ヒラメの画像

ヒラメルアーおすすめ12選【2019年版】狙うべき5つのポイントも紹介!

ヒラメルアーに挑戦したいときにどんなルアーを使ったり、どんなポイントを狙えばよいか分からない方も多いでしょう。

この記事では釣り歴25年以上となる僕が、おすすめのヒラメルアーや釣れるポイント選びの方法をご紹介します。

アイキャッチ画像出典:photoAC

いまや大人気のヒラメルアー

ヒラメはサーフ(砂浜)の人気ターゲット。

釣れる時期になると、多くのルアーマンがサーフを埋め尽くすようになります。

そんな状況では釣れるヒラメルアー選びをして、ポイントをしっかり把握して狙うことが必要です。

この記事では釣り歴25年以上となる僕から、ヒラメにおすすめのルアーや釣れるポイント選びの方法をご紹介します。

関連 シーバスルアーおすすめ22選【2019年版】数百万円釣りに使った釣り歴25年の僕が釣れる一軍シーバスルアーをご紹介!

おすすめヒラメルアー12選

ヒラメルアーでは、「ミノー」「メタルジグ」「シンキングペンシル」「バイブレーション」「ワーム」の5種類がよく使われます。

それぞれ特徴があり、状況によって使い分けることがヒラメを釣るためのコツです。

ここからは5種類のルアーごとに、おすすめ品をご紹介していきます。

ミノー

ミノーは、ヒラメが捕食する小魚によく似た見た目と動きが特徴のルアーです。

3本フック搭載のものや、シンキングタイプなど、ミノーにもさまざまな種類がありますので、それらを意識しつつ選んでいくのがポイントとなります。

アムズデザイン サスケ120裂波

ヒラメ狙い定番のミノーとして人気のサスケ120裂波。

リップレスボディでアクションがよく、3本のフックでヒラメの掛かりが非常によいミノーです。

重心移動システム搭載で、安定して飛距離が出しやすいことも特徴となっています。

関連 サスケ120裂波おすすめカラー5選!基本の使い方、フックサイズはコレを見れば分かる!

シマノ 熱砂 スピンドリフト90HS

スピンドリフト90は、ヘビーシンキングタイプのミノー。

シマノのサーフブランドである熱砂シリーズから発売されていて、発売当初は売り切れが続出するほどの人気でした。

小型ながらもしっかりと泳ぎ、飛距離も出せるのがスピンドリフトの特徴です。

デュオ テリフDC9バレット

デュオのテリフDC9バレットは、遠浅サーフ攻略におすすめのルアー。

潜行レンジは約40センチで、ローリングを伴った動きでヒラメを誘ってきてくれます。

基本的には巻くだけで大丈夫ですが、時折ロッドでジャークを加えて使うのも効果的です。

メタルジグ

メタルジグは金属でできているルアーで、遠くまで投げやすいのが特徴です。

使う場面は逆風でルアーが投げにくかったり、深さのあるサーフを釣ったりするときに使います。

ヒラメ狙いでは、20グラムから50グラム程度までのメタルジグを持っておくのがおすすめです。

シマノ 熱砂 スピンビームTG

スピンビームはメタルジグでありながら、ただ巻きで使っていくことができるヒラメ用ルアー。

大遠投した先からしっかりとアクションしてくれて、底取りもしやすいことが特徴となっています。

ヒラメ狙いのメタルジグで一つだけ選ぶのであれば、スピンビームがおすすめです。

メジャークラフト ジグパラ サーフ

ジグパラ サーフは、テールブレードが特徴的なメタルジグです。

ただ巻きするだけでブレードが回転しつつ、ボディはゆらゆらと動きヒラメを誘います。

2本フックでヒラメの掛かりもよいルアーです。

バイブレーション

ミノーでもメタルジグでも釣りにくい、微妙な状況で活躍してくれるのがバイブレーション。

水深2~4メートルほどの場所や、少し波が高い場合に使いやすいです。

バイブレーションはプラスチック製だけでなく、メタルバイブレーションも持っておくとさらに対応できる状況が増えるのでおすすめです。

デュオ タイドバイブスコア100

タイドバイブスコア100は、プラスチック製バイブレーションとメタルバイブレーションの中間的な特徴を持つヒラメルアーです。

4年ものフィールドテストを繰り返したうえで発売されていて、ストレスフリーに使っていくことができます。

インジェクション成型ならではの透明感あるカラーリングは、ほかのルアーとは一味違ったアピールを生み出してくれます。

コアマン IP-26 アイアンプレート

ソルト用メタルバイブとして人気のIP-26 アイアンプレートも、ヒラメ狙いで活躍してくれるおすすめのルアーです。

しっかりとした重さがあり、コンパクトで空気抵抗が少ないので、軽く投げるだけでも十分な飛距離を出すことができます。

金属ボディから生み出される強い波動は、広範囲を素早くチェックしたいときや、濁りが入っているときに使いやすいです。

関連 アイアンプレートのおすすめカラーを紹介!実はそっくりな偽物もある?

シンキングペンシル

ヒラメの活性が低いときに活躍してくれるのがシンキングペンシル。

巻くだけでなく、リフト&フォールさせたり、流れに乗せてドリフトで誘ったりとさまざまな使い方ができる特徴を持っています。

ヒラメルアーでは、少し重さのあるシンキングペンシルが使いやすいです。

ジャンプライズ ぶっ飛び君95S

ぶっ飛び君95Sは名前の通り、とにかく飛距離が出るのが特徴のシンキングペンシルです。

バイブレーション並みの飛距離を出しつつも、ごくゆっくりとした巻きスピードで使うことができます。

ヒラメ狙いでは欠かせないおすすめのシンキングペンシルです。

アムズデザイン ハニートラップ95S

流れに乗せる使い方が効果的なアムズデザインのハニートラップ95S。

特にヒラメの活性が低くなりがちな日中に効果的となることが多いです。

使い方は巻くだけでなく、流れに乗せながらルアーをアクションさせるドリフトで使ってみることもおすすめします。

ワーム

ハードルアーで釣れないときにはワームの出番となります。

釣り人が多いときや、水温が急激に下がるなどしてヒラメの活性が低くなっているときにはワームでないと釣れないことも多いです。

ヒラメ狙いでは巻くだけでアクションする「シャッドテールワーム」がよく使われます。

デュオ ビーチウォーカー ハウル

ボディ全体がロールするアクションが特徴的なビーチウォーカー ハウル。

使い方はただ巻きやストップ&ゴーが効果的。

ワームではあるものの2本フックを搭載しているので、ヒラメのフッキング率は高いです。

ダイワ フラットジャンキー ロデム 4

ロデムは2つのラインアイを使い分けることで、浅瀬攻略も深場攻略もしやすくなるヒラメ用ワームです。

着水の衝撃やヒラメがミスバイトしたときでもワームがずれにくいように、3重のキーパーを採用しています。

リアルで豊富なカラーラインナップもおすすめポイントのワームです。

エコギア パワーシャッド

ソルトルアー定番のパワーシャッドもヒラメ狙いにおすすめのワーム。

細かなボディバイブレーションは、ヒラメの活性の高低に関わらずバイトを引き出しやすい特徴があります。

10~20グラム程度のジグヘッドと組み合わせて使ってみてください。

関連 パワーシャッドのおすすめカラー&ジグヘッド5選!10年以上使ってみて分かった釣れるカラーはこれだ!

サーフでヒラメが釣れるおすすめポイント

サーフの画像
出典:photoAC

ヒラメ狙いではルアー選びと同じくらいポイント選びも重要です。

一見すると同じように見えるサーフですが、釣れるポイントは限られがちとなっています。

ヒラメはよいポイントに群れで固まっていることも多いので、どんなポイントが釣れるのか知っておきましょう。

サーフでは下記のような5つのポイントを狙ってみてください。

離岸流

打ち寄せてきた波が沖に流れ出していく流れのことを「離岸流」と呼びます。

小魚が集まりやすいので、ヒラメが好むポイントとなっています。

離岸流の起きている場所は、周りに比べて波が立ちにくいので、それを目安に見つけていくのがおすすめです。

潮目

流れ同士がぶつかりあってできる「潮目」もサーフでは重要なポイント。

水面が鏡のようになっていたり、帯状の模様があったりすれば、そこが潮目である可能性が高いです。

潮目はヒラメ以外に、シーバスや青物も集まりやすいポイントとなっています。

急深なポイント

手前から一気に深くなっている場所もサーフでは狙いたいポイントです。

大きめの砂利や小石がメインのサーフは、急深なことが多いです。

このような急深ポイントでは波打ち際までヒラメが喰ってくる可能性があるので、最後まで気を抜かないようにしておきましょう。

岩のあるポイント

サーフで岩が目立つ場所は、流れが強いことが多く、よいポイントの目印となります。

魚がつきやすい変化でもあるので、見つけたらルアーローテーションを行いつつ、丁寧に探っていくのが攻略のコツとなります。

河口

サーフによっては河川が流れ込んでいることもあります。

河口部は砂が堆積して地形変化があったり、流れ込む栄養を求めて小魚が集まったりしやすい特徴があり、ヒラメも寄ってきやすいです。

河川が流れ込んでいたら、その周辺を丁寧に釣っていくのがおすすめです。

関連 海の魚がよく釣れるルアーおすすめ5選【2019年版】コレを持っておけば間違いなし!

おすすめルアーでヒラメを釣り上げよう

サーフではヒラメ以外にも、シーバスやマゴチ、青物も釣ることができます。

また刻一刻と状況が変わり、それにあわせながら釣りをしていくゲーム性の高さも魅力です。

ぜひご紹介したヒラメおすすめルアーを持って、サーフでの釣りをやってみてください。

関連 シーバスルアーおすすめ22選【2019年版】数百万円釣りに使った釣り歴25年の僕が釣れる一軍シーバスルアーをご紹介!

関連 海の魚がよく釣れるルアーおすすめ5選【2019年版】コレを持っておけば間違いなし!

関連 シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】モデルチェンジなどの最新情報はここからチェック!

公開日:2018年3月4日
更新日:2019年2月8日

よく読まれている記事

  1. シマノ・ダイワの2019年新製品リールイメージ画像
  2. 18ステラの画像
  3. シーバスおすすめルアーの画像
  4. バス釣りおすすめルアーの画像
  5. バス釣りカラーの分かりやすい画像

最近の記事

  1. ダイワシーバスロッドのイメージ画像
  2. ブラックバスの画像
  3. バス釣りのベイトリールの画像
  4. シーバスの画像
  5. ダイワバスロッドのイメージ画像

カテゴリー

アーカイブ

  1. シマノ・ダイワの2019年新製品リールイメージ画像

    タックル

    シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】モデルチェンジなどの最新情報はここからチ…
  2. 18ステラの画像

    タックル

    【シマノ・ダイワ】2018年リール情報!2019年の新製品情報はいつ頃出る?
  3. バス釣りおすすめルアーの画像

    バス釣り

    バス釣りルアーおすすめ29選【2019年版】数百万円釣りに使ってきたバス釣り歴2…
  4. シーバスおすすめルアーの画像

    ソルトルアー

    シーバスルアーおすすめ22選【2019年版】数百万円釣りに使った釣り歴25年の僕…
  5. バス釣りカラーの分かりやすい画像

    バス釣り

    バス釣りでのカラーの使い分け【全22色】ハードルアー・ワームそれぞれの選び方を2…
PAGE TOP