• HOME
  • 投稿
  • タックル
  • アルデバランMGLはベイトフィネス専用機!ロッドやラインはどんなものがいい?
アルデバランMGLのイメージ画像

アルデバランMGLはベイトフィネス専用機!ロッドやラインはどんなものがいい?

シマノからベイトフィネス専用機として発売されているアルデバランMGL。

軽量ルアーをキャストしやすく、自重135グラムと軽いベイトリールとなっています。

この記事ではアルデバランMGLの詳細や、組み合わせるのにおすすめのロッドやラインをご紹介しています。

banner

アルデバランMGLとは

アルデバランMGLは、シマノから2018年に発売されたベイトフィネス専用のリールです。

軽量なルアーのキャストが簡単にできて、ボディはコンパクトで自重がとても軽いので、操作性も非常に高められるベイトリールとなっています。

この記事では、アルデバランMGLの特徴やラインナップ、組み合わせるのにおすすめのタックルをご紹介します。

関連 シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】モデルチェンジなどの最新情報はここからチェック!

アルデバランMGLの技術特性

ベイトフィネス専用機であるアルデバランMGLには、シマノの最新技術がふんだんに搭載されています。

ここではアルデバランMGLの主な技術特性をご紹介します。

新設計NEWマグナムライトスプール

アルデバランMGLには新設計のNEWマグナムライトスプールが搭載されています。

従来は34ミリ径のマグナムライトスプールのみでしたが、アルデバランMGLに搭載されているのは32ミリ径で浅溝タイプのスプールです。

スプール側面にブランキング(穴開け)加工をすることによって慣性力を低減し、バックラッシュを抑えながら軽量ルアーのキャストが可能となっています。

CI4

軽量なカーボン素材である「CI4」を採用してあるアルデバランMGL。

これによって数あるベイトリールの中でも軽量な135グラムの自重を実現しています。

サイレントチューン

スプール高回転時のベアリング振動を抑える「サイレントチューン」も、アルデバランMGLでは見逃せないポイントです。

サイレントチューンは、スプール回転の立ち上がりにも貢献してくれて、軽量なルアーのキャストフィール向上に役立っています。

このサイレントチューンが搭載されているベイトリールは、シマノ独特の静穏性がさらに向上されているように感じられます。

関連 2018年新製品ベイトリール最新情報まとめ!【シマノ・ダイワ】

アルデバランMGLのラインナップ

アルデバランMGLのラインナップは全4機種。

ここではおすすめの使い方と併せて、全4機種のラインナップをご紹介します。

30

30はギア比6.5のノーマルギア、右巻きのモデル。

小型のクランクベイトや軽量スピナーベイト、シャッドを使うような釣りで使いやすいです。

31

ノーマルギアで左巻きモデルの31 LEFTは、トゥイッチやドッグウォークなどアクション重視で使う場合におすすめです。

ミノーや小型トップウォーターの釣りで活躍してくれます。

30HG

30HGはギア比7.4のハイギア右巻きモデル。

ダウンショットやライトテキサスなどのワームフィッシング、感度重視のハードルアーの釣りで使いやすいです。

31HG

31HGは、近距離のワームフィッシングで使いやすいモデルです。

効率重視でテンポよく釣りをしていくことで、釣果アップに貢献してくれます。

関連 バックラッシュしない(しにくい)ベイトリール9選!バックラッシュしない方法もご紹介!

アルデバランMGLにおすすめのロッド

アルデバランMGLはベイトフィネス専用機となので、それに適したロッド選びがポイントとなります。

ここではアルデバランMGLと組み合わせるのにおすすめのロッドを3機種ご紹介します。

シマノ ポイズンアドレナ 163L-BFS

ソフトなティップで軽量ルアーのキャストから操作までをこなしやすいベイトフィネス専用のポイズンアドレナ 163L-BFS。

ライトテキサスやスモラバをピンスポットに撃ち込んで、細かなシェイクで誘って食わせるにはこのロッドがおすすめです。

シマノ ゾディアス 168L-BFS/2

ゾディアス 168L-BFS/2は、コストパフォーマンスに優れ、2ピース仕様で持ち運びしやすいベイトフィネスロッドです。

セミマイクロガイド採用など、随所に価格以上のこだわりが見られる製品となっています。

レジットデザイン ワイルドサイド WSC64L ベイトフィネス

ワイルドサイド WSC64Lベイトフィネスは、46トン・24トンのカーボンをそれぞれ組み合わせ、さらにアラミド繊維で補強したブランクスを使用したロッド。

強さを持ちあわせながら、標準自重94グラムの軽さも魅力のベイトフィネスロッドとなっています。

関連 バスロッドおすすめ18選【2019年版】選ぶときのポイント・人気メーカーのおすすめ品をまとめてチェック!

アルデバランMGLにおすすめのライン

アルデバランMGLでは、ハードルアーを使うときにはナイロンライン、ワームやスモラバを使う際にはフロロカーボンラインがおすすめです。

下記にナイロン、フロロそれぞれのおすすめ品をご紹介しますので、参考にしてみてください。

サンライン シューター マシンガンキャスト

ナイロンラインの特性を持ちつつ、高い耐摩耗性で擦れに強いマシンガンキャスト。

アルデバランMGLでハードルアーを使う場合の太さは、6ポンドもしくは8ポンドがおすすめです。

サンライン シューター FCスナイパー

FCスナイパーは、使ってみるとその強度の高さが分かるフロロカーボンラインです。

以前ベイトフィネスで6ポンドを使っていたときに、底にあった木を丸ごと浮かせてきたことでこのラインの強さを実感しました。

ベイトフィネスであれば、6~12ポンドの太さが使いやすいです。

関連 バス釣りラインおすすめ9選|リール別の太さ選びや種類ごとの特徴を簡単に解説!

アルデバランMGLでベイトフィネスの強みを実感しよう!

アルデバランMGLはベイトフィネスが初めての方も、経験者も満足できるベイトリールとなっています。

ベイトフィネスリールで迷っているのであれば、まずアルデバランMGLを使えば間違いないでしょう。

ぜひこの記事でご紹介したロッドやラインと一緒に、アルデバランMGLを使ってみてください。

関連 シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】モデルチェンジなどの最新情報はここからチェック!

関連 バックラッシュしない(しにくい)ベイトリール9選!バックラッシュしない方法もご紹介!

関連 ベイトフィネスリールおすすめ9選|人気メーカーの製品を価格帯別にチェック!

公開日:2017年12月30日
更新日:2018年8月15日

関連記事一覧