ボートシーバスルアーの画像

ボートシーバスのルアーはこの5つがあれば大丈夫!おすすめの使い方も一目瞭然!

ボートシーバスに行く際に誰もが悩むルアー選び。

ルアーは多ければ多いほどもちろん良いですが、そうもいかないところもあるでしょう。

この記事では、ボートシーバスでこれだけ持っていれば大丈夫と言える5つのルアーを、おすすめ品や使い方とともにご紹介します。

banner
2020年新製品リール情報はこちら

ボートシーバスでは5つのルアーがあれば大丈夫!

いざボートシーバスに行こうとなると、ルアーはどんなものがあればいいのか迷ってしまう人は多いです。

実際にボートシーバスを経験してみると、だいたい5つのルアーがあれば大丈夫だということがわかってきます。

この記事では、ボートシーバスのルアーをこれから揃えようと思っている方向けに、10年以上前からボートシーバスを楽しんでいる僕からおすすめのルアーをご紹介します。

関連 シーバスルアーおすすめ19選|数百万円釣りに使った釣り歴26年目の僕が釣れる一軍シーバスルアーをご紹介!

ボートシーバスにおすすめのルアー5選

ここでは、実際に僕自身も使っているボートシーバスにおすすめのルアーを5つご紹介します。

全国どんな場所においても大きく外さないルアーたちなので、迷ったときの参考としてみてください。

バイブレーション

バイブレーションは、ボートシーバスに行くのであれば必ず持っておきたいルアー。

水深5メートルほどまでを狙っていくのであれば、バイブレーションが一番使いやすいです。

使い方は、投げてある程度沈めたら巻いてくるだけで十分で、さらに巻くスピードを速めたり、ゆっくりにしたりすると釣果を伸ばしやすくなります。

おすすめのバイブレーションは、ずばりバスデイのレンジバイブ70ES。

レンジバイブは、ボートシーバスのみならず、陸っぱりからでも使えるのでおすすめです。

関連 レンジバイブ70ESのおすすめ人気カラーは?インプレやラインナップもこれを見ればわかる!

メタルバイブレーション

水深5~20メートルほどの深さを狙ったり、風が強くてルアーを遠くまで投げにくいときは、メタルバイブレーションが活躍してくれます。

メタルバイブレーションは金属で作られていて、よく飛び、アピール力も強いのが特徴です。

使い方はバイブレーションと同じで、ただ巻きしてみたり、スピードを変えつつ巻いてみたりしてみてください。

シーバス用のメタルバイブレーションはいろいろと使ってみましたが、エバーグリーンのアイアンマービーが一番使いやすく釣れるのでこれをメインとしています。

1秒で約1メートル沈むので、水深の把握もしやすいです。

関連 アイアンマービーのインプレからおすすめカラーまでご紹介!飛距離やフックの詳細も!

ミノー

ミノーは、ベイトフィッシュのサイズが大きなときに活躍してくれるルアーです。

水深3メートルくらいまでに居るシーバスにはとても効果的で、バイトシーンが見えることもよくあります。

使い方は、ただ巻きだけでなく、ジャーキングで使ってみるのも効果的。

ミノーにはさまざまな種類がありますが、汎用性の高いサスケ裂波120がおすすめです。

関連 サスケ120裂波おすすめカラー5選!基本の使い方、フックサイズはコレを見ればわかる!

メタルジグ

水深20メートル以上の場所を狙うときによく使われるのがメタルジグです。

メタルジグは全体が金属でできているので、沈むのがとても速い特徴があります。

メタルジグではアクションが鍵となるので、大きく動かしてからフォールでバイトを誘ったり、細かく連続して動かしながら巻き上げてきたりと、そのときに釣れる方法を見つけてみてください。

おすすめのメタルジグはメジャークラフトのジグパラ ショートで、シーバスだけでなくブリやサワラ、カサゴなど魚種を問わず使えるので持っておくと便利です。

関連 メタルジグおすすめ12選|釣れるカラーはこの3色!

ペンシルベイト

水面でシーバスの激しいバイトシーンを見ることができるトップウォーター。

中でもシーバスにはペンシルベイトが効果的です。

シーバスはときに水面に居る小魚しか捕食しないことがあり、そのようなときにはバイブレーションやミノーなどでは全く釣れなくなるなんてこともあります。

使い方は、ペンシルベイトの首を左右に振る「ドッグウォーク」が一番ですが、動かすのが難しければただ巻きでも大丈夫です。

ペンシルベイトでは、飛距離がでて、どのような状況でも使いやすいアムズデザインのアイマポッキー100がおすすめです。

関連 シーバスルアーおすすめ19選|数百万円釣りに使った釣り歴26年目の僕が釣れる一軍シーバスルアーをご紹介!

外さないルアー選びでボートシーバスを攻略!

ボートシーバスでは、ご紹介してきた5つのルアーをカラー違いで各2~3個持っておくのがベストです。

まずはそれぞれひとつずつ使ってみて、使用することが多いルアーを増やしていくという形でも大丈夫かと思います。

この記事を参考にしつつルアーを揃えて、手軽に楽しめるボートシーバスにぜひチャレンジしてみてください。

関連 ボートシーバスのタックルはこれだけあれば大丈夫!基本的な流れや注意点も解説!

関連 ボートシーバスロッドの選び方はどうすればいい?おすすめ3選もご紹介!

関連 シーバスルアーおすすめ19選|数百万円釣りに使った釣り歴26年目の僕が釣れる一軍シーバスルアーをご紹介!

公開日:2018年10月12日
更新日:2018年11月4日

この記事が役に立ったら
いいね!お願いします

Twitterで

関連記事一覧