カレイの画像

カレイはルアーでも釣れる!狙うポイントやおすすめルアー、タックルはどんなものがいい?

投げ釣りのターゲットとして人気のカレイ。

実はこのカレイ、エサだけでなくルアーで釣ることもできます。

しかし、カレイをルアーで狙ったことがある方は少ないでしょう。

この記事ではカレイのルアー釣りについて狙うポイントやおすすめのタックルをご紹介しています。

アイキャッチ画像出典:photoAC

banner
2020年新製品リール情報はこちら

カレイのルアー釣り

投げ釣りで狙われることが多いカレイですが、実はルアーで狙うこともできます。

基本的にルアーで釣りやすいのは「イシガレイ」という種類のカレイで、ルアーで狙っている人は少ないですが、使うルアーセレクトや誘い方が奥深く面白い釣りです。

今回はそんなカレイのルアー釣りをご紹介します。

関連 海の魚がよく釣れるルアーおすすめ5選|これを持っておけば間違いなし!

カレイ狙いのルアーと仕掛け

カレイをルアーで狙うときにはワームが基本です。

ゆっくりとしたスピードでもアピール可能なものを使ってみてください。

使う仕掛けは、テキサスリグやキャロライナリグがおすすめ。

テキサスリグやキャロライナリグを使う理由としては、オモリの重さを変えることで広範囲を探ったり、カレイの活性に合わせて食い込みをよくしたりといったことが可能となり、カレイが釣れる確率を高めることができるからです。

ルアーでのカレイの誘い方とフッキング

カレイは底に潜んでいるので、ズル引きやリフト&フォールといった誘い方が効果的となります。

ズル引きではルアーで砂煙を上げながら引いてきて、たまにポーズを入れて、カレイが食いつくタイミングを与えるようにしてやってみてください。

リフト&フォールでは、ルアーをカレイに見つけてもらうようにしながらリフトさせ、フォールさせてからは少しポーズを長めに取り、追ってくるまでの時間を取りつつ誘うのがポイントです。

アタリは止めているときに細かく伝わってくるので、しばらく食い込ませてからフッキングするのがコツです。

早アワセはすっぽ抜ける原因となるので注意してください。

カレイにおすすめのルアー

カレイにおすすめのルアーは、ずばり「匂いが強いワーム」です。

カレイはエサで狙うときも、アオイソメより匂いが強い本虫やユムシが効果的となることが多く、匂いに好反応を見せることが多い魚です。

ここではカレイ釣りにおすすめのルアーをご紹介します。

バークレイ ガルプ! サンドワーム

匂いが強いワームの代表と言えるガルプシリーズ。

その中でゴカイを模してあるのがサンドワームです。

カレイのルアー釣りにおいては、ゆっくりズル引きして使ってみるとよいです。

バークレイ ガルプ! パルスワーム

パルスワームは、ボディにあるリブとテールが特徴的なワームです。

先にご紹介したサンドワームと同じく、とても匂いが強いワームとなっています。

カラーラインナップが豊富なのもこのワームの魅力で、カレイのルアー釣りにおいては目立ちやすいチャート系のカラーがおすすめです。

エコギア 熟成アクア 活アジストレート

従来のエコギアアクアの製法をさらに追及し、釣果アップを図ったのがエコギア熟成アクアシリーズです。

このシリーズにおいては、活アジストレートがカレイ狙いに最適な形状をしています。

アジ用として販売されていますが、ズル引きしていても反応がよい細いボディはカレイにも効果的です。

エコギア 熟成アクア ミルフル

ミルフルは、テールのアピールが強めのカーリーテールワーム。

リフト&フォールで少しスイミングさせつつ使うのがおすすめです。

アピールを変えたいと思ったときはテールを切ってみるのもよく、先端を切るとパタパタとしたアクションに変えることもできるので試してみてください。

エコギア 熟成アクア リングマックス

リングマックスは複合アピールでカレイを誘ってくれるワームです。

ストレートに近いヘッド、水をよく掴む深いリブと太いボディ、水流を受けてアクションするテールは、ほかのワーム以上のアピールでカレイを誘ってくれます。

ポーズを入れたときでもゆっくりと動き続けてくれるのが、このワームの特徴でもあります。

カレイ狙いのルアータックル

ルアーでカレイを狙うときにはシーバスタックルを流用してみてください。

できるだけ遠くまで投げられるタックルを使うのがポイントです。

以下にカレイ狙いのルアータックルの目安をご紹介します。

ロッド

カレイ狙いで使うロッドは、9フィート6インチ前後のシーバスロッドが使いやすいです。

ラインを傷めづらいSiCガイドを搭載したモデルがおすすめです。

関連 ダイワのおすすめシーバスロッド17選!購入時に知っておきたい2つの注意点とは?

リール

カレイのルアー釣りでのリールは、ロッドとのバランスを考えて2500番から3000番のスピニングリールがおすすめ。

トラブルを起こしにくい、1~2万円クラスのスピニングリールを使っておくのがよいと思います。

関連 シーバスリールおすすめ5選【2019年版】個人の経験をもとにした番手(サイズ)選びも解説!

ライン

カレイのルアー釣りでは、飛距離が釣果を分けるポイントにもなります。

そのため、遠投ができるPEラインを使ってみてください。

シーバスで使うような1号前後のもので強度は十分です。

関連 シーバスで使うPEはこの9製品がおすすめ!ラインの太さは何号がオールマイティに使える?

リーダー

リーダーに関しては、シーバスで使うような16ポンドから20ポンドくらいの太さを使っておくほうがよいです。

あまり細いリーダーだと、フッキングしたときにシンカーとノット部分がぶつかり、ラインブレイクすることがありますので注意してください。

関連 シーバスリーダーおすすめ8選!長さや太さの目安、結び方までコレを読めば全部わかる!

シンカー

シンカーはバレットシンカーや丸玉オモリを使ってみましょう。

重さは7グラム程度から30グラム程度までを、いくつか持っておくといいと思います。

フック

カレイは口が小さく、使うワームも小さいのでフックも小さめがおすすめです。

適度な軸の太さがあるオフセットフックを使ってみてください。

カレイを狙うポイント

カレイを狙うポイントは、底が砂地であることが絶対条件となります。

底が砂地であれば砂浜からでも防波堤からでも狙うことができます。

また水深は、風が吹いても底荒れしないような3メートル以上の深さがある場所がよいです。

さらに岩場がところどころにあったり、船の通り道が近くにあったりする場所だとなおよい1級ポイントとなります。

ルアー釣りで釣れるカレイは大物が多い!

カレイの画像
出典:photoAC

エサ釣りでは小型のカレイやフグなどのエサ取りが釣れることも多いですが、ルアーにヒットしてくるカレイは大きなサイズが多いです。

カレイの投げ釣りで有名なポイントがあれば、その場所でルアーでも釣れるはずです。

ちょっと珍しい釣りかもしれませんが、シーバスタックルを流用して釣りができるので、ぜひ一度チャレンジしてみてはいかかでしょうか。

関連 シーバスルアーおすすめ19選|数百万円釣りに使った釣り歴26年目の僕が釣れる一軍シーバスルアーをご紹介!

関連 シーバスリールおすすめ5選【2019年版】個人の経験をもとにした番手(サイズ)選びも解説!

関連 海の魚がよく釣れるルアーおすすめ5選|これを持っておけば間違いなし!

公開日:2018年3月2日
更新日:2018年9月4日

この記事が役に立ったら
いいね!お願いします

Twitterで

関連記事一覧