マービー70の画像

マービー70は濁りに強い!欠かせないシーバスバイブレーションの秘められた実力とは?

エバーグリーンのマービー70というバイブレーションを使ったことがある方はどのくらいいるでしょうか?

有名とは言い切れないものの、レンジバイブにも匹敵する実力を持ったルアーです。

この記事ではマービー70のメリットや使い方をご紹介しています。

banner

エバーグリーンのマービー70

エバーグリーンのマービー70は、全長7センチ、自重15g、スイム姿勢は水平、サイレント仕様と、一般的なスペックを持ったシーバス用バイブレーションです。

しかしながらその高い実釣性能を知ってしまってから、僕はこのバイブレーションを使ってもう10年になります。

使い始めのころが新製品だったのでいまだにその感覚は抜けないですが、考えてみれば使ってかなりの時間が経っていました。

今回の記事ではマービー70を使うようになったきっかけや、使ってみたからこそ分かるデメリットまでをご紹介していきます。

関連 シーバスルアーおすすめ19選|数百万円釣りに使った釣り歴26年目の僕が釣れる一軍シーバスルアーをご紹介!

マービー70を使うようになったきっかけ

このマービー70を使うようになったきっかけは、ある泥濁りの河川での釣りでした。

当時、仕事場の先輩によくシーバス釣りに連れて行ってもらっていました。

僕がシーバス始めた最初の年のことです。

前日から降り続く大雨で泥濁りした河川の河口部。

満潮からの下げでしっかりとした潮目がありました。

シーバスが捕食に利用するその潮目に対してルアーをアプローチしていきました。

僕はレンジバイブ70ESのアカキン、先輩はマービー70のチャート。

この時どう考えても飛距離が出て、シーバスが居るであろう潮目の両サイドをチェックできていたのは僕だったはずでした。

しかし、釣果は僕0対先輩2という結果に。

しかもその2本がどちらも70アップだったという衝撃は、当時の僕にとって大きなものでした。

それから僕はマービー70を使うようになりました。

関連 ソルト用メタルバイブおすすめ3選!海で釣れる魚や使い方は?

マービー70は濁りがキーワード

それからというもの、マービー70を徹底的に使ってみることとなります。

とりあえずどんな状況でも投げてみました。

そうすることで徐々にこのルアーの使いどころが分かってきました。

そのキーワードとはずばり「濁り」。

さらに絞り込んでいくと効果的なレンジは2メートル以内。

この条件にベイトが絡んだときには、マービー70は高確率でヒットをもたらしてくれます。

また釣れる状況がわかってからは、あえてほかのバイブレーションを投げてからマービー70を投入してみるということも試しました。

結果としてはやはり濁りというキーワードの元ではマービー70のヒット率の高さがありました。

関連 ダイワのおすすめシーバスロッド17選!購入時に知っておきたい2つの注意点とは?

マービー70の使い方

マービー70を使うときには、ラインスラックを出したまま引くのがおすすめです。

ロッドとラインにはほとんど角度をつけず、ルアーの方向にティップを向けておくような感じです。

あわせて、リトリーブスピードは緩急をつけたほうが良く、最も効果的だなと感じる使い方は、ストップ&ゴーの”ストップ”をさせない感じのリトリーブ。

ストップの部分をリールの巻き加減で止めないようにするイメージです。

ちょっとコツを掴めばできるので、ぜひ試してみてください。

関連 シマノおすすめシーバスロッド11選!スピニング・ベイトどちらもチェック!

マービー70のデメリット

マービー70の画像
ルアーはそれぞれメリットがあればデメリットもあるもの。

いいことばっかり書いてもしょうがないので、使っていく上で出てきたマービー70のデメリットもまとめておきます。

デメリットは3つ。

・目が取れる。
・ぶつけたときはウエイト部分で折れる。
・あまりにも深いところまで落とし込むとラインとフックが絡む

マービーのプラスチックは絶対に軟らかい樹脂が使われています。

目が取れるのはおそらくそれが理由です。

しかしながら、この樹脂の軟らかさが釣れる秘訣だと考えています。

アクションはほかのバイブレーションと比べると少しピッチが遅い印象です。

このマービー70が出す振動が、濁った水中においてシーバスに魅力的なものとなっているのでしょう。

それとストラクチャー撃ちにはあまりおすすめできず、深場の攻略には使えないです。

ぶつけたら折れるし、沈めると絡みます。

オープンウォーターで濁ったとき、2メートルレンジまでを攻略するときにマービー70は使ってみてください。

関連 シーバスリールおすすめ5選【2019年版】個人の経験をもとにした番手(サイズ)選びも解説!

マービー70のおすすめカラー

マービー70を使っていくときには、レッドヘッドホロが圧倒的におすすめのカラーです。

いろいろなカラー使ってみた結果論なんですが、レッドヘッドホロは本当に釣れます。

たぶんですが、シルバーホロの反射でアピールして、認識されやすい赤がバイトマーカーになって喰われている感じです。

レッドヘッドホロに加えて定番のイワシ、それにチャートがあるとほとんどの状況はカバーできると思います。

マービー70使ったことが無い方はぜひ使ってみてください。

釣れるシーバス用バイブレーションであることは間違いないです。

▼圧倒的におすすめのレッドヘッドホロ▼

▼ソルト定番のイワシ▼

▼見切られがちなときに効果的なチャート▼

関連 シーバスルアーおすすめ19選|数百万円釣りに使った釣り歴26年目の僕が釣れる一軍シーバスルアーをご紹介!

関連 シーバスワームおすすめ9選!サイズや色、ジグヘッドの重さはどれがいい?

関連 海の魚がよく釣れるルアーおすすめ5選|コレを持っておけば間違いなし!

公開日:2017年9月7日
更新日:2018年9月10日

関連記事一覧