2018年新製品スピニングリールのイメージ画像

タックル

シマノ・ダイワの2018年新製品スピニングリール・モデルチェンジ情報まとめ!

シマノとダイワからは2018年も新しいテクノロジーを搭載したスピニングリールが多数販売されます。

シマノ・ダイワともに注目の新製品が目白押しです。

この記事では2018年にシマノ・ダイワから発売となるスピニングリールをご紹介しています。

2018年新製品スピニングリール

シマノとダイワの2018年の新製品スピニングリールは、例年以上の気合の入り具合が見て取れるラインナップとなっています。

シマノは18ステラを始めとしたモデルチェンジ、ダイワは新しいLTコンセプトを搭載したスピニングリールに注目です。

この記事ではシマノ・ダイワから2018年に発売となった新製品スピニングリールをご紹介します。

関連 【シマノ・ダイワ】2018年リール情報!2019年の新製品情報はいつ頃出る?

シマノの2018年新製品スピニングリール

2018年のシマノのスピニングリールは、ベイトリールと同じくフラッグシップモデルから低価格帯のモデルまで万遍なく新製品が揃っています。

なんといってもステラのモデルチェンジを待ち望んでいた人は多いのではないでしょうか。

実際に僕も18ステラを使ってみて、シマノの技術力の高さを実感しています。

18ステラ

4年振りのモデルチェンジとなったシマノのフラッグシップスピニングの18ステラ。

「マイクロモジュールギアⅡ」と「サイレントドライブ」の2つの新機能を搭載しています。

従来のステラよりもさらに10~15グラムの軽量化が図られていて、より高い次元で釣りをしていくことが可能です。

関連 18ステラの開封インプレ!全26枚の画像で各部詳細や箱の中身をチェック!

18エクスセンスCI4+

18エクスセンスCI4+は、シマノのシーバスブランド「エクスセンス」のミドルクラスのスピニングリール。

C3000サイズに関しては195グラムと200グラムを切っていて、ほかのモデルに関しても同番手のスピニングリールからするとかなり軽いのが魅力です。

シーバス狙いのアングラーであれば、手にしておきたい性能を持ったリールとなっています。

関連 18エクスセンスCI4+はハイスペックなスピニング!シーバス専用モデルの詳細をチェック!

ストラディックSW

ストラディックSWはショアジギングやオフショアジギングなど、パワーを必要とする釣りにおすすめのスピニングリールです。

上位機種の17ツインパワーと比べても遜色ない実釣性能を持ちつつ、価格が1万5千円ほど安く抑えられているのは魅力です。

サイズとギア比が複数ラインナップされているので、ライトショアジギング・ショアジギング・オフショアジギング・キャスティングとさまざまな釣りで使うことができます。

関連 ストラディックSWとサステインやバイオマスターSWの違いは何?比較して分かりにくいところを明確にしてみた

ネクサーブ

ネクサーブは、初心者の方におすすめの低価格スピニングリール。

AR-Cスプールを搭載していますので、基本的なトラブル回避能力は高くなっています。

初心者の方は、糸付きモデルがあるのでそれから始めてみるのがおすすめです。

関連 シマノ・ネクサーブのおすすめ番手はこれを見れば分かる!セドナとの違いもご紹介!

ダイワの2018年新製品スピニングリール

60周年を迎えた2018年のダイワは「LTコンセプト」に注目。

新しいコンセプトを搭載したスピニングリールは軽く、強度面でも優れた性能を持っています。

ダイワに関してもフラッグシップモデルのイグジストのモデルチェンジを始め、注目すべきスピニングリールが非常に多いです。

18イグジスト

18イグジストは、いわずと知れたダイワのフラッグシップモデル。

LTコンセプトを搭載し、「オリジナルモデル」と「フィネスカスタムモデル」に分けられた充実のラインナップが魅力です。

新形状の「ロングキャストABSスプール」、コンパクトになった「モノコックボディ」でトラブルレス・高剛性を実現しています。

関連 18イグジストに不具合は出てる?18ステラとどっちが買いか比較してみた

18カルディア

ミドルクラスのスピニングリールとして人気のカルディアも2018年にモデルチェンジしました。

マグシールドを搭載していて、シーバスやエギング、アジングといったソルトルアーでおすすめのリールとなっています。

LTコンセプト搭載で実売2万円ほどなので、魚種に合わせて複数台揃えるならこのモデルがおすすめです。

関連 18カルディアでシーバス・エギング・アジングに適した番手はコレ!ベストサイズで快適に釣りをしよう!

タトゥーラLT

バスフィッシング向けのスピニングリールとして発売となった18タトゥーラLT。

注目ポイントはマグシールドを搭載していないことです。

ベイトリールと同じくタフな状況での使用も安心でありながら、アンダー200グラムの自重が魅力となっています。

関連 タトゥーラ(スピニングモデル)と18カルディアとの違いってなんだ?海水でも使えるの?

18フリームス

2018年のダイワスピニングリールで最も人気となるであろうモデルが、この18フリームスです。

「マグシールド」や「ロングキャストABSスプール」といったダイワの最新テクノロジーをしっかり搭載していながら、実売1万円から1万5千円程度と手頃な価格となっています。

LTコンセプトを搭載しつつ、この価格なので手にする方が多いと思われるリールです。

関連 18フリームスはエギングやショアジギングにおすすめ!ベアリングチューンでさらに使いやすくなる!

スイッチヒッター LBD

スイッチヒッター LBDは、レバーブレーキを搭載したシーバス専用のスピニングリール。

キャストの妨げにならないようにショートレバー仕様となっているのが特徴です。

レバーブレーキリールでは細いPEの使用が可能となるので、ルアーの飛距離アップやラインが受ける抵抗が減るといったメリットが受けられます。

関連 スイッチヒッターLBDはレバーブレーキ搭載のシーバス用スピニング!激戦区攻略の強い武器になる?

2018年のスピニングリールは買い替えどきかも?

かれこれ僕自身25年以上釣りをしてきていますが、2018年のシマノとダイワの新製品スピニングリールを見て思うのは、買い替えるにはよいタイミングだということです。

この2つのメーカーのリールのモデルチェンジ周期は現在3~4年となっていて、2018年にちょうどステラやイグジストなど多くのリールが当てはまっているのがその理由です。

各メーカーの最新リールを手に、いつもの釣り場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

関連 【シマノ・ダイワ】2018年リール情報!2019年の新製品情報はいつ頃出る?

関連 2018年新製品ベイトリール最新情報まとめ!【シマノ・ダイワ】

関連 【シマノ・ダイワ2018年新製品ロッド情報】モデルチェンジ・追加も多いぞ!

公開日:2018年2月24日
更新日:2018年9月19日

よく読まれている記事

  1. シーバスおすすめルアーの画像
  2. シマノ・ダイワの2019年新製品リールイメージ画像
  3. 18ステラの画像
  4. バス釣りおすすめルアーの画像
  5. バス釣りカラーの分かりやすい画像

最近の記事

  1. シーバスおすすめルアーの画像
  2. さまざまなカラーのシーバスルアーが並んだ画像
  3. グラスロッドで釣れたバスの画像
  4. シーバスビッグベイトの画像
  5. シマノ・ダイワの2019年新製品リールイメージ画像

カテゴリー

アーカイブ

  1. シーバスおすすめルアーの画像

    ソルトルアー

    シーバスルアーおすすめ26選【2018年最新版】数百万円釣りに使った釣り歴25年…
  2. バス釣りおすすめルアーの画像

    バス釣り

    バス釣りルアーおすすめ29選【2018年最新版】数百万円釣りに使ってきたバス釣り…
  3. 18ステラの画像

    タックル

    【シマノ・ダイワ】2018年リール情報!2019年の新製品情報はいつ頃出る?
  4. バス釣りカラーの分かりやすい画像

    バス釣り

    バス釣りでのカラーの使い分け【全22色】ハードルアー・ワームそれぞれの選び方を2…
  5. シマノ・ダイワの2019年新製品リールイメージ画像

    タックル

    シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】モデルチェンジなどの最新情報はここからチ…
PAGE TOP