• HOME
  • 投稿
  • タックル
  • シマノ・ネクサーブのおすすめ番手はこれを見ればわかる!セドナとの違いもご紹介!
ネクサーブのイメージ画像

シマノ・ネクサーブのおすすめ番手はこれを見ればわかる!セドナとの違いもご紹介!

ネクサーブは2018年にシマノから発売されたスピニングリール。

コストパフォーマンスが高く、釣り初心者におすすめのリールです。

この記事ではネクサーブのおすすめ番手や、比較されることが多いセドナとの違いをご紹介しています。

青物フェアのバナー画像

ネクサーブとは

ネクサーブは2018年にシマノから発売された低価格帯のスピニングリールです。

低価格ながらも、飛距離を伸ばしながらトラブルを抑える「AR-Cスプール」や、高輝度塗装・メッキパーツ・スプールへの飾り穴加工といったデザインで安っぽさを感じさせないリールとなっています。

淡水でも海水でも使えるので、釣り初心者の方が使ってみるリールとしておすすめです。

関連 シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】夏発表の新製品も!

ネクサーブのおすすめ番手

初心者におすすめのネクサーブですが、釣り方によって適切な番手選びが必要となります。

ネクサーブでは1000番からC5000番までのラインナップがありますので、釣り方にあわせて選びやすいです。

ここではネクサーブのおすすめ番手を、釣り方の目安と併せてご紹介します。

1000

管理釣り場でニジマスを狙ったり、海でアジングやメバリングをやってみようという方にはラインナップで一番小さな1000がおすすめ。

繰り返し投げることが多くなる小型ルアーを使った釣りでは、リールは小さいほうが使いやすいです。

2500(2.5号-150m糸付)

ネクサーブには糸付きのモデルもラインナップされています。

2500の糸付きモデルは、防波堤でのサビキ釣りやウキ釣りや、バス釣りで使いやすいサイズです。

2500は汎用性が高いので、どんな釣りをするか決めてない方にもおすすめです。

2500S

バス釣りで使うのであれば、2500Sが最適。

2500はバスロッドとのバランスがよく、品番の「S」はシャロースプール(浅溝)をあらわしていて、バス釣りで使うラインを適量巻くことができます。

C3000

海でシーバスやヒラメを狙うときにはC3000がベストサイズ。

C3000は、シーバスやヒラメで使われる9フィート台のロッドとの重量バランス、巻き取り量がちょうどよく使いやすいです。

C3000DH

ネクサーブにはダブルハンドル搭載モデルもラインナップされています。

C3000DHは、エギングに最適な大きさとダブルハンドルを兼ね備えている番手です。

エギを使ってアオリイカやコウイカを狙おうという方は、C3000DHを使ってみてください。

4000HG

メタルジグを使ってブリやサワラを狙おうという方は、4000HGを使ってみてください。

品番のHGは「ハイギア」を意味し、ラインを速く巻き取れるのが特徴となっています。

4000番の大きさがあれば、大きな魚が掛かったときでも安心です。

関連 シーバスリールおすすめ5選【2019年版】個人の経験をもとにした番手(サイズ)選びも解説!

ネクサーブとセドナは何が違う?

ネクサーブとよく似たスピニングリールで「セドナ」という製品があります。

セドナはネクサーブより少し性能がよいリールで、強度に定評のある「“HAGANE”ギア」や、リールの内部バランスを上手く取った「Gフリーボディ」が採用されているのが大きな特徴です。

またセドナでは、ネクサーブにない6000番や8000番といった大きな番手もラインナップされています。

少しでも性能がよいリールがほしい方や、大型番手が必要という方はセドナを選んでみるとよいのではないでしょうか。

まずはネクサーブで釣りに挑戦!

これから釣りを始めようと思っている方や、あまり釣りに行かないけれども自分のリールがほしいという方にネクサーブはおすすめです。

今回ご紹介した釣り方にあわせた番手を参考にしつつ、ご自身が使いやすいリールを選んでもらえればと思います。

関連 シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】夏発表の新製品も!

関連 バス釣りワームおすすめ19選|釣れるワームはコレを見ればわかる!

関連 シーバスルアーおすすめ19選|数百万円釣りに使った釣り歴26年目の僕が釣れる一軍シーバスルアーをご紹介!

公開日:2018年1月15日
更新日:2018年8月20日

関連記事一覧