• HOME
  • 投稿
  • タックル
  • 18バスライズは初心者におすすめのベイトリール!使いやすい糸付きモデルもあるぞ!
18バスライズのイメージ画像

18バスライズは初心者におすすめのベイトリール!使いやすい糸付きモデルもあるぞ!

18バスライズはシマノから発売されている初心者向けのベイトリールです。

初心者向けとはいえどもその使いやすさは決して上位機種にも劣らないものとなっています。

この記事では18バスライズの詳細をご紹介しています。

banner
2020年新製品リール情報はこちら

18バスライズとは

18バスライズは、2018年にシマノから発売されたベイトリール。

バスライズシリーズは、バス釣り初心者の方が最初に使うベイトリールとして最適です。

価格は実売で5,000円前後と手にしやすい価格帯ながら、そのインプレやレビューは好評なものがほとんどとなっています。

ベイトリールにこれから挑戦しようと考えている方におすすめのベイトリールです。

関連 シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】2020年新製品発表時期・モデルチェンジ予想も!

18バスライズの各部詳細

18バスライズはベイトリールが初めてでも使い方がわかりやすく、かつ汎用性を高めにしてあるのが特徴です。

以下に各部の詳細をご紹介していきます。

ブレーキシステム

18バスライズのブレーキシステムは「イージーマグ」。

初心者の方でもバックラッシュしにくいマグネットブレーキ仕様のブレーキで、強さは外部ダイヤルで簡単に調整できるようになっています。

マグネットブレーキであれば、キャスト初期段階から少しブレーキが効いてくれるのでバックラッシュしにくいです。

スプール

ベイトリールの黄金比である34ミリ径スプールを搭載している18バスライズ。

バス釣りで使うことが多い重さのルアーを使いやすいのが、34ミリ径スプールの特徴です。

糸巻量は16ポンド100メートルと十分な巻き量となっています。

最初から3.5号のラインを巻いてあり、そのまま使えるものも発売されています。

ギア比

18バスライズのギア比は7.2で、ハンドル1回転あたり最大77センチの巻き取りができるようになっています。

ハードルアーもワームも使いやすいギア比なので、まずはベイトリールがどんな感じで使えるのか試してみたい方にはもってこいのモデルです。

ハンドル

18バスライズには、ボディ側に重心を寄せて巻きブレなどを少なくする効果がある「クランクハンドル」を搭載。

ハンドルノブは以前上位機種にも搭載されていたI字形状のノブで、低価格ながらも握りやすく巻き取りしやすいハンドル仕様となっています。

自重

18バスライズの自重は200グラムで、実釣には十分な軽さです。

以前のエントリー用ベイトリールであれば重たいものが多かったですが、現在では十分なところまで軽量化されているといってよいでしょう。

関連 バックラッシュしない(しにくい)ベイトリール9選!バックラッシュしない方法もご紹介!

18バスライズのラインナップ

18バスライズは右巻きで、糸無しと3.5号糸付きの2つがラインナップされています。

自分でラインを持っていたり巻いたりできる方は糸無し、ラインの巻き方がわからなかったり買ってそのまま使いたいという方は糸付きのモデルを購入してみてください。

18バスライズでベイトにチャレンジ!

僕自身バス釣りを20年以上楽しんでいますが、18バスライズのような最新のエントリーモデルは、数年前の1万5千円から2万円くらいのベイトリールと同じくらいの印象を受けています。

今回の18バスライズも実際に触ってみたところ、以前のスコーピオンのような感じを受けました。

まだベイトリールにチャレンジしたことがないという方は、ぜひ18バスライズでベイトにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

関連 シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】2020年新製品発表時期・モデルチェンジ予想も!

関連 ベイトリールの使い方はどうすればいい?初心者でもバックラッシュしないとっておきの方法も紹介!

関連 バックラッシュしない(しにくい)ベイトリール9選!バックラッシュしない方法もご紹介!

公開日:2018年1月1日
更新日:2018年8月15日

関連記事一覧