• HOME
  • 投稿
  • タックル
  • 18バスワンXTは約10%も軽くなった低価格バスロッド!ベイトもスピニングも充実のラインナップに注目!
18バスワンXTのイメージ画像

18バスワンXTは約10%も軽くなった低価格バスロッド!ベイトもスピニングも充実のラインナップに注目!

バスワンXTはシマノの人気バスロッド。

現代のバスフィッシングシーンに合わせて2018年にモデルチェンジを行い、ベイトもスピニングも充実のラインナップとなっています。

この記事では18バスワンXTの詳細とおすすめモデルをご紹介しています。

banner
2020年新製品リール情報はこちら

18バスワンXTとは

シマノの人気バスロッドである「バスワンXT」。

そのバスワンXTが2018年にモデルチェンジしました。

低価格ながらも充実したスペックを持っているので、バス釣り初心者の方が最初に使うのにおすすめのロッドです。

この記事では18バスワンXTの詳細とおすすめモデルをご紹介します。

関連 バスロッドおすすめ18選【2019年版】選び方・人気メーカー製品をまとめてチェック!

バスワンXTの詳細

バスワンXTは低価格でありながら、注目すべきポイントがたくさんあります。

ここではバスワンXTの注目すべき詳細をご紹介します。

自重

18バスワンXTは前のモデルに比べて、約10%の軽量化に成功しています。

最も軽いモデルでは94グラム、最も長い6フィート10インチのモデルでも125グラムと、この価格でありながら十分な軽さを実現しています。

ロッドの軽さは感度やキャストの精度に関わってくる部分なので、シマノのこだわりがここから見えてきます。

ファイティンググリップ

18バスワンXTにはセパレートタイプの「ファイティンググリップ」が採用されています。

素材はEVAで、耐久性が高く長く使える設計としてあります。

EVA素材はコルクに比べて低価格であることが注目されがちですが、EVAには硬さがあるのでキャスト精度を高めるといった役割もあります。

軽量リールシート

18バスワンXTには、上位グレードに迫る「軽量リールシート」が使用してあります。

段差が少なく手になじむリールシートは握りやすく、自然に力が込めやすいのでキャストからアクション、やり取りまでスムーズに行うことが可能です。

新しいデザインの「ダウンロック式ナット」は、シルバーが映えて低価格であることを思わせない仕様としてあります。

センターカット2ピース

18バスワンXTは全モデルセンターカット2ピース仕様。

約1メートルの長さで収納できるので、自宅での保管場所や持ち運びの際にも困りません。

2ピースながらもロッドはスムーズな曲がり方をしてくれます。

テーパーデザイン

18バスワンXTは各モデルに合わせて「ファスト」、「レギュラーファスト」、「レギュラー」のいずれかのテーパーデザインとなっています。

テーパーデザインによって釣りのしやすさが大きく変わりますので、低価格ながら見逃せない注目ポイントです。

ベーシックモデルであっても手を抜かないシマノの姿勢が見受けられます。

関連 シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】2020年新製品発表時期・モデルチェンジ予想も!

18バスワンXTのラインナップ

18バスワンXTのラインナップは以下のようになっています。

ベイトモデル

・162ML-2
・162M-2
・166ML-2
・166M-2
・166MH-2
・1610M-2
・1610MH-2
・1610H-2

スピニングモデル

・260UL-2
・260L-2
・263UL-2
・263L-2
・263ML-2
・266L-2
・266ML-2

ベイトは8機種、スピニングは7機種の全部で15のラインナップ。

いずれも幅広い釣り方に対応できる、初心者におすすめのモデルです。

関連 シマノのバスロッドおすすめ10モデル!ここから選べば間違いなし!

バスワンXTのおすすめモデル

さまざまな機種があるバスワンXTですが、ここではベイトとスピニングからおすすめモデルをそれぞれ3機種ずつピックアップしてご紹介します。

どのモデルを購入すればよいか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ベイトモデル

162ML-2

162ML-2は、ポッパーやクランクベイトを使うとき、またキャスティングをしっかりと覚えたい方におすすめのモデルです。

柔らかく比較的短いこのモデルは使いやすく、オーバーヘッドキャストからトリックキャストまで覚えるのに最適です。

166M-2

中間的な長さと硬さを持っている166M-2。

1本でハードルアーもワームも使っていきたい方はこちらがおすすめです。

1610MH-2

1610MH-2は、スピナーベイトやディープクランク、バイブレーションといった重たいハードルアー、テキサスリグやラバージグを使いたい方におすすめです。

MH(ミディアムヘビー)の硬さがあるので、しっかりとバスの口にフッキングしていくことが可能となっています。

スピニングモデル

263UL-2

ノーシンカーや3グラム程度までのスモラバ、軽量ダウンショットを使いたいと考える方には263UL-2がおすすめ。

ティップが柔らかいファストテーパー設計にになっているので、細かな操作がしやすく、バスの食い込みもよいモデルです。

263L-2

263L-2は、汎用性の高いスピニングロッドが欲しいという方におすすめのモデル。

シリーズ中の中間的な硬さで、ジグヘッドやスプリットショット、ダウンショットリグを使ったり、シャッドやミノーを引いたりするにちょうどよいロッドです。

266ML-2

スピニングを使って遠投したい方におすすめの266ML-2。

シャッドや小型バイブレーション、5グラム程度のジグヘッドを遠投して使うのに最適です。

関連 ダイワのバスロッドおすすめ3選【2019年版】バス釣り初心者も安心の高性能ロッドをチェック!

18バスワンXTと組み合わせるのにおすすめのリール

ロッドを選ぶときにはリールとの組み合わせも大事なポイントです。

以下に18バスワンXTと組み合わせるのにおすすめのベイトリールとスピニングリールをひとつずつご紹介します。

18バスライズ

18バスライズは、シマノで一番低価格の初心者向けベイトリールです。

ブレーキ調整が簡単なイージーマグ機構でバックラッシュしにくく、投げやすいのが特徴となっています。

3.5号の糸付きモデルもあるので、初心者の方はまずこちらからベイトリールに慣れていくのがおすすめです。

関連 18バスライズは初心者におすすめのベイトリール!使いやすい糸付きモデルもあるぞ!

18ネクサーブ2500S

18ネクサーブは、2018年に日本デビューとなったスピニングリール。

18バスワンXTと組み合わせて使う大きさは、2500Sがベストです。

AR-Cスプールを搭載していてトラブルが少なく、価格も安いので初心者の方におすすめです。

関連 シマノ・ネクサーブのおすすめ番手はこれを見ればわかる!セドナとの違いもご紹介!

バスワンXTは初心者の方におすすめ!

この記事を書いている僕も、基本的なキャスティングやバス釣りの仕方はバスワンシリーズで覚えました。

高弾性ロッドやハイエンドモデルがもてはやされがちなバス釣り業界ですが、最初はある程度値段を抑えたロッドとリールで釣り方を覚えたほうが結果的に上達しやすいと思います。

この記事でお伝えした内容を参考に、18バスワンXTを使ってバス釣りを楽しんでみてください。

関連 バスロッドおすすめ18選【2019年版】選び方・人気メーカー製品をまとめてチェック!

関連 シマノのバスロッドおすすめ10モデル!ここから選べば間違いなし!

関連 ダイワのバスロッドおすすめ3選【2019年版】バス釣り初心者も安心の高性能ロッドをチェック!

公開日:2018年2月21日
更新日:2018年9月19日

この記事が役に立ったら
いいね!お願いします

Twitterで

関連記事一覧