• HOME
  • 投稿
  • タックル
  • ストラディックSWとサステインやバイオマスターSWの違いは何?比較してわかりにくいところを明確にしてみた
ストラディックSWのイメージ画像

ストラディックSWとサステインやバイオマスターSWの違いは何?比較してわかりにくいところを明確にしてみた

ストラディックSWは2018年にシマノから発売されたスピニングリールです。

性能と価格のバランスが良く、コストパフォーマンスに優れています。

この記事ではストラディックSWの搭載テクノロジーや、サステイン・バイオマスターSWとの違いをわかりやすくご紹介します。

青物フェアのバナー画像

ストラディックSWとは

ストラディックSWは、ショアジギングや磯でのヒラスズキ狙いなど、過酷なソルトウォーターシーンでの使用を想定して設計されたスピニングリールです。

2018年に発売となり、良い性能を持ちながらも手にしやすい価格で人気となっています。

しかし、シマノにはサステインやバイオマスターSWのように、ストラディックSWとの違いがわかりにくい製品もあり、購入時に迷ってしまう人が多いです。

この記事ではストラディックSWの搭載テクノロジーから、ほかのリールとの違いまでをわかりやすくご紹介します。

関連 シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】夏発表の新製品も!

ストラディックSWの搭載テクノロジー

ストラディックSWは、大きな魚を掛けても大丈夫なギアシステムやボディ、水が浸入しにくい構造としてあるのが特徴です。

以下に主な搭載テクノロジーの詳細をご紹介していきます。

Xプロテクト

「Xプロテクト」は、防水壁構造と特殊グリスにより水の浸入を防ぐ、シマノ独自の防水構造です。

ストラディックSWにおいては、ローラークラッチ部分とラインローラーに採用してあり、水しぶきを浴びるような環境であっても水の浸入を気にせず釣りをしていくことが可能です。

“HAGANE”ギア

金属を切削するのでなく、約200トンの圧力でプレス加工することによって生み出されている「“HAGANE”ギア」。

切削なしでミクロン単位の仕上げをしてあり、強度が高く、かつ巻き心地が非常に良い定評のあるギアとなっています。

“HAGANE”ボディ

防水構造や高い強度を誇るギアも、ボディが歪んでは意味がありません。

ストラディックSWには「“HAGANE”ボディ」が採用され、歪みの少ない高い強度を持ちあわせています。

多少の衝撃であれば問題ない耐久性を持っているので、過酷な使用シーンでも安心して使えるでしょう。

AR-Cスプール

「AR-Cスプール」は、ライントラブルを軽減しながら飛距離を伸ばせる高い清流効果を持ったシマノ独自のスプール。

長年このスプールを搭載したリールを使っていますが、糸が一気に出て絡むトラブルに見舞われた記憶がないです。

ストラディックSWに関しては「カーボンクロスワッシャ」の採用でドラグシステムの強化が図られています。

CI4+ハンドルノブ

ストラディックSWで注目したいのがハンドルノブ。

握る方向を選ばない丸型でカーボン製の「CI4+ハンドルノブ」が搭載されています。

丸型のハンドルノブは、ショアジギングのような縦にアクションを加える釣りでは特に使いやすいです。

ストラディックSWとほかのリールの違いとは?

ストラディックSWを購入する際には、同じようなラインナップや性能・価格帯となっている「サステイン」や「バイオマスターSW」との違いを気にされる方が多いです。

ここではそれぞれの違いをわかりやすくご紹介します。

ストラディックSWとサステインの違い

サステインには「NEWマグナムライトローター」「CI4+」「リジッドサポートドラグ」といったストラディックSWにはない機能が搭載されているのが大きな違いです。

「NEWマグナムライトローター」は巻き始めの回転の軽さが魅力で、「リジッドサポートドラグ」は安定したドラグ性能を発揮してくれるシステムとなっています。

またカーボン素材の「CI4+」が使用されていることで同番手で比較すると、サステイン4000XGは285グラム、ストラディックSW4000XGでは305グラムと20グラムの自重差があります。

これらの違いから、磯でのシーバス狙いやライトショアジギングのような比較的ライトタックルで使用するのであれば、サステインがおすすめです。

ストラディックSWとバイオマスターSWの違い

ストラディックSWとバイオマスターSWは、ボディサイズのラインナップが大きな違いとなっています。

性能面に関しては、リールの重心を手元に近づけた「Gフリーボディ」がストラディックSWには採用されているので上になるでしょう。

しかし、バイオマスターSWには6000・8000・10000番といったストラディックSWにはラインナップされていない大きさがあります。

そのため、4000・5000番を購入するのであればストラディックSW、それ以上の大きさが必要な場合は6000~10000番があるバイオマスターSWがおすすめです。

関連 【シマノ・ダイワ2018年新製品ロッド情報】モデルチェンジ・追加も多いぞ!

ストラディックSWのラインナップ

ストラディックSWのラインナップは全部で4機種。

各番手の詳細とともに以下にご紹介します。

4000HG

4000HGは、一般的な使用であれば最もおすすめのモデルです。

最大80グラム程度のメタルジグ、PE2号までの使用を考えているのであれば、4000番台が使いやすいです。

4000XG

巻き上げの速い4000XGは、テクニカルな誘いがしやすいモデル。

フォールで喰わせてすぐさまフッキングする必要があるタチウオやサワラ、またトップウォーターやミノーでのナブラ撃ちにおいて使いやすいです。

5000XG

ハンドル1回転あたり最大103センチの巻き取り可能な5000XG。

エクストラハイギアのリールは、高速リトリーブのジャカジャカ巻きを行ったり、不意に起きたナブラにいち早くキャストしたりするのに役立ってくれます。

5000PG

5000PGは、パワーギア搭載の巻き上げ力重視モデル。

比較的長い時間釣りをすることが多い方は、巻き上げが楽なこのモデルがおすすめです。

ストラディックSWで大物攻略!

ストラディックSWは多数のテクノロジーを搭載しながら実売で2万円前半なので、比較的購入しやすいのではないでしょうか。

ご紹介した番手ごとに適した釣り方や、ほかのリールとの比較を参考にしながら選んでいただければと思います。

関連 シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】夏発表の新製品も!

関連 【シマノ・ダイワ2018年新製品ロッド情報】モデルチェンジ・追加も多いぞ!

関連 シーバスルアーおすすめ19選|数百万円釣りに使った釣り歴26年目の僕が釣れる一軍シーバスルアーをご紹介!

公開日:2018年1月25日
更新日:2018年8月23日

関連記事一覧