ハゼクランクで釣れたハゼの画像

ソルトルアー

ハゼクランクおすすめ10選!カラー選びのポイントもコレを見れば分かる!

ハゼクランクは、近場で手軽に楽しめるルアー釣りの一つ。

ライトタックルを流用して、ハゼクランクがあればやってみることができます。

この記事ではハゼクランクのおすすめ品やカラー選びのポイントをご紹介します。

ハゼクランクとは?

ハゼクランクで釣れたハゼの画像
ハゼクランクとは、クランクベイトを使ってハゼを狙う釣り方のこと。

一般的に餌で狙うイメージの強いハゼですが、クランクベイトにも果敢にアタックしてきて、水が澄んだ場所ではルアーを追ってくる姿もよく見られます。

やってみると意外なほどアグレッシブにハゼがクランクベイトを追ってくる姿は、ほかのルアー釣りとはまた一味違った楽しみがあります。

バス釣りやシーバス、アジングなどをやっている方は、ハゼクランクも楽しめることでしょう。

この記事ではハゼクランクのおすすめ品やカラー選びに関する情報をご紹介します。

関連 ハゼクランクで釣れないときに試したい5つのコツ!沈まないときの対処法も!

ハゼクランクの選び方

ハゼクランクでは、ボトムを叩きながらクランクベイトを引っ張ってくる必要があります。

そのため水深1.5~2メートルほど潜るディープタイプのクランクベイトがおすすめです。

また、ラトルが入っていて音が鳴るほうがハゼに強くアピールでき、現在ではハゼクランクの多くがラトル入り仕様となっています。

さらに、クランクベイトのタイプを使い分けることで釣果を伸ばしやすくなりますので、その詳細を下記にご紹介していきます。

ファットタイプのおすすめハゼクランク

最もスタンダードなハゼクランクがファットタイプ。

丸っこいボディは浮力があり、大きく動くので強くハゼにアピールすることができます。

初めてハゼクランクに挑戦する人や、水が濁っているときにおすすめです。

ラッキークラフト ディープクラピーSFT Bell

適度なアクションと音でハゼにアピールできるラッキークラフトのディープクラピーSFT Bell。

巻いたときの振動が手元に伝わってきやすく、とても使いやすいハゼクランクです。

ハゼクランクを始めるなら、まずはこのルアーからスタートすることをおすすめします。

ラッキークラフト ファットタイニーD5 Bell

ファットタイニーD5 Bellは浮力が強く、アクションが大きいのが特徴です。

水が濁っている場合や、大型のハゼだけを選んで釣りたいときに使ってみるのがおすすめです。

ダイワ ハゼクランク

ダイワのハゼクランクは、浮力を抑えスローフローティング仕様となっています。

底をゆっくりと引けるので、ハゼの追い方がスローなときに使いやすいです。

メガバス ピークス ハゼチューンSP

メガバスのピークス ハゼチューンSPは、根掛かり回避能力がとても高いハゼクランク。

先端にバンパーを設けたオリジナルリップ形状によって、根掛かりしにくくなっているのが特徴です。

大型のハゼは岩やテトラの隙間に潜んでいることが多いので、そのような場所を狙うときにおすすめのクランクベイトです。

ムカイ エドハゼ ディープスペックFF

ボディに対して長めのリップが特徴のエドハゼ ディープスペックFFは、ほかのハゼクランクとはちょっと違ったアクションをするのが特徴です。

底でつんのめったり、左右に暴れながらアクションする特徴があり、スレたハゼであっても反応しやすいです。

先に釣りをしている人がいたり、ほかのハゼクランクを投げたりした後でもヒットを稼げるおすすめ品となっています。

マリア ポケッツ ディープクランク F38DR

マリアのポケッツ ディープクランク ハゼSPは、グラスラトルによる高音のアピールが特徴のハゼクランクです。

水が強く濁っているときや、ハゼがどこに居るか分かっていないときに活躍してくれます。

スリムタイプのおすすめハゼクランク

水が澄んでいるときや潮が止まっているようなときには、スリムタイプのハゼクランクがおすすめです。

ゆっくり大きなアクションが特徴で、ファットタイプとローテーションしながら使うと効果的となっています。

スリムタイプのおすすめハゼクランクは下記のとおりです。

FCT アンフェア35F BELL

アンフェア35F BELLは、ラッキークラフトとファイブコアがコラボした細身のハゼクランク。

身をくねらすようなアクションが特徴で、ファットタイプのハゼクランクとローテーションして使うのが効果的です。

ラッキークラフト エアー ブロー Bell

エアー ブロー Bellは、ローテーション目的で持っておくと重宝するハゼクランク。

スリムタイプながらウォブルが強めとなっているのが特徴です。

ファットタイプのクランクベイトでは喰わなかったハゼもバイトさせやすいです。

スモールサイズのおすすめハゼクランク

ハゼのサイズが小さなときや、喰いが悪いという場合には、スモールサイズのハゼクランクを使ってみてください。

通常のサイズで反応が無いときに、サイズダウンすることによってハゼの反応が変わることも少なくありません。

使い方は通常のハゼクランクと同じで、ボトムを叩く感じで使っていけば大丈夫です。

ラッキークラフト マイクロクラピーDR Bell

マイクロクラピーDR Bellは、ディープクラピーのサイズダウンバージョン。

フックはテールフックのみとなっているため、根掛かり回避能力が高めです。

ハゼのサイズが小さいシーズン初期や、喰いが悪いときに持っておくと重宝します。

ダイワ ハゼクランクJr.

オリジナルのハゼクランクをサイズダウンしたのがこのJr.モデル。

浮力を弱く設定してあり、少しアクションは弱めです。

アピールが強いクランクベイトではハゼが反応しないときに効果的なことが多いです。

関連 ハゼクランクのアシストフックを自作してみた。市販のアシストフックも一緒にチェック!

ハゼクランクのカラー選びのポイント

ハゼクランクが2つ並んだ画像
ハゼクランクではタイプのほかに、カラー選びも重要なポイントです。

カラー選びの基本は、水が澄んでいれば地味なものやクリア系、水が濁っていれば派手なものがよいでしょう。

茶色や透明なものに、ゴールドやチャートなど様々なカラーを持っておくと釣りやすいです。

水の状態によってカラーを選び、さらにハゼクランクのタイプまでローテーションできれば、多くの釣果を得ることができるでしょう。

ぜひ参考にしてみてください。

ハゼクランクにチャレンジ!

ハゼクランクで釣れたハゼの画像
ハゼクランクは、近場で楽しみやすい手軽な釣りです。

タックルはアジングやバス用のライトなものを流用すれば良いので、ハゼクランクがあればすぐにチャレンジすることができます。

近くでハゼクランクができそうな場所を見つけて、ぜひやってみてください。

関連 ハゼクランクで釣れないときに試したい5つのコツ!沈まないときの対処法も!

関連 ハゼクランクのアシストフックを自作してみた。市販のアシストフックも一緒にチェック!

公開日:2018年7月27日
更新日:2018年8月14日

よく読まれている記事

  1. シーバスおすすめルアーの画像
  2. シマノ・ダイワの2019年新製品リールイメージ画像
  3. 18ステラの画像
  4. バス釣りおすすめルアーの画像
  5. バス釣りカラーの分かりやすい画像

最近の記事

  1. モアザン PE TWのイメージ画像
  2. シーバスミノーが並んでいる画像
  3. シーバスおすすめルアーの画像
  4. さまざまなカラーのシーバスルアーが並んだ画像
  5. グラスロッドで釣れたバスの画像

カテゴリー

アーカイブ

  1. バス釣りおすすめルアーの画像

    バス釣り

    バス釣りルアーおすすめ29選【2018年最新版】数百万円釣りに使ってきたバス釣り…
  2. シマノ・ダイワの2019年新製品リールイメージ画像

    タックル

    シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】モデルチェンジなどの最新情報はここからチ…
  3. シーバスおすすめルアーの画像

    ソルトルアー

    シーバスルアーおすすめ26選【2018年最新版】数百万円釣りに使った釣り歴25年…
  4. バス釣りカラーの分かりやすい画像

    バス釣り

    バス釣りでのカラーの使い分け【全22色】ハードルアー・ワームそれぞれの選び方を2…
  5. 18ステラの画像

    タックル

    【シマノ・ダイワ】2018年リール情報!2019年の新製品情報はいつ頃出る?
PAGE TOP