18エクスセンスCI4+のイメージ画像

18エクスセンスCI4+はハイスペックなスピニング!シーバス専用モデルの詳細をチェック!

18エクスセンスCI4+は、シマノから2018年発売となったシーバス専用スピニングリールです。

CI4+シリーズとして初めて「Xプロテクト」を搭載したリールとなっています。

この記事では18エクスセンスCI4+の詳細をご紹介しています。

18エクスセンスCI4+とは

シマノのシーバス専用ブランドであるエクスセンスシリーズ。

そのエクスセンスから2018年に発売となったのが「18エクスセンスCI4+」です。

ミドルクラスの価格帯でありながら、CI4+シリーズ初の「Xプロテクト」を搭載するなど、注目すべき点がとても多いリールです。

今回は18エクスセンスCI4+の詳細をご紹介します。

関連 シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】モデルチェンジなどの最新情報はここからチェック!

18エクスセンスCI4+の搭載テクノロジー

18エクスセンスCI4+は、シーバス狙いで必要となるパワー、そして軽さをバランスよく持ち合わせたリールです。

下記に18エクスセンスCI4+の搭載テクノロジーを分かりやすくご紹介します。

Xプロテクト

「Xプロテクト」は、シマノスピニングリール独自の防水構造です。

防水壁構造と特殊撥水グリスの併用で高い防水性能を実現していて、ウェーディングや磯での釣りなど水しぶきがリールにかかるような状況でも問題なく回転性能を維持してくれるようになっています。

CI4+

「CI4+」は腐食する心配が無く、軽くて強いといった理想的なカーボン製のリール素材です。

個人的な印象としては、CI4+のようなカーボン素材を使っているリールは、ルアーの振動がしっかり手元まで伝わってきてくれるのが特徴だと思っています。

シーバスで使うような4000番クラスまでのリールでは、最も理想的な素材ではないでしょうか。

“HAGANE”ギア

精密冷間鍛造というシマノ独自のプレス技術を駆使して作られた「“HAGANE”ギア」。

とても高い強度を誇るギアで、欠けたという話を聞いたことがありません。

NEWマグナムライトローター

「NEWマグナムライトローター」は、巻き始めがとても軽く、そして止めたいときにピタッと止められる慣性力を抑えたローターです。

特にNEWマグナムライトローターの搭載されたリールを使ってみると、巻き始めの軽さに驚くことと思います。

AR-Cスプール

ストレートスプールの淀みないライン放出に、スプールエッジの工夫でトラブルを抑えてある「AR-Cスプール」。

いまやシマノのスピニングリールに標準装備となっている欠かせないスプール形状で、ラインが一気に出るトラブルが本当に少ないです。

また18エクスセンスCI4+では「ラピッドファイアドラグ」が採用されていて、少しの調整でもしっかりと効き方が変わってくれる仕様となっています。

関連 シーバスリールおすすめ5選【2019年版】個人の経験をもとにした番手(サイズ)選びも解説!

18エクスセンスCI4+のラインナップ

18エクスセンスCI4+には、全4機種のラインナップがあります。

ほかのメーカーの同クラススピニングと比較すると、その軽さや性能が際立つ存在です。

ここでは全4機種のラインナップを、使用想定シチュエーションとあわせてご紹介します。

C3000M

ラインナップ中最も小型番手である「C3000M」。

少し短めのシーバスロッドと組み合わせたり、バチ抜けやワームを使った釣りなど繊細さが求められる場合に使うのがよいでしょう。

C3000MHG

「C3000MHG」は、先にご紹介したC3000Mをハイギア仕様にしたモデル。

仕様シチュエーションはC3000Mと同じようなものとなりますが、ラインスラックを速く巻き取りやすかったり、ルアーの振動や流れの変化をより敏感に感じ取りやすいのが特徴です。

3000MHG

ラインナップの中間的サイズで、最も汎用性が高い番手が「3000MHG」です。

9フィート台のシーバスロッドにはベストサイズとなっています。

迷ったときには3000MHGを購入するのが一番無難です。

4000MXG

「4000MXG」はエキストラハイギアを搭載し、ハンドル1回転あたり最大99センチの巻き取りが可能となっているモデル。

磯やサーフでシーバスを狙うときにおすすめの番手で、ほかにもロックフィッシュやライトショアジギングのように巻き取りが速いリールが有利な釣り方でも使いやすいです。

関連 シーバスルアーおすすめ22選|数百万円釣りに使った釣り歴26年目の僕が釣れる一軍シーバスルアーをご紹介!

18エクスセンスCI4+で快適なシーバスフィッシングを!

18エクスセンスCI4+の搭載テクノロジーや軽さは、釣り人に大きなメリットをもたらしてくれることと思います。

ご紹介した機種ごとの使用シチュエーションを参考にしつつ、ぜひ18エクスセンスCI4+を使ってみてください。

関連 シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】モデルチェンジなどの最新情報はここからチェック!

関連 【シマノ・ダイワ2018年新製品ロッド情報】モデルチェンジ・追加も多いぞ!

関連 シーバスルアーおすすめ22選|数百万円釣りに使った釣り歴26年目の僕が釣れる一軍シーバスルアーをご紹介!

公開日:2018年1月23日
更新日:2018年8月22日

よく読まれている記事

  1. 春のブラックバスの画像
  2. バス釣りおすすめルアーの画像
  3. バス釣り用スピニングリールの画像
  4. シーバスロッドのイメージ画像
  5. 2019年新製品リールイメージ画像

最近の記事

  1. よく飛ぶベイトリールのイメージ画像
  2. 春のブラックバスの画像
  3. バス釣り用PEラインの画像
  4. ブラックバスの画像
  5. バス釣りおすすめワームで釣れたブラックバスの画像

カテゴリー

アーカイブ

  1. バス釣りおすすめルアーの画像

    バス釣り

    バス釣りルアーおすすめ29選|数百万円釣りに使ってきたバス釣り歴26年目の僕が自…
  2. 2019年新製品リールイメージ画像

    タックル

    シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】モデルチェンジなどの最新情報はここからチ…
  3. シーバスおすすめルアーの画像

    ソルトルアー

    シーバスルアーおすすめ22選|数百万円釣りに使った釣り歴26年目の僕が釣れる一軍…
  4. バス釣り用スピニングリールの画像

    バス釣り

    バス釣り用スピニングリールおすすめ5選【2019年版】番手選びや使うラインの太さ…
  5. シーバスロッドのイメージ画像

    ソルトルアー

    シーバスロッドおすすめ8選【2019年版】長さや硬さの選び方を詳しく解説!
PAGE TOP