• HOME
  • 投稿
  • バス釣り
  • ヤマセンコーの使い方は多彩!全17サイズをさまざまなリグで使いこなそう!
ヤマセンコーの画像

ヤマセンコーの使い方は多彩!全17サイズをさまざまなリグで使いこなそう!

ヤマセンコーは、一時期誰もが投げていたと言われるほど流行したワームです。現在でも高い実釣性能を持ち、さまざまな使い方ができることで人気となっています。

この記事では、ヤマセンコーの使い方や、全17サイズのラインナップをご紹介します。

書いている人のプロフィール

ルアー通を運営しているTと言います。

釣り歴27年のルアーマンです。

フィッシングカレッジ卒、釣具屋でルアー担当をしていました。

Twitter、YouTubeもよろしくお願いします。

banner

ヤマセンコーとは

ヤマセンコーの画像

ヤマセンコーは、ゲーリーヤマモトから発売されているファットボディのワームです。スティックベイト系ワームに分類されていて、単体で使っても十分な飛距離を出すことが可能となっています。

特にフォール中のアクションが秀逸で、ブルブルと震えながら沈んでいく姿はそれだけでバスを誘ってバイトに導いてくれます。ラインナップが多く、多彩な使い方ができる使い勝手の良いワームです。

ヤマセンコーのリグと使い方

ヤマセンコーは、さまざまなリグで使用することが可能です。

ここではヤマセンコーに適したリグと使い方をご紹介します。

ノーシンカーリグ

ヤマセンコーの使い方で最もスタンダードなのが、ノーシンカーリグでの使用です。オフセットフックをヘッド側から、ワームが曲がらないようにセットして使ってみてください。

ノーシンカーリグでは、投げてフリーフォールでバイトを取っていくか、トゥイッチを加えてダートアクションでバスのリアクションを誘っていくといった使い方がおすすめです。

ワッキーリグ

ワッキーリグは、ノーシンカーリグにはない操作感と細かな波動でアピールできるのが特徴。シェイクで小さな波動を連続して出しながら使うのが基本で、フックはボディの半分程度に掛けて使ってみてください。

ヤマセンコーのワッキーリグは飛距離が出しやすく、警戒心の高い見えバス攻略にもおすすめです。

ジグヘッドワッキー

ワッキーリグをジグヘッドで行うジグヘッドワッキーは、僕個人としてヤマセンコーの使い方で一番良いと感じているリグです。ジグヘッドのウェイトが上下することと、ヤマセンコー特有のアクションへの反動によって、とても速いピッチで振動を出しつつも、移動距離は非常に抑えられているアクションを出すことが可能となっています。

通常のワッキーリグでは操作感がわかりにくく、使いにくいといった方にもおすすめです。

ネコリグ

4インチ以上のサイズではネコリグもおすすめ。

ネコリグで多用されるストレートワームより強い波動を出せるので、マッディーウォーターやバスの活性が低いときに使ってみるとよく釣れます。

テキサスリグ

ヤマセンコーは、テキサスリグとの相性も抜群に良いです。パーツがないストレートボディのモデルはほかのワームでは入りきれないカバーの隙間にも入れやすく、スイムセンコーではロールアクションを活かして広範囲をチェックすることができます。

シンカーはできるだけ軽いものを使って、ナチュラルなアクションを演出するのがポイントです。

ヤマセンコーのラインナップ

ヤマセンコーのサイズ・ランナップは非常に多いです。ソルトウォーター用モデルやセンコーとだけ名前に付いているもの、さらにはセンコーの名前が入っていないものまでヤマセンコーに分類されています。

ここではヤマセンコーのラインナップを一挙にご紹介します。

2インチヤマセンコー

2インチヤマセンコーは、ラインナップ中で最も小さなサイズ。釣り人が多かったり、冬の低活性時期に活躍してくれるモデルです。

小さいながらボリュームはあるので、意外にデカいバスまで食ってきます。

2インチヤマセンコーSW

ヤマセンコーのラインナップで唯一のソルトウォーターモデルである、2インチヤマセンコーSW。

大型のメバルやアジ、小型のシーバス狙いで使ってみてください。

3インチヤマセンコー

3インチヤマセンコーは、スピニングタックルで使いやすいサイズ感のモデル。

ベイトフィッシュのサイズや、アピールの強さをほかのサイズと使い分けしやすいのが特徴です。

3インチファットヤマセンコー

3インチヤマセンコーをさらに太くした3インチファットヤマセンコー。ノーマルの3インチと比べると、振動が小さく速くなっているのが特徴です。

3インチヤマセンコーのサイズ感をそのままに、もっと飛距離を出したいときにもおすすめです。

4インチヤマセンコー

4インチヤマセンコーは、ヤマセンコーシリーズで最も人気のサイズ。一時期バス釣りをしている誰もがこのワームを投げていたとも言われた、一大ムーブメントを巻き起こしたワームです。

リグも使い方も幅広い、よく釣れるワームです。

4インチスリムヤマセンコー

4インチヤマセンコーを少し細くしたのが、4インチスリムヤマセンコーです。

ワッキーリグやネコリグのような、シェイク中心で使うリグに適しています。

5インチヤマセンコー

5インチヤマセンコーは、ベイトタックルであっても十分に使える重さを持っているモデルです。

4インチヤマセンコーと比べるとアクション幅が大きく、特にダートアクションで広範囲を探るのに適しています。

5インチスリムヤマセンコー

5インチスリムヤマセンコーは、4インチスリムヤマセンコーと同じような使い方がおすすめのワーム。

少しワイドでゆっくりとしたアクションを、活性によって使い分ければ釣果アップ間違いなしです。

5インチプロセンコー

5インチスリムヤマセンコーをさらにネコリグでの使用に傾けて設計したモデルが、5インチプロセンコーです。

ヘッドは太目でストレート、テールは急角度で細くなっているのが特徴となっています。

6インチヤマセンコー

6インチヤマセンコーは、存在感で強いアピールを誇るモデル。

ベイトタックルで遠投して使うのに最適です。

6.75インチプロセンコー

6.75インチプロセンコーは、細長いボディで、ほかのヤマセンコーとは違った波動でバスにアピールできるようになっています。

ノーマルボディのヤマセンコーと波動の強さを使い分けると、反応が違うタイプのバスを引き出しやすいです。

7インチヤマセンコー

ヤマセンコーのラインナップで最大サイズとなる7インチヤマセンコー。7インチヤマセンコーは、ノーシンカーでの使用がメインとなります。

デカバスだけを狙いたい方におすすめのモデルです。

4インチスイムセンコー

4インチスイムセンコーは、ヤマセンコーのボディにキックテールをセットしたワームです。スイミングへの対応力を増加させてあり、テキサスリグで広範囲を探るのに使いやすくなっています。

野池や河川、湖まで場所を問わず使っていくことができるサイズ感も魅力です。

4.5インチスイムセンコー

スイムセンコーのラインナップで中間サイズとなる4.5インチスイムセンコー。

少し太めに設計されたボディで、より強い波動を生み出してくれます。

5インチスイムセンコー

5インチスイムセンコーは、アメリカのトーナメントで上位入賞に貢献したこともあるシークレットベイト。

テールが生み出す強い波動が広範囲のバスにアピールし、素早いチェックを可能としてくれます。

4.5インチフラスイマー

スイムセンコーのヘッドにフラスカートが装着された4.5インチフラスイマー。センコーの名前が入っていませんが、こちらもヤマセンコーシリーズとして分類されています。

基本的にテキサスリグでの使用がおすすめです。

エコ5インチプロセンコー

エコ5インチプロセンコーは、5インチプロセンコーのエコタックル仕様モデル。

一般的に使用されることは正直少ないですが、こういうモデルもあることを知っておきましょう。

ヤマセンコーはハマると爆釣も?!

ヤマセンコーシリーズを使っていると、状況にハマったときの爆発力がほかのワームより凄いと感じることが多々あります。ゲーリーヤマモトの塩入り素材とヤマセンコーの形状は、相性抜群のようです。

いろんなラインナップの中から、ご自身で気になったものをぜひ使ってみてください。

関連記事一覧