• HOME
  • 投稿
  • タックル
  • HRFソニックスピードはロックフィッシュ専用のベイトリール!超高速ギアを使いこなそう!
HRFソニックスピードのイメージ画像

HRFソニックスピードはロックフィッシュ専用のベイトリール!超高速ギアを使いこなそう!

HRFソニックスピードはダイワが2018年に発売したロックフィッシュ専用のベイトリール。

大型のソイやビール瓶サイズのアイナメを狙っていくには欠かせないリールです。

今回はHRFソニックスピードの詳細をご紹介していきます。

青物フェアのバナー画像

HRFソニックスピードとは

HRFソニックスピードはダイワが2018年に発売したロックフィッシュ専用のベイトリールです。

大型のソイやビール瓶サイズのアイナメをターゲットにした強靭な構造で、魚のキャッチまでスムーズに行えるリールとなっています。

本記事ではHRFソニックスピードの搭載テクノロジーや、ラインナップをご紹介していきます。

関連 シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】夏発表の新製品も!

HRFソニックスピードの搭載テクノロジー

HRFソニックスピードは、まず壊れることがないような剛性が大きな魅力。

ギアやボディの強度、また防水性においても非常に優れているテクノロジーが搭載されています。

以下にわかりやすくご紹介しますので、参考にしてみてください。

ハイパーデジギア

「ハイパーデジギア」は、C6191素材というとても硬い金属を使用したギアです。

過去にソルトウォーターリールのハイエンドである「ソルティガ」で採用されたのち小型化もされ、今では強度重視のリールに幅広く搭載されています。

HRFソニックスピードはギア比9.1とかなりのハイギアに設定してありますが、伝達効率がよく、壊れることを心配しなくてよいハイパーデジギアであれば問題ないでしょう。

マグシールドボールベアリング

「マグシールドボールベアリング」は、磁性を持つオイルとシーリングによって、ベアリング内部への水や埃の浸入を防いであるダイワ独自のベアリングです。

このマグシールドボールベアリングは、初期回転性能を維持することに役立ち、異音やゴロ感の軽減を図りつつ、高い耐久性を持ったものとなっています。

TWS(T-ウイングシステム)

レベルワインドをT字型にすることで、キャスト時は放出抵抗を少なく、リトリーブ時は綺麗に巻き取れる新しいレベルワインドが「TWS(T-ウイングシステム)」です。

TWS搭載のベイトリールを実際に使ってみると、そのキャスト抵抗の少なさに驚かれることと思います。

放出抵抗が少ないことで飛距離アップが図れると同時に、クラッチを切ってラインを送り出すことが多いロックフィッシュの釣りで使いやすいものとなっています。

マグフォースZ PE

HRFソニックスピードのブレーキシステムは、「マグフォースZ PE」です。

ロックフィッシュの釣りでPEラインを使っていても、バックラッシュを起こしにくい優れたブレーキシステムとなっています。

また、HRFソニックスピードのスプール径は36ミリとなっていますので、ロックフィッシュで使う重たいシンカーが快適にキャストできるようになっています。

関連 よく飛ぶベイトリール9選!遠投するための3つのポイントも紹介!

HRFソニックスピードのラインナップ

HRFソニックスピードはギア比9.1のモデルのみ、左右のハンドル違いの2機種がラインナップされています。

選ぶ際には、利き手でハンドルを巻けるハンドル向きのモデルを選ぶのがおすすめです。

ロックフィッシュのようにパワーが必要となる釣りでは、利き手でハンドルを力強く巻くほうが効率よく釣りを展開できます。

HRFソニックスピードで大型ロックフィッシュをゲット!

ロックフィッシュ専用設計となっているベイトリールは意外に少なく、僕自身候補として思いつくものがHRFソニックスピードを含め3機種ほどしかありません。

なかでも使うのであればHRFソニックスピードがおすすめです。

ぜひロックフィッシュの釣りに親しむ方は使ってみてください。

関連 シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】夏発表の新製品も!

関連 よく飛ぶベイトリール9選!遠投するための3つのポイントも紹介!

関連 バックラッシュしない(しにくい)ベイトリール9選!バックラッシュしない方法もご紹介!

公開日:2018年1月26日
更新日:2018年8月29日

関連記事一覧