ショアジギングラインの画像

ショアジギングにおすすめのライン|太さや長さ、ショックリーダーについても解説!

ショアジギングでは飛距離が出せて、大きな魚を釣り上げられるライン選びが必要です。選ぶ際にはさまざまな太さや長さ、編み数があり、どれをどのような基準で選んだらいいかわからない方が多いでしょう。

この記事ではおすすめのショアジギングラインやその選び方についてまとめました。

書いている人のプロフィール

釣り歴27年のルアーマン。

フィッシングカレッジ卒、釣具屋でルアー担当をしていました。

banner

ショアジギングはPEライン+ショックリーダーが主流

ショアジギングラインの画像

ショアジギングではPEライン+ショックリーダーを組み合わせたラインシステムが主流です。このラインシステムを使用することによってメタルジグを遠投でき、青物のように引きの強い魚でも取り込むことができます。

しかし、いざショアジギングのラインを選ぼうとすると種類がとても多く、どれを選んだらいいかわからない方が多いでしょう。

この記事ではおすすめのショアジギングラインやその選び方について解説していきます。

ショアジギングでPEライン+ショックリーダーが使われる理由

PEラインには、

①飛距離が出せる
②強度が高い
③感度が良い

といったメリットがあります。これらの特徴がショアジギングで釣果を出すために役立ちます。

一方でPEラインは、根ズレに弱い、ルアーにそのまま結束しにくいといったデメリットがあります。そのデメリットを解消するのがショックリーダーです。ショックリーダーはPEラインの先に結束して使います。

以上のような理由から、ショアジギングではPEライン+ショックリーダーが使われるようになっています。

ショアジギングのPEライン選び3つのポイント

ショアジギングで使うPEラインを選ぶ際には、

①太さ
②長さ
③編み数

の3つのポイントを踏まえて選んでみましょう。以下に具体的な選び方をご紹介します。

太さ

ショアジギングラインの太さの画像

ショアジギングで使うPEラインの太さは、

ショアジギング…2.5~4号
ライトショアジギング…1~2号

を基準に選んでみましょう。号とはラインの太さを表す単位です。

さらに具体例を挙げると、

・磯で本格的なショアジギングをするのであれば「3~4号」
・堤防からショアジギングをするのであれば「2.5号」
・堤防やサーフでのライトショアジギングであれば「1~2号」

が目安です。

長さ

ショアジギングラインの長さの画像

ショアジギングのPEラインは、

ショアジギングの場合…200メートル以上
ライトショアジギングの場合…150メートル以上

の長さをリールに巻いておくことをおすすめします。メタルジグを遠投すること、大物が掛かったときに対処すること、トラブルが起きても釣りを継続できることを考えると、このくらいの長さが安心です。

編み数

ショアジギングラインの編み数の画像

PEラインは原糸を編んで作られていますが、製品によって編み数が違います。具体的には4本編み・6本編み・8本編み・12本編みがあります。

この中で、4本編みもしくは8本編みがショアジギングにおすすめです。4本編みは価格が安いこと、8本編みはしなやかでより飛距離が出せること、4本編みより強度が少し高いことがメリットです。

個人的には8本編みをメインに使っています。以前は4本編みと8本編みで大きな価格差がありましたが、現在ではその価格差が小さくなっているので、飛距離や強度の面でメリットのある8本編みをメインとしています。

ショアジギングにおすすめのPEライン

ここではショアジギングにおすすめのPEラインをご紹介します。価格が比較的安く、使いやすいものをピックアップしましたので、ぜひ選ぶ際の参考にしてみてください。

YGK エックスブレイド アップグレードX8

YGK エックスブレイド アップグレードX8は、「高密度ピッチ製法」「WX8工法」「GP加工」「HST加工」を採用したPEラインです。エックスブレイドはYGK(よつあみ)の新しいブランドで、こちらは人気のG-ソウル X8 アップグレード PEの後継製品としての認識で良さそうです。

さまざまな製法と加工が採用されていますが、号数・通販サイトによってはG-ソウル X8 アップグレード PEよりかなり安い価格で買えるところもあります。

デュエル ハードコア X8

デュエル ハードコア X8は、低価格であることが一番の魅力。ショアジギング・ライトショアジギングで使う太さは結構安いです。

特にライトショアジギングにおすすめしたいラインで、300メートル巻きを買って半分の150メートル×2回として使えばかなりお得です。

シーガー PEX8

シーガーで最も伸びが少ない「グランドマックスPE」を採用したシーガー PEX8。僕が現在メインで使っているのがこのPEラインです。

ノットを結ぶときに本当に伸びが少ないと感じます。ラインにマーキングが入っていて見やすいのもポイントです。

バリバス アバニ キャスティングPE マックスパワー X8 ショアマスター

飛距離重視の方は、バリバスのアバニ キャスティングPE マックスパワー X8 ショアマスターを使ってみてください。

ラインの質感がとてもしなやかで、「スーパーフッ素コーティング」によって滑りを良くしてあるので飛距離が出ます。

シマノ ピットブル4

シマノ ピットブル4は、ライトショアジギング初心者におすすめ。1~2号の150メートル巻きは1,000円くらいで買えます。

4本編みなので強度や飛距離の面が8本編みに少し劣りますが、実釣で十分問題なく使えます。

メジャークラフト 弾丸ブレイド X4

メジャークラフト 弾丸ブレイド X4も低価格な4本編みPEライン。先にご紹介したシマノのピットブル4より少し高いですが、ピットブル4に無い2.5号・3号のラインナップがあります。

ショアジギングで使える太さで安いPEラインが欲しい方はこちらがおすすめです。

ショアジギングのショックリーダーについて

ショックリーダーの画像

ショアジギングに欠かせないショックリーダーは、根ズレに強いフロロカーボンを選ぶのが基本です。

ここではショアジギングのショックリーダーの太さや長さ、結び方(ノット)について解説します。

太さの選び方について

ショックリーダーの太さの画像

ショアジギングのリーダーの太さは、「PEラインの太さの4~5倍」を目安にするといいです。

具体的には次の表のようになります。

PEラインの太さショックリーダーの太さ
1号4~5号(16~20lb)
1.5号6~8号(22~30lb)
2号8~10号(30~35lb)
2.5号10~14号(35~50lb)
3号12~16号(40~55lb)
4号16~20号(55~70lb)

ショックリーダーがPEラインに対してあまりにも太いと、キャスト時にガイドに絡むトラブルが多くなったり、根がかりしたときにPEラインが高切れしてしまったりします。かといって細すぎると魚が取り込めませんので、上記のようなバランスで選ぶとちょうどいいです。

ショックリーダーの長さについて

ショックリーダーの長さのイメージ画像

ショックリーダーの長さは、1.5~2メートルを基本としてみてください。両手を広げたくらいがだいたい1.5メートルくらいです。キャスト時にトラブルが起きにくいことと魚を取り込むことのバランスを考えると、この程度の長さが使いやすいです。

もし根が荒く、根ズレが多く起きることが想定される場合は、3~5メートル程度取ってみてください。特にヒラマサ狙いでは根に潜られることが多いので、長めに取っておくことをおすすめします。

結び方(ノット)について

ショックリーダの結び方(ノット)の画像

PEラインとショックリーダーを結ぶノットですが、おすすめはFGノットです。理由は結束強度が高く、結び目が長くて段差が少ないので、ラインがガイドに絡むトラブルが起きにくいからです。ほかにPRノットやSCノットといったノットもありますが、個人的にはさまざまな理由で使っていません。

もし初心者の方でFGノットが難しければ、PEラインとショックリーダーは電車結びで結束してみてください。

ショアジギングにおすすめのショックリーダー

ここではショアジギングにおすすめのショックリーダーを3つピックアップしました。

バリバス ショックリーダー フロロカーボン

バリバス ショックリーダー フロロカーボンは、僕がメインで使っているショックリーダーです。根ズレに対する強さと価格のバランスで言えば、これが一番優れていると思います。

号数のラインナップが多いので、ショアジギング・ライトショアジギングいずれもカバーできます。

ヤマトヨテグス フロロショックリーダー

ヤマトヨテグス フロロショックリーダーはライトショアジギングにおすすめ。魅力はなんといっても低価格なことで、4~7号だと20m巻きで400円以下から買えます。

根ズレの心配が少ない堤防やサーフ、そこまで大きな魚がヒットしない状況におすすめです。

シーガー プレミアムマックスショックリーダー

シーガー プレミアムマックスショックリーダーでは、二重構造を採用。質感はかなり硬い印象で、根ズレにめっぽう強いと感じます。

価格は高いですが、根ズレによるラインブレイクを極力抑えたいアングラーにおすすめです。

ライン選びで釣果に差をつけよう!

ショアジギングでは魚がヒットするタイミングが、朝マズメや潮の動いているとき、ナブラが起きているときと短時間であることが多いです。その短いチャンスタイムで魚をヒットさせて取り込むには、ライン選びがとても重要となります。

この記事を参考にしながら、ショアジギングのラインを選んでもらえれば幸いです。

関連記事一覧