• HOME
  • 投稿
  • タックル
  • 18フリームスはエギングやショアジギングにおすすめ!ベアリングチューンでさらに使いやすくなる!
18フリームスのイメージ画像

18フリームスはエギングやショアジギングにおすすめ!ベアリングチューンでさらに使いやすくなる!

18フリームスは、LTコンセプトを搭載しモデルチェンジしたリールです。

エギングやショアジギングにおすすめで、さらにベアリングチューンも行うことができます。

この記事では、18フリームスのおすすめモデルやベアリングチューンの方法をご紹介します。

banner
2020年新製品リール情報はこちら

18フリームスとは

18フリームスは、2018年に「LTコンセプト」を搭載しモデルチェンジしたリールです。

以前のフリームスが2015年発売だったので、3年ぶりのモデルチェンジとなっています。

18フリームスはエギングやショアジギングといった釣りで使いやすく、ベアリングチューンもできるようになっているのが特徴です。

この記事では、18フリームスの詳細をお届けします。

関連 シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】2020年新製品発表時期・モデルチェンジ予想も!

18フリームスのおすすめポイント

18フリームスは何といっても「LTコンセプト」が魅力です。

LTとはライト&タフの略で、ダイワが2018年に発表しました。

小型スピニングリールの新基準として発表されたこのLTコンセプトによって、リールサイズはコンパクトになりながら、強度アップが図られています。

ここでは18フリームスのおすすめポイントをご紹介します。

ロングキャストABS

ロングキャストABSは、LTコンセプトのリールで初搭載となったスプールです。

従来のABSスプールからスプールエッジの形状を見直し、約5%の飛距離アップに成功しています。

もちろんラインが絡んで一気に出てしまうようなトラブルも軽減されています。

また薄肉のアルミで製造することで、軽さと強度を持たせてあることも特徴です。

マグシールド

マグシールドは、磁性を持つオイルで水や埃の浸入を防ぐ防水システム。

水や埃の浸入を防ぐことによって、初期の回転性能を長く維持してくれます。

エアローター

計算されたアーチ形状のエアローターは、軽さと強度を両立させてあるローターです。

このエアローターによって、より軽い力で巻き取りができるようになっています。

タフデジギア

18フリームスでは、タフデジギアを採用。

耐久性の高いこのギアは、さまざまな釣りでの使用を可能としてくれています。

ねじ込み式ハンドル

以前のフリームスではハンドルをボディ反対側からスクリューで固定するようになっていましたが、18フリームスではねじ込み式ハンドルが採用されていることもポイントです。

ねじ込み式であれば、ハンドルのゆるみやガタツキが少なくなり、巻き取りがしやすくなります。

18フリームスのおすすめモデル

18フリームスでは現在14モデルのラインナップがあります。

その中でもおすすめの3機種をピックアップしてご紹介します。

LT2500S-DH

LT2500S-DHはエギングにおすすめのモデルです。

18フリームスで唯一ダブルハンドルが採用されていて、不意にハンドルが回ってしまうことが少ないのが特徴となっています。

エギのフォールが不自然になりにくく、浅溝でPEラインを巻きやすいこともエギングにおすすめの理由です。

LT3000

シーバスやヒラメ、サワラなどを狙いたい方にはLT3000がおすすめ。

LT3000は、ソルトルアーでメインとなる9フィート台のロッドとのバランスがとりやすいです。

3000番台にはほかに「LT3000D-C」と「LT3000S-CXH」がありますが、一番汎用性が高いのはLT3000でしょう。

LT4000D-C

ショアジギングで青物や根魚を狙うのであればLT4000D-Cがよいでしょう。

品番にあるDは深溝スプールを表していて、十分な量のラインを巻いておくことが可能です。

ブリやカンパチ、ハタなどを狙う方はぜひ使ってみてください。

18フリームスはベアリングチューンもできる!

18フリームスはベアリング数を増やすチューニングが可能です。

ベアリングチューニングキットを使うことによって3個増やすことができ、最大で8ベアリング仕様とすることができます。
(※LT2500S-DHでは5個増やせて、最大10ベアリング仕様となります。)

ベアリングが追加できる箇所は、ラインローラーとハンドルノブとなっています。

ベアリングチューニングキットとドライバーがあれば簡単にチューニングできるので、ぜひやってみてください。

18フリームスでエギングやショアジギングにチャレンジ!

18フリームスはLTコンセプトを採用しながら、実売1万円前半の価格であることも魅力です。

特にエギングやショアジギングにおいて使いやすい、おすすめのリールとなっています。

ベアリングチューニングも検討しながら、ぜひ18フリームスを使ってみてください。

関連 シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】2020年新製品発表時期・モデルチェンジ予想も!

関連 バス釣りルアーおすすめ28選|数百万円釣りに使ってきたバス釣り歴26年目の僕が自信を持っておすすめするルアーをご紹介!

関連 シーバスルアーおすすめ19選|数百万円釣りに使った釣り歴26年目の僕が釣れる一軍シーバスルアーをご紹介!

公開日:2017年12月30日
更新日:2018年11月6日

この記事が役に立ったら
いいね!お願いします

Twitterで

関連記事一覧