで、耐久性とフッキング率を上げることができます。

この記事ではバス用フロッグのチューニング方法とおすすめのボンドをご紹介します。

書いている人のプロフィール

釣り歴27年のルアーマン。

フィッシングカレッジ卒、釣具屋でルアー担当をしていました。

banner

バス用フロッグのチューニング

バス用フロッグは、カバーの最奥やヒシモの上などで活躍してくれるルアーです。しかし、バス用フロッグは買ったままの状態で使うと、ボディが裂けてしまったり、フッキングしづらかったりします。

そこで使う前に2か所だけチューニングして、耐久性とフッキング率を上げるようにしておくのがおすすめです。

この記事では、バス用フロッグのチューニング方法と、おすすめのボンドをご紹介します。

バス用フロッグのチューニング箇所

フロッグの画像

フロッグの画像

バス用フロッグでチューニングするのは、ラインアイ周辺とお腹の中にあるダブルフックの2か所です。どちらも糸で巻いたうえで、ボンドを垂らし補強します。

ラインアイ部分のチューニングは、ボディが後方にずれないようにし、かつ裂けないようにするため、ダブルフックに関しては、力が逃げないようにしてフッキング率を高めるために固定します。

糸は釣り用のものでなく百均などにあるナイロン糸で十分ですが、糸を巻き付ける際のボビンホルダーはひとつ用意しておくのがおすすめです。

バス用フロッグのチューニングにおすすめのボンド

フロッグのチューニング用ボンドと言えばコレと言い切れるのが、「パンドー」というウレタン系のボンド。耐水性があり、ある程度の軟らかさを残しつつも、強力な接着が可能です。

釣具メーカーからもフロッグ用ボンドは市販されていますが、容量に対して非常に高価となっているのが現状なので、容量が多く価格も安いパンドーをおすすめします。

簡単チューニングでバス用フロッグが使いやすくなる!

バス用フロッグにはご紹介した以外にも、スカートチューンやブレードチューン、ウエイトチューンなどがあります。そのいずれよりも前に必須となるのが、今回ご紹介した2か所のチューニングです。

簡単ですぐにできるチューニングなので、バス用フロッグを買ったときにはぜひやってみてください。

関連記事一覧