グラスロッドで釣れたバスの画像

バス釣り

グラスロッドおすすめ3選!メリットやカーボンとの違いはこれを見れば分かる!

グラスロッドはバス釣りの巻き物に欠かすことができないロッドです。

クランクベイトをはじめとしたルアーで釣果を伸ばすのに大きく役立ってくれます。

この記事ではグラスロッドがどんなものなのか、そのメリットやカーボンとの違い、おすすめ品までご紹介します。

グラスロッドとは

グラスロッドとカーボンロッドが並んでいる画像
グラスロッドは、主にグラスファイバー(ガラスの長繊維)と樹脂で作られているロッドのことです。

今ではカーボンで作られたロッドが多いですが、1970年代から80年代にかけてはグラスロッドが主流でした。

そんなグラスロッドですが、今でもクランクベイトをはじめとするバス釣りの「巻き物」で重宝されています。

僕自身も長年グラスロッドを取り入れてバス釣りをしていますが、そのメリットによる釣果アップが大きく図れていると感じています。

この記事ではグラスロッドのメリットやカーボンとの違い、おすすめ品をまとめてご紹介します。

関連 バス釣りルアーおすすめ29選【2018年最新版】数百万円釣りに使ってきたバス釣り歴25年目の僕が自信を持っておすすめするルアーをご紹介!

グラスロッドのメリットとカーボンロッドとの違い

ここではカーボンロッドとの違いを含め、グラスロッドのメリットをご紹介していきます。

グラスロッドのメリットを知って活かし、カーボンロッドとの違いを理解すると釣果アップしやすくなるので参考にしてみてください。

メリットその1.バイトを弾きにくい

グラスロッドで釣ったバスの画像
グラスロッドのメリットで大きいのが、バスのバイトを弾きにくいこと。

カーボンロッドだとバスの活性が低く、ルアーに体当たりするようなバイトは弾いてしまいがちですが、グラスロッドであればそのような場合もフッキングへと持ち込みやすいです。

低水温やプレッシャーが高い状況では、グラスロッドのメリットが活きて釣果につながってくれます。

メリットその2.掛かってからバレにくい

グラスロッドで釣ったバスの画像
グラスロッドには、高い追従性があります。

追従性とは、バスの動きに対して柔軟に曲がってくれることを言います。

バスが暴れたり、ジャンプしたりしたときであっても、グラスロッドであればその動きに追従するのでフックが外れにくいです。

また、グラスロッドはカーボンロッドのように「スパイン」というネジレが発生する要因を持たないので、どの方向にも素直に曲がります。

素直にどの方向へと曲がることもバレにくさの理由です。

メリットその3.ラインブレイクしにくい

グラスロッドで釣ったバスの画像
しなやかで素直に追従するグラスロッドは、ラインブレイクしにくい特徴も持っています。

突然バスが強く引いたとしても、クッション性を発揮してくれるのでラインブレイクしにくいです。

さらに、障害物にラインが擦れたときも1か所に負荷が集中しなくなるのでラインブレイクしにくくなります。

関連 クランクベイトおすすめ11選!カラーの選び方や種類はこれを見れば分かる!

グラスロッドの種類

グラスロッドは、細かく分けると「ピュアグラス」と「グラスコンポジット」の2種類があります。

下記にそれぞれの特徴をご紹介します。

ピュアグラス

ピュアグラスとは、グラスファイバーと樹脂だけで構成されているものを指します。

現在では製品数が非常に少ないですが、フッキング率の高さやバレにくさは、ほかのどのロッド素材よりも性能が高いです。

グラスコンポジット

グラスコンポジットは、グラスファイバーとカーボン繊維を組み合わせて作ってあるロッドです。

グラスロッドが持つフッキング率の高さやバレにくさと、カーボンが持つ軽量感や感度をバランスよく取り入れてあります。

現在ではピュアグラスよりもグラスコンポジットロッドのほうが製品数は多いです。

関連 バスロッドおすすめ19選!【2018年最新版】選び方の5つのポイントから人気メーカーのおすすめ品まで一挙紹介!

グラスロッドおすすめ3選

ここでは各メーカーのおすすめグラスロッドを3つご紹介します。

シマノ 17 エクスプライド 170M-G

エクスプライド 170M-Gは、25グラムまでのルアーに対応している汎用性が高いグラスコンポジットロッドです。

グラスの外層を「ハイパワーX」で締め上げてあり、パワーを向上させてあるのが特徴となっています。

価格も比較的リーズナブルなので、始めて使うグラスロッドとしておすすめです。

エバーグリーン ヘラクレス HCSC-73HG レパード

レパードはハイパワー・ロングレングスのグラスコンポジットロッド。

ピュアグラスのバット部分のみを4軸カーボンで補強することで追従性の素直さを残しつつ、キャストやファイト時のリフトパワーを向上させてあるモデルです。

ディープクランクやヘビーバイブレーションの釣り、陸っぱりからのロングキャストに向いているロッドとなっています。

レジットデザイン WILD SIDE WSC G66ML

WILD SIDE WSC G66MLは、現在では数少ないピュアグラス製のロッドです。

比較的短い距離を手返し良く打っていく釣りや、10グラム以下の軽量なルアーを使うのに向いています。

シャロークランクや小型スピナーベイトを使おうと考えている方におすすめです。

関連 バスロッドおすすめ19選!【2018年最新版】選び方の5つのポイントから人気メーカーのおすすめ品まで一挙紹介!

グラスロッドを使えば釣果アップにつながる!

僕自身グラスロッドを使い始めて10年以上が経ちました。

グラスロッドが無くなったら、クランクベイトをはじめとする巻き物で釣れるバスは一気に減るだろうと、皮一枚でフッキングして取り込めたバスを見るたびに感じます。

ぜひこの記事でご紹介したグラスロッドで、巻き物の釣りを楽しんでみてください。

関連 クランクベイトおすすめ11選!カラーの選び方や種類はこれを見れば分かる!

関連 クランクベイトにおすすめのライン3選!太さの選び方、PEラインってどうなの?

関連 バス釣りルアーおすすめ29選【2018年最新版】数百万円釣りに使ってきたバス釣り歴25年目の僕が自信を持っておすすめするルアーをご紹介!

公開日:2018年4月12日
更新日:2018年12月7日

よく読まれている記事

  1. シーバスおすすめルアーの画像
  2. シマノ・ダイワの2019年新製品リールイメージ画像
  3. 18ステラの画像
  4. バス釣りおすすめルアーの画像
  5. バス釣りカラーの分かりやすい画像

最近の記事

  1. シーバスおすすめルアーの画像
  2. さまざまなカラーのシーバスルアーが並んだ画像
  3. グラスロッドで釣れたバスの画像
  4. シーバスビッグベイトの画像
  5. シマノ・ダイワの2019年新製品リールイメージ画像

カテゴリー

アーカイブ

  1. シマノ・ダイワの2019年新製品リールイメージ画像

    タックル

    シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】モデルチェンジなどの最新情報はここからチ…
  2. バス釣りカラーの分かりやすい画像

    バス釣り

    バス釣りでのカラーの使い分け【全22色】ハードルアー・ワームそれぞれの選び方を2…
  3. バス釣りおすすめルアーの画像

    バス釣り

    バス釣りルアーおすすめ29選【2018年最新版】数百万円釣りに使ってきたバス釣り…
  4. 18ステラの画像

    タックル

    【シマノ・ダイワ】2018年リール情報!2019年の新製品情報はいつ頃出る?
  5. シーバスおすすめルアーの画像

    ソルトルアー

    シーバスルアーおすすめ26選【2018年最新版】数百万円釣りに使った釣り歴25年…
PAGE TOP