メタルバイブの画像

ソルトルアー

ソルト用メタルバイブおすすめ3選!海で釣れる魚や使い方は?

海のルアー釣りで大活躍してくれるメタルバイブ。

ソルト用として多くの製品が販売されていますが、その中でも釣れるものは限られています。

この記事では海でメタルバイブを使って釣れる魚や使い方、釣れるおすすめ品をご紹介しています。

ソルト用メタルバイブとは

メタルバイブで釣れたシーバスの画像
ソルト用メタルバイブとは、ボディが金属で作られているルアーのことです。

腹側にウエイトが集中していて、金属板でボディが作られています。

ソルト用メタルバイブが普及するまでは、メタルバイブといえば冬のブラックバスを釣るためのルアーとして認識されていましたが、2010年頃にコアマンの「アイアンプレート」の発売をきっかけに海のルアー釣りで広まりを見せるようになりました。

今や海のルアー釣りでは欠かせない存在にまで、メタルバイブは上り詰めています。

関連 海の魚がよく釣れるルアーおすすめ5選【2018年最新版】迷わずコレを使っておけば間違いなし!

ソルト用メタルバイブのメリットとは

ソルト用メタルバイブのメリットは、下記のようなものです。

・飛距離が出しやすい
・沈みが速い
・アピールが強い

メタルバイブは金属でできているので重量があり、空気抵抗が少ないので遠投しやすいです。

また沈みが速く、水深20メートルくらいまでの場所であれば快適に釣りをしていくことができます。

アクション面においては、巻いたときの振動が大きく、フックとボディが干渉して起きる音でも魚を誘ってきてくれます。

ソルト用メタルバイブで釣れる魚

ソルト用メタルバイブで釣れる魚は、シーバス、ヒラメ、青物など。

小魚を捕食する「フィッシュイーター」と呼ばれる魚は、メタルバイブで釣ることができます。

主に水深がある場所や、根掛かりの心配がほとんどないサーフ(砂浜)で使ってみるのがおすすめです。

ソルト用メタルバイブの使い方

ソルト用メタルバイブの基本となる使い方は、「ただ巻き」です。

リールのハンドルを一定の速度で巻いてくるだけで魚にアピールできるので、簡単に釣ることができます。

さらに釣果を出すための巻き方として、巻くスピードに緩急を付ける方法があります。

特にこの方法はシーバスや青物に効果的で、3メートルほど速く巻いては、ルアーのアクションが止まらない範囲でゆっくりと減速し、止まる直前でまた速く巻き始めるといったことを繰り返してみてください。

また、少し特殊な使い方ですが、ヒラメやマゴチを狙うときに効果的なアクションもあります。

そのアクションとは、メタルバイブを着底させたらボトムから30センチ程度リフトさせて、すぐに落とし込み、ボトムに着くか着かないかのところで再びリフトを繰り返すといった方法です。

ヒラメやマゴチを狙うときには、ぜひこのアクションも試してみてください。

ソルト用メタルバイブおすすめ3選

ソルト用メタルバイブを調べてみると、たくさんの種類があると思います。

ただ、その中で使いやすいもの、釣れるものというと、なかなか少ないのが使ってみた感想です。

ここではソルト用メタルバイブで、これは良いと言えるものを3つに絞ってご紹介します。

エバーグリーン アイアンマービー

現在、僕が海で使うメタルバイブでメインとなっているのがこのアイアンマービーです。

#5のフックを使っても、キャスト中・フォール中ともにラインとフックが絡みにくい特徴を持っています。

引き抵抗も使いやすい負荷で、風が強いときでもラインスラックがちょうどいいくらいに調整されるのでバイトを弾きにくいです。

フォールスピードは1秒で約1メートルほどとなっているので、水深のチェックもしやすいです。

ソルト用メタルバイブを一つだけ選ぶなら、このアイアンマービーをおすすめします。

関連 アイアンマービーのインプレからおすすめカラーまでご紹介!飛距離やフックの詳細も!

コアマン IP-26 アイアンプレート

アイアンプレートは、ソルト用メタルバイブの人気火付け役となったルアーです。

動きは、メタルバイブのなかでも強めのアクションとなっています。

効果的な場面は水が強く濁ったときで、魚がルアーを見つけにくい状況や、水中に切れた海藻やクラゲが多く漂っているときにはこのアイアンプレートがおすすめです。

難点としては使用できるフックサイズが小さいことで、フックを大きくするとボディやラインに絡んでしまい使い勝手が落ちてしまいます。

ただ、これでしか釣れないときがあるので、ボックスには常に入れているソルト用メタルバイブです。

関連 アイアンプレートのおすすめカラーを紹介!実はそっくりな偽物もある?

ベイトブレス 湾バイブアンサー

湾バイブアンサーは、知り合いの船長がめちゃくちゃ推しているソルト用メタルバイブ。

ラインアイが2つありますが、後ろに付けてアクションを大きめにして、スローに引くというのがこのルアーで釣るためのコツです。

正直理由が分からないですが、湾バイブアンサーはほかのルアーよりデカい魚が釣れやすい傾向があるように感じています。

関連 シーバスルアーおすすめ22選【2019年最新版】数百万円釣りに使った釣り歴25年の僕が釣れる一軍シーバスルアーをご紹介!

ソルト用メタルバイブは持っておくと便利!

ソルト用メタルバイブは、僕自身海のルアー釣りに行くときには必ず数個持っていきます。

ほかのルアーでは釣りがしにくいような強風や、15メートル以上水深がある場合には、迷わずメタルバイブを使って攻略しています。

また、メタルバイブのメリットである飛距離は、精神的なストレスの軽減にも役立ち集中力を継続しやすいです。

ストレスを感じずに釣りができれば、どこかで必ず魚がヒットしてきてくれるはずです。

ご紹介した3つの釣れるソルト用メタルバイブを参考にしつつ、海のルアー釣りを楽しんでもらえればと思います。

関連 海の魚がよく釣れるルアーおすすめ5選【2018年最新版】迷わずコレを使っておけば間違いなし!

関連 シーバスルアーおすすめ22選【2019年最新版】数百万円釣りに使った釣り歴25年の僕が釣れる一軍シーバスルアーをご紹介!

関連 シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】モデルチェンジなどの最新情報はここからチェック!

公開日:2018年4月13日
更新日:2018年10月9日

よく読まれている記事

  1. シマノ・ダイワの2019年新製品リールイメージ画像
  2. 18ステラの画像
  3. シーバスおすすめルアーの画像
  4. バス釣りおすすめルアーの画像
  5. バス釣りカラーの分かりやすい画像

最近の記事

  1. バス釣りおすすめワームで釣れたブラックバスの画像
  2. シマノ・ダイワの2019年新製品リールイメージ画像
  3. 18ステラの画像
  4. シーバスおすすめルアーの画像
  5. バス釣りおすすめルアーの画像

カテゴリー

アーカイブ

  1. 18ステラの画像

    タックル

    【シマノ・ダイワ】2018年リール情報!2019年の新製品情報はいつ頃出る?
  2. バス釣りカラーの分かりやすい画像

    バス釣り

    バス釣りでのカラーの使い分け【全22色】ハードルアー・ワームそれぞれの選び方を2…
  3. バス釣りおすすめルアーの画像

    バス釣り

    バス釣りルアーおすすめ29選【2019年最新版】数百万円釣りに使ってきたバス釣り…
  4. シマノ・ダイワの2019年新製品リールイメージ画像

    タックル

    シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】モデルチェンジなどの最新情報はここからチ…
  5. シーバスおすすめルアーの画像

    ソルトルアー

    シーバスルアーおすすめ22選【2019年最新版】数百万円釣りに使った釣り歴25年…
PAGE TOP