• HOME
  • 投稿
  • タックル
  • ツインパワーXD4000XG実釣インプレ!ショアジギングやシーバスにおすすめのスピニング!
ツインパワーXD4000XGの画像

ツインパワーXD4000XG実釣インプレ!ショアジギングやシーバスにおすすめのスピニング!

ツインパワーXD4000XGはシマノのソルトウォーター用スピニングリールです。

全4種類のラインナップがあり、剛性の高さが魅力となっています。

この記事では僕が購入したツインパワーXD4000XGを実釣で使ってみたインプレをお届けします。

banner
2020年新製品リール情報はこちら

ツインパワーXD4000XGの実釣インプレ

ツインパワーXD4000XGの画像

シマノのツインパワーXDは、ソルトルアーアングラーなら誰もが気になる存在でしょう。

実際に僕自身も技術特性に魅力を感じ、購入して使ってみました。

この記事ではツインパワーXD4000XGを実釣で使ってみたインプレをご紹介します。

使用タックルデータ

参考までに、ツインパワーXD4000XGと組み合わせて使っているタックルをご紹介します。

●ロッド
9フィート4インチ
●ライン
PE1号+フロロカーボンリーダー5号
●ルアー
メタルジグ30グラム
メタルバイブ28グラム
ジグヘッド21グラム

関連 ツインパワーXDのインプレ!不具合やパワーはどんな感じ?1年以上使ったリアルな感想をまとめてみた

ツインパワーXD4000XGの巻き心地

ツインパワーXD4000XGを巻いている画像

ツインパワーXD4000XGの巻き心地は、シマノ独特の滑らかな感覚です。

エクストラハイギアと高いギア比設定とはなっていますが、それを感じさせないくらいの巻き心地の良さがあります。

今まで使用してきたギア比の高いリールと比べて、巻き始めの重さも少ないです。

また画像のように指を掛けてハンドルを回すのが一番効率よく回せました。

ただ、最初だけはどのリールもですが、グリスがなじむまで重さがありますので、購入したら自宅でしばらくハンドルを回してから釣り場で使うことをおすすめします。

ツインパワーXD4000XGを使って感じたバランスの良さ

ツインパワーXD4000XGの画像

ツインパワーXD4000XGを単体で持ってみたところ、ボディの重量バランスの良さというものも感じられました。

ツインパワーXD4000XGは290グラムの重さがありますが、全体的に重さが分散されているのか、持ったときに不思議な感覚が得られます。

かれこれ20年以上釣りをしてきていますが、リール単体でバランスが良いと感じられたのは初めてです。

ツインパワーXD4000XGのベールについて

ツインパワーXD4000XGのベールの画像

ツインパワーXD4000XGには一体成型の「ワンピースベール」が搭載されています。

以前使っていた同番手クラスのスピニングには継ぎ目があり、巻き始めに一旦その継ぎ目で引っ掛かる感じでした。

それに対してこのワンピースベールはそのような引っ掛かりがなく、巻き始めのちょっとしたストレスがなくなりました。

ワンピースベール搭載のリールを使ったことがない方は、僕と同じような感触を得られると思います。

ツインパワーXD4000XGのハンドルノブ

ツインパワーXD4000XGのハンドルノブの画像

ツインパワーXD4000XGのハンドルノブは、EVA製ラウンドノブです。

このハンドルノブは特に縦方向へのアクション時の使い勝手がよいものだと感じます。

例えば、ショアジギングでシャクリながらリールを巻くときや、シーバスでロッドを縦に構えてリトリーブしてくるときには使いやすいです。

ツインパワーXD4000XGで掛けた魚

ツインパワーXD4000XGで釣ったチヌの画像

僕がツインパワーXD4000XGを使って掛けた魚は以下のとおりです。

・シーバス70センチクラス
・サワラ60センチクラス
・チヌ45センチクラス
・マゴチ50センチクラス
・ボラ60クラス(スレ)

シーバスの70センチクラスでも十分パワーに余裕を感じられ、それ以外で巻き取りに不自由を感じることは無かったです。

ボラに関してはスレ掛かりで横向きに引っ張ってくる形となりましたが、それでも軽い巻き取りが可能でした。

ツインパワーXD4000XGのパワーは、個人的に十分な印象を受けています。

ツインパワーXD4000XGはショアジギングやシーバスにおすすめ

ツインパワーXD4000XGは、9~10フィート程度までのロッドとバランスを取りやすい大きさで、僕が使っているようなショアジギングやシーバス狙いで使いやすいリールだと思います。

また同じシマノから発売されているツインパワーXDの下位にあたる「サステイン」を知人が持っていたので、ショアジギングをしながら巻き取りなどを比べてみたところ、僕も知人もやっぱりツインパワーXDのほうが良いという意見で一致しました。

2機種を比べたときの、巻きのスムーズさと静かさの違いはとても印象に残っています。

ツインパワーXD4000XGは良いリールのひとつだと思いますので、気になっている方は使ってみてはいかがでしょうか。

関連 ツインパワーXDのインプレ!不具合やパワーはどんな感じ?1年以上使ったリアルな感想をまとめてみた

関連 シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】2020年新製品発表時期・モデルチェンジ予想も!

関連 ストラディックSWとサステインやバイオマスターSWの違いは何?比較してわかりにくいところを明確にしてみた

公開日:2017年4月15日
更新日:2018年8月1日

この記事が役に立ったら
いいね!お願いします

Twitterで

関連記事一覧