• HOME
  • 投稿
  • タックル
  • スティーズ CT SV TWはコンパクト&タフなベイトリール!ほかのスティーズとはここが違う!
スティーズ CT SV TWのイメージ画像

スティーズ CT SV TWはコンパクト&タフなベイトリール!ほかのスティーズとはここが違う!

ダイワのフラッグシップであるスティーズシリーズから、2019年「スティーズ CT SV TW」が発売されます。

コンセプトはコンパクト&タフで、5グラム以下の軽量ルアーに適した仕様です。

この記事では、スティーズ CT SV TWのスペックやラインナップをご紹介します。

darumabanner

スティーズ CT SV TWはコンパクト&タフなリール!

スティーズ CT SV TWは、コンパクト&タフ=CTコンセプトを搭載したダイワのフラッグシップモデルです。

CTとは「コンパクト&タフ」の頭文字を取った略語のことで、これまでCTと付いていたのはフエゴ CT、タトゥーラ CT TYPE-Rの2機種でしたが、いずれも今回のスティーズ CT SV TWのCTコンセプトとは違ったものなので、CTコンセプトは新しいダイワベイトリールの基準と言ってよいでしょう。

最大の注目ポイントは、搭載しているスプールが「強度を保ったままで30ミリ」と非常に小さいこと。

これまではリベルトピクシーやPX68のスプール径31ミリが最小だったので、これまでダイワで発売されてきたベイトリール史上、最も小さなスプール径がスティーズ CT SV TWに搭載されています。

また詳細が発表されていませんが、ブレーキダイヤルがパーミングプレートの下部に配置されているようです。

スティーズ CT SV TWの発売は2019年3月が予定されていて、実売価格は5万2千円前後になると思われます。

ダイワ・スティーズ CT SV TW公式ページはこちら

スティーズ CT SV TWのスペックとラインナップ

品番 巻取り長さ
(cm)
ギア比 標準自重
(g)
最大ドラグ力
(kg)
ナイロン巻糸量
(ポンド-m)
スプール径
(mm)
ベアリング
(ボール/ローラー)
ハンドル長さ(mm)
ハンドルノブ仕様
メーカー希望本体価格
(円)
700H 59 6.3 150 4.5 12-35~70/14-30~60 30 12/1 80/I型 58,800
700HL 59 6.3 150 4.5 12-35~70/14-30~60 30 12/1 80/I型 58,800
700XH 76 8.3 150 4.5 12-35~70/14-30~60 30 12/1 80/I型 58,800
700XHL 76 8.3 150 4.5 12-35~70/14-30~60 30 12/1 80/I型 58,800

スティーズ CT SV TWは、700番ボディでギア比6.3のハイギアモデルと、ギア比8.3のエクストラハイギアモデル、それぞれ左右のハンドル仕様で計4機種がラインナップされています。

巻き取り量が2つのギア比で17センチとかなり違うので、ハードルアー中心であればギア比6.3、ワームの釣りや手返し重視であればギア比8.3がおすすめです。

どちらか迷ったときには、ギア比8.3のモデルを購入しておいたほうが応用範囲と使い勝手が良いと思います。

スティーズ CT SV TWの仕様詳細

直径30ミリG1ジュラルミン製CT SVスプール

スティーズ CT SV TWのスプールは、直径30ミリのG1ジュラルミン製CT SVスプールが搭載されています。

これによって5グラム以下の軽いルアーであっても、トラブルを抑制しながらキャストしていくことが可能となっています。

従来のスプールとの違いは厚みを薄くしたり、スプールをブランキングしたりしてないことで、強度は高いままになっていることです。

スプール強度が高いので、例えば「太めのPEラインを使って軽量なルアーを使う」といった従来では考えられなかったことがスティーズ CT SV TWでは可能となります。

また小口径スプールであれば初速がつきやすく、軽い力でキャストが可能となるので、より小さなスイングでもルアーをキャストすることが可能です。

陸っぱりでロッドを振る範囲が制限される場合や、利き腕とは逆の腕で連続キャストしていくようなときに小口径スプールはかなり役立ってくれます。

ベイトフィネスリールに迫る軽量なルアーをキャストできる性能を持ちつつ、パワーフィッシングにも対応できる強度を兼ね備えていることが、スティーズ CT SV TWの大きなメリットであると言えます。

新型「TWS」

スティーズ CT SV TWのレベルワインドは、新型「TWS」(T-ウィングシステム)を採用。

TWSとはダイワ独自のT字をしたレベルワインド形状で、現在はクラッチのオン・オフに連動してレベルワインドが可動するターンアラウンド方式が採用されています。

キャスト時は広い開口部が前面となりラインの放出を妨げず、巻き取り時は溝にラインが入って綺麗に巻き上げられるのがTWSのメリットです。

コンパクトボディとスプールに合わせた新型TWSは、快適なキャストフィールをもたらしてくれます。

G1ジュラルミンマシンカットドライブギア

スティーズ CT SV TWのギアは、スティーズ SV TWと同じG1ジュラルミンマシンカットドライブギア。

G1ジュラルミンマシンカットドライブギアは、滑らかな巻き心地と感度の高さで定評があります。

クランクハンドル&I型フラットノブ

スティーズ CT SV TWのハンドルは、ブランキングされたクランクハンドルを搭載。

ハンドルノブは、人気のI型フラットノブが採用されています。

クランクハンドルによってボディに巻きの支点が近づきブレを防止し、つまみやすいI型フラットノブは感度の向上までサポートしてくれます。

デザイン

スティーズ CT SV TWのボディカラーは、落ち着きがありながらも輝きを持ったものとなっています。

またハイギアモデルはゴールドのハンドルプレート、エクストラハイギアモデルはパープルのハンドルプレート仕様となっているので、複数台持っている場合でも見分けが付きやすいです。

スティーズ CT SV TWとほかのスティーズシリーズとの違いは?

ここではスティーズシリーズの違いを表にまとめました。

モデル名 スプール径
(mm)
ギア比
ラインナップ
標準自重
(g)
ボディ素材 ソルト対応
スティーズ CT SV TW 30 6.3/8.3 150 現在不明
スティーズ リミテッド SV TN 34 6.3 148 エアメタル ×
スティーズ SV TW 34 6.3/7.1/8.1 160 エアメタル
スティーズ A TW 34 5.3/6.3/7.1/8.1 190 スーパーメタル

上記のような違いから、僕なりの使い分けをご紹介すると、

  • スティーズ CT SV TW…7グラム以下のルアー、近距離戦
  • スティーズ リミテッド SV TN…7~21グラムのルアー、手返し重視、バス専用
  • スティーズ SV TW…7~21グラムのルアーメイン、ギア比の使い分けをしたいとき
  • スティーズ A TW…21グラム以上のルアーメイン、ヘビーカバー攻略

となります。

それぞれの特徴を活かして、どこをメインにしていくかを考えて使い分けしてみるのがおすすめです。

スティーズ CT SV TWをチェック!

スティーズ CT SV TWの発売は、2019年3月予定となっています。

現在不明な点の詳細も分かり次第徐々に追記していきますので、随時こちらの記事をチェックしてみてください。

ダイワ・スティーズ CT SV TW公式ページはこちら

関連 シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】モデルチェンジなどの最新情報はここからチェック!

関連 ベイトリールの飛距離ランキングがあればトップ3に入ると思うリールをまとめてみた

関連記事一覧