ラバージグで釣れたバスの画像

ラバージグおすすめ7選!ポイント別おすすめトレーラー4選もチェック!

ラバージグはバス釣り専用ともいえるルアーのひとつ。

さまざまなヘッド形状があり、ポイントによって使い分けることで釣果を得やすくなります。

この記事ではおすすめラバージグ7選とポイント別おすすめトレーラー4選をご紹介します。

banner

ラバージグとは

ラバージグは、オモリがついたフックに細いラバーを巻きつけてあるバス釣り用のルアーです。

水中でラバーが広がったり、しぼんだりすることによってラバージグはバスを誘って食いつかせます。

ラバーはポーズを入れていたとしてもわずかな水流でゆらめき、低活性のバスにも非常に効果的です。

この記事ではおすすめラバージグと、ポイント別おすすめトレーラーをご紹介します。

関連 バス釣りルアーおすすめ28選|数百万円釣りに使ってきたバス釣り歴26年目の僕が自信を持っておすすめするルアーをご紹介!

ラバージグおすすめ7選

ラバージグはヘッド形状によって、「アーキヘッドタイプ」「ラウンドヘッドタイプ」「フットボールタイプ」の3タイプに分けられます。

それぞれ得意とするポイントや状況があり、使い分けをしていくことが大事です。

以下にタイプごとの特徴とおすすめ品をご紹介していきます。

アーキーヘッドタイプのラバージグ

三角形に近いヘッド形状をしたラバージグを「アーキーヘッドタイプ」と呼びます。

アーキヘッドタイプではほとんどの製品に「ブラシガード」が付いていて、すり抜けやすいヘッド形状と相まってカバーに撃ち込んでも引っかかりにくい特徴を持っています。

水中に横たわった倒木を狙ったり、アシ際を釣ったりしていくときにアーキヘッドタイプはおすすめです。

O.S.P オーエスピージグ ゼロワン

オーエスピージグ ゼロワンは、アーキヘッドタイプの中でも特に引っかかりにくいラバージグです。

ラインアイが横向きになっているのでカバーを乗り越えやすく、かつフッキングするときには少ない力でバスの口に掛かるのが特徴となっています。

カバー撃ちをするときに欠かせないのがオーエスピージグ ゼロワンです。

関連 O.S.Pジグゼロワンのインプレ!おすすめのトレーラーや使い方のコツとは?

がまかつ タイプアーキー26

がまかつのタイプアーキー26は、極細のファインラバーが巻いてあるアーキヘッドタイプのラバージグ。

止めているだけでもラバーがしっかり動くのがわかるほど、水流に対して素直に動くのが特徴です。

2個セットになっているのでコストパフォーマンスも高いおすすめのラバージグとなっています。

関連 がまかつ ラバージグタイプアーキー26のインプレ!トレーラーは何がおすすめ?

ラウンドヘッドタイプのラバージグ

丸いヘッド形状をしたラバージグは「ラウンドヘッドタイプ」と呼ばれています。

ラウンドヘッドタイプの特徴は、ポイントや状況を選ばず使いやすいことで、アクションもいろんなものを試していくことができます。

カバーと障害物がない場所が混在するポイントを素早くサーチしていくには、ラウンドヘッドタイプがおすすめです。

O.S.P オーエスピージグ ゼロスリー ハンツ

オーエスピージグ ゼロスリー ハンツは、ラウンドヘッドとフットボールの中間的なヘッド形状をしたラバージグです。

ガード付きで引っかかりにくく、カバーからオープンウォーターまで対応していける使いやすいラバージグとなっています。

関連 O.S.Pジグゼロスリーハンツのトレーラーは何がいい?使い方やおすすめカラーもご紹介!

エバーグリーン CCラウンド ウィードレス

コンパクトなサイズ感が特徴のCCラウンドウィードレス。

釣り人が多くプレッシャーが高い場所で活躍してくれることが多く、小型のトレーラーをセットして使ってみるのがおすすめです。

フットボールタイプのラバージグ

「フットボールタイプ」は、ラグビーで使われるボールの形をしたヘッドが特徴的なラバージグ。

フットボールタイプのラバージグは姿勢の安定性が高い特徴を持っていて、スイミングアクションやボトムパンピングで使いやすいです。

トレーラーにシャッドテールワームをセットして使うことも多く、この組み合わせは「スコーンリグ」と呼ばれていて実績が高いものとなっています。

エバーグリーン フットボールジグ

エバーグリーンのフットボールジグは、絶妙なサイズと線径を持つフックで抜群のフッキング率を誇ります。

障害物が少ないオープンな場所で、スイミングやボトムパンピングで使うのがおすすめです。

組み合わせるトレーラーは、シャッドテールワームが最適です。

エバーグリーン モード リアクションフットボール

横アイ・ロングシャンクのフックでバスの口にしっかりとフッキングすることができるリアクションフットボール。

トレーラーをしっかりホールドするキーパーによって、激しいアクションで誘いを入れても大丈夫です。

トレーラーにはシャッドテールワームを中心に、強い波動を出せるものをセットして使うのがおすすめです。

ティムコ PDL キャリラバTG

日本のフットボールラバージグの元祖であるキャリラバ。

そのタングステンヘッド仕様がキャリラバTGです。

ショートシャンクのフックは掛かりがよく、小さめのトレーラーをセットしてもアクションを妨げないのが特徴です。

シリコンラバーを使ってあり、さまざまなカラーラインナップがあるのも魅力のラバージグとなっています。

関連 バス釣りでのカラーの使い分け【全25色】ハードルアー・ワームそれぞれの選び方を25年以上の実績と知識で解説してみた

ポイント別おすすめラバージグトレーラー4選

ラバージグは単体で使ってもほとんど釣れることはありません。

そのため、トレーラーにワームやポークをセットして使います。

トレーラーは狙うポイントや状況によって使い分けると釣果を伸ばしやすくなります。

以下にポイント別おすすめトレーラーをご紹介していきます。

カバー撃ちの場合

倒木やアシ際などのカバー撃ちでは、バスにラバージグの存在を気付かせる必要があります。

そのため波動を強く出せるアピール力の強いトレーラーを使ってみてください。

ZBCのウルトラバイブスピードクローはカバー撃ちで使うのに最適で、トーナメントのような厳しい状況であっても実績が高いおすすめのトレーラーです。

関連 ウルトラバイブスピードクローのインプレ!おすすめカラーや使い方のポイントを紹介!

ボトムを狙う場合

ボトムでラバージグを使うときには、ザリガニやエビをイメージしながら使うのが効果的。

クローワームをメインにして、ボトムパンピングやリフト&フォールといったアクションで使っていきましょう。

ツメや触覚など複数のパーツによるアクションが魅力のドライブクローが、ボトム狙いにはおすすめです。

スイミングで使う場合

ラバージグを巻いたり、ロッドで引っ張ったりしながら使うスイミングでは、テールがアクションするトレーラーを使ってみてください。

スイミングではグラブやシャッドテールが定番となっています。

塩入りの素材で飛距離も出しやすくなるゲーリーヤマモトの4インチグラブは、スイミングで使いやすいおすすめのトレーラーです。

関連 4インチグラブのフックサイズやリグは何がいい?使い方やインプレ、おすすめカラー厳選7種類をご紹介!

リアクションバイト狙いの場合

急激な水温低下や、休日で釣り人が多いハイプレッシャーな状況ではリアクションバイトを狙わないと釣れないことも多々あります。

リアクションバイト狙いのときにはフォーリングが基本となり、テールが勝手にアクションするシャッドテールワームがおすすめです。

特にサワムラのワンナップシャッドは、リアクションバイトを狙いやすく、スイミングでも使える使い勝手の良いトレーラーです。

関連 ワンナップシャッドのインプレ紹介!おすすめカラーや使い方、デメリットまで徹底解説!

ラバージグでどんな状況も攻略しよう!

ラバージグは季節も状況も問わず使っていける汎用性の高いルアーのひとつです。

デカバスがヒットしやすいことも釣り人の間では有名なので、ぜひ使ってもらえればと思います。

ご紹介したおすすめのラバージグとトレーラーを参考に、バス釣りをより楽しんでみてください。

関連 バス釣りルアーおすすめ28選|数百万円釣りに使ってきたバス釣り歴26年目の僕が自信を持っておすすめするルアーをご紹介!

関連 バス釣りでのカラーの使い分け【全25色】ハードルアー・ワームそれぞれの選び方を25年以上の実績と知識で解説してみた

関連 バス釣りワームおすすめ19選|釣れるワームはコレを見ればわかる!

公開日:2018年2月9日
更新日:2018年9月15日

この記事が役に立ったら
いいね!お願いします

Twitterで

関連記事一覧