• HOME
  • 投稿
  • タックル
  • SVライトリミテッドはベイトフィネスリールじゃない?新しい位置づけであるベイトリールの詳細をチェック!
SVライトリミテッドのイメージ画像

SVライトリミテッドはベイトフィネスリールじゃない?新しい位置づけであるベイトリールの詳細をチェック!

SVライトリミテッドは、2018年にダイワから発売となったベイトリール。

今まで通常のベイトリールで使うのか、ベイトフィネスリールで使うのか迷っていたルアーを使うのに適したベイトリールです。

この記事ではSVライトリミテッドの詳細をご紹介しています。

banner
2020年新製品リール情報はこちら

SVライトリミテッドとは

2018年にダイワから発売された「SVライトリミテッド」。

先に販売されている「SSSV」と「SSAIR」を融合させたような性能を持ち、今までどのリールで使えばよいか迷いがちだった重さのルアーを快適に扱えるようになっています。

この記事ではSVライトリミテッドに搭載されたテクノロジーや、ラインナップの詳細をご紹介します。

関連 シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】2020年新製品発表時期・モデルチェンジ予想も!

SVライトリミテッドに搭載されたテクノロジー

SVライトリミテッドは、ダイワの技術をふんだんに盛り込んだ設計となっています。

その詳細を以下に詳しくご紹介します。

G1ジュラルミン製超高精度SVスプール

SVライトリミテッドは、「G1ジュラルミン製超高精度SVスプール」を標準装備。

スプール径は32ミリで、MAエアブレーキシステムを搭載し、比較的軽量なルアーでもバックラッシュを起こしにくい設定となっています。

糸巻量は8ポンド最大80メートル、20ポンド最大30メートルと少し深めに設定してあるのが特徴で、さまざまなポンド数を使いやすいようにしてあります。

SVライトリミテッドで想定されている使用ルアーウエイトは5グラム前後となっていますので、シャッドや小型スピナーベイト、ライトテキサスを使うのに最適です。

ギア比と自重

SVライトリミテッドのギア比は、6.3と8.1の2種類となっています。

自重は、ギア比6.3のモデルが148グラム、ギア比8.1のモデルが153グラムと、いずれも軽量です。

この自重であればキャストの振り抜きやすさや、ルアー操作に十分すぎるほどのアドバンテージを与えてくれることでしょう。

カーボン製クランクハンドル

SVライトリミテッドには、長さ80ミリのカーボン製クランクハンドルが採用されています。

ハンドルが軽いと、リールバランスがよくなり感度や操作性アップにつながります。

また「ハイグリップIシェイプ ライトノブ」は、微妙な力調整がしやすい使いやすいハンドルノブです。

関連 バックラッシュしない(しにくい)ベイトリール9選!バックラッシュしない方法もご紹介!

SVライトリミテッドのラインナップ

SVライトリミテッドのラインナップは、全部で4種類。

ここではギア比別に、おすすめの釣り方とあわせて全4ラインナップをご紹介します。

6.3R-TNおよび6.3L-TN

ギア比6.3はハンドル1回転あたり最大63センチの巻き取りができるモデルです。

主にシャッドや小型スピナーベイト、クランクベイトなど巻き物メインで使うのであれば、ギア比6.3のモデルがおすすめです。

8.1R-TNおよび8.1L-TN

ギア比8.1のモデルは、ハンドル1回転あたり最大81センチの高速巻き取りができます。

手返しよく釣っていく釣り方に最適で、主にワームを使うのであればギア比8.1のモデルがよいでしょう。

SVライトリミテッドで今まで投げにくかったルアーも快適に

SVライトリミテッドがあれば、通常のベイトリールやベイトフィネスリール、またスピニングリールも含めてどのタックルで投げればいいかわかりにくいルアーを使いやすくなります。

あまり使われていない位置にあるルアーを使えることで、釣果アップに繋がってくれることでしょう。

ご自身の使い方にあったギア比のSVライトリミテッドをぜひ使ってみてください。

関連 シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】2020年新製品発表時期・モデルチェンジ予想も!

関連 バックラッシュしない(しにくい)ベイトリール9選!バックラッシュしない方法もご紹介!

関連 ベイトフィネスリールおすすめ9選|人気メーカーの製品を価格帯別にチェック!

公開日:2018年1月7日
更新日:2018年8月17日

関連記事一覧