キビレの画像

チニングルアーおすすめ10選!ワーム・ポッパー・ラバージグはこれを使ってみよう!

チヌやキビレをルアーで狙うチニングは、年々人気が高まっている釣りです。チニングではワームやポッパー、ラバージグを使って行います。

この記事ではチニングにおすすめのルアー10選をご紹介します。

書いている人のプロフィール

釣り歴27年のルアーマン。

フィッシングカレッジ卒、釣具屋でルアー担当をしていました。

banner

チニングとは

チニングとは、ルアーを使ってチヌやキビレを狙う釣り方のことです。餌釣りで狙うイメージが強いチヌやキビレですが、ルアーにも果敢にアタックしてきます。

タックルはシーバスやエギング、バスタックルを流用することもでき、ワームやポッパー、ラバージグとさまざまな釣り方で楽しめるのがチニングの魅力と言えます。

ワームやラバージグではガツガツとした強いアタリ、ポッパーなどのトップウォーターでは何度もルアーに食いついてくる姿を見ることができるので、始めたら病みつきになってしまう釣りです。

チニングの対象となるチヌやキビレとは?

チニングの対象は、チヌとキビレの2種類。それぞれ少し特徴が違うので、知っておくと釣るのに役立ちます。

以下にチヌとキビレの特徴をご紹介します。

チヌ

チヌの画像

チヌは、全国どこでも狙いやすいチニングのメインターゲット。一般的にはクロダイの名前でも有名で、その名のとおり黒っぽい体色をしているのが特徴です。

チヌは警戒心が強く、ルアーを見つけてもゆっくりと長い距離を追ってきてから食いついてくることが多い印象があります。

キビレ

キビレの画像

鰭に黄色が入っていることからその名が付いているキビレ。チヌと比べると全体的に白っぽい体色をしていて、比較的暖かい水温を好むので南に行けば行くほど数が多くなるようです。

キビレは群れで回遊する特徴があり、1匹釣れたら連続でヒットすることも珍しくありません。

経験上、大雨が降って塩分濃度が低くなると、活発に行動する傾向があるように感じます。

チニングおすすめルアー10選

チニングで使うルアーは大きく分けて「ワーム」「トップウォーター」「ラバージグ」の3種類に分けられます。時期や時間帯によってそれぞれのルアーを使い分けていくことで、チヌやキビレを釣ることができます。

以下にチニングおすすめルアーを種類ごとにご紹介していきます。

ワーム

ワームは春や秋といった水温が低い状況や、夜釣りにおいて活躍してくれるチニングルアー。ワームの大きさは2~3インチがおすすめで、それ以上の大きさになるとフッキング率が下がるので覚えておきましょう。

使い方はチニング用ジグヘッドにワームをセットして、ゆっくりとボトムを感じながら巻いてくること。1回目のアタリではなかなかフッキングすることが少なく、アタリがあってもしばらく巻いて深く食い込ませるのがワームの釣りのコツです。

エコギア チヌ職人 バグアンツ

バグアンツは大きなアームによる強いアピールと、各部の小さなパーツによる小さなアピールの複合アクションが特徴のワームです。アクションだけでなく匂いや味でも誘える「チヌ専用フォーミュラー」を配合してあります。

チニングで実績の高いおすすめのワームです。

ジャッカル ベビードラゴン2 クロダイバージョン

ベビードラゴン2 クロダイバージョンは、強い波動と味・匂いを持ったチニング専用ワーム。素材には本物のカキとエビの身を粉末化したものと、エビフレーバーオイルを練り込んであり、味と匂いによるアピールがとても強くなっています。

特に水が濁っている場合や、夜釣りでは欠かせないチニングおすすめのワームです。

バークレイ ガルプ! サンドワーム

研究によって開発された専用液による強烈な匂いが特徴のガルプ! サンドワーム。匂いに加え、足が微振動することでチヌやキビレを誘ってきてくれます。

チニング以外にメバルやアジなど、さまざまな魚にも効果的な使い勝手の良いワームです。

トップウォーター

トップウォーターもチニングには欠かせないルアーです。使用シーンは夏場の日中で、水面を動くルアーにチヌやキビレが何度もアタックしてくる姿は一度味わうと病みつきになってしまう面白さがあります。

チニングではポッパーを中心に、ペンシルベイトやスイッシャーも持っておき、ローテーションしながら狙うのがおすすめです。チニングのトップウォーターでは、ゆっくりとしたアクションで誘い続けるのが釣るためのコツとなっています。

ジャクソン RAポップ

ジャクソンのRAポップは、トップウォーターチニングを切り開いたポッパーです。水面に浮く姿勢の角度、ほどよいポップ音でチヌやキビレに水面を割らせます。

フィン状になっているエラは、アクションの直進性を保ち、ミスバイトを減らす役割があります。

チニングのトップウォーターに挑戦するなら、まずはこのポッパーからスタートして間違いないと言える製品です。

シマノ ブレニアス ライズポップ

ライズポップは、ポップ音のアピール力を調整しやすいポッパーです。スプラッシュを後方に出せる「バブルチャンバー」は、このルアーならではの特徴となっています。

魚がどこに居るかわからないときには強めに、魚がルアーの後ろについたときには弱めにアクションさせながら使ってみてください。

ジップベイツ ザブラフェイキードッグDS

チニングではペンシルベイトも効果的です。

ザブラフェイキードッグDSは飛距離とアクション面で使いやすく、水面が鏡のように穏やかなときや、ポッパーにどうしても反応がない場合に活躍してくれます。移動距離を抑えつつ、左右へのドッグウォークアクションで使ってみてください。

アムズデザイン アイマポッキー100

チニングのトップウォーターの釣りをやっていると、なぜかサイズ感が大きなルアーにしか反応しないことがあります。そんなときに活躍してくれるのが、アイマポッキー100のような大きさのあるペンシルベイトです。

ポッパーなどほかのルアーとのローテーション、また風や波が強いときにはこのルアーがおすすめです。

ラバージグ

チニングのボトム狙いではラバージグも活躍してくれます。チニング用ラバージグは、根掛かりしにくいように形状が工夫されていて、単体で使ったり、ワームをセットして使ったりします。

使い方はワームと同じく、ボトムを感じながらゆっくりと巻いてくるのが基本です。

シマノ ブレニアス ネガカリノタテ

フラットな丸い形状をしたシンカーが特徴的なシマノのブレニアス ネガカリノタテ。フックがシンカーによって守られるので、根掛かりしにくい特徴があります。

基本的にはワームをセットして使ってみてください。

ダイワ シルバーウルフ チヌ魂

チヌ魂は、フックをボトムから離すヘッド形状が特徴的なチニング用ラバージグです。フックがボトムから離れていることによって根掛かりしにくく、チヌやキビレが食ってきたときには針掛かりさせやすいといった2つのメリットを持ち合わせています。

樹脂ボディで低重心設計のため、ゆっくり巻いてもボトムで倒れにくいことも特徴となっています。

アピア チヌパラ ドッヂ

アピアのチヌパラ ドッヂは、岩や牡蠣殻が多いポイントで活躍してくれるチニングルアーです。くぼみを設けた独自のヘッド形状によって、高い根掛かり回避性能を持っています。

フックはボトムから離れているので、魚が食ってきたときのフッキング率は高いです。

チニングおすすめルアーで釣りにチャレンジ!

チニングで釣れるチヌやキビレは40センチを超えることが多く、ヒットすれば強い引きが楽しめます。海が近い河川や外海に面したサーフなど、さまざまなポイントにチヌやキビレは生息していますので、全国どこでも狙うことができます。

ぜひご紹介したチニングおすすめルアーを参考に、チニングにチャレンジしてみてください。

関連記事一覧