17コンプレックスCI4+の画像

17コンプレックスCI4+のインプレ!F4とF6の違いやほかのリールとの比較も!

17コンプレックスCI4+は、シマノのバスフィッシング専用スピニングリールです。

この記事では17コンプレックスCI4+のインプレを中心に、F4とF6の違いやストラディックCI4+との比較などをご紹介しています。

darumabanner

17コンプレックスCI4+のインプレ

17コンプレックスCI4+の全体画像
17コンプレックスCI4+はシマノから発売されているバスフィッシング専用スピニング。

2500番で自重185グラムと軽量さが際立つリールです。

「CI4+」というカーボン素材を使用したこのリールは、いろんな人におすすめできる製品だと感じています。

この記事では17コンプレックスCI4+を実際に使ってみたインプレなどをご紹介していきます。

関連 シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】モデルチェンジなどの最新情報はここからチェック!

17コンプレックスCI4+の各部インプレ

17コンプレックスCI4+は、細部にわたってシマノの技術特性が活かされていると感じます。

これから使ってみたい方はぜひ参考にしてみてください。

ハンドル

17コンプレックスCI4+のハンドル画像
17コンプレックスCI4+では、ハンドルがCI4+化されています。

使ってみるとカーボン特有の軽さ、そして硬さによる感度が高いことが感じられます。

実釣においては「巻く」「止める」といった動作が感覚的に気持ちいいことが伺えました。

ハンドルの軽量化と、搭載されている「NEWマグナムライトローター」の慣性力軽減が巻き心地向上に役立っているのではないかと思います。

ハンドルノブ

17コンプレックスCI4+のハンドルノブ画像
ハンドルがCI4+化されていることに加え、ハンドルノブの形状も感度向上に役立っているようです。

17コンプレックスCI4+のハンドルノブは、中央部分を薄くしてあり外に向かうにつれて厚みが増してあります。

ちょっとした厚みの違いなんですが、軽い力でつまむことができるようになっています。

これによって例えばシャッドを引いていてボトムに当たった感触や、ゴミを拾ってルアー動かなくなったということが感じ取りやすいです。

ドラグ

17コンプレックスCI4+のドラグ画像
17コンプレックスCI4+のドラグは、回転数に対するドラグ力の変化が大きいのが特徴となっています。

この技術特性は「ラピッドファイアドラグ」と名付けられています。

50センチのバスともやり取りしましたが、そのときに4分の1ほどノブを回転させるだけでもドラグ力の強さが変わることを体感しました。

ボディカラー

17コンプレックスCI4+のボディカラー画像
17コンプレックスCI4+のボディカラーは、どんなロッドでも合わせやすいカラーリングです。

CI4+素材独特の色味にブラックを基調とし、ラインローラーとハンドルキャップに少しだけゴールド系カラーが配色されている形です。

バスロッドにはいろんなデザインがありますが、そのいずれにも適応してくれるカラーリングだと思います。

軽さ

17コンプレックスCI4+の画像
17コンプレックスCI4+は2500番で185グラムの軽さを誇ります。

ほかのシマノ2500番台スピニングは、

・16ヴァンキッシュ(180グラム)
・16ストラディックCI4+(185グラム)
・18ステラ(205グラム)

となっていますので、185グラムの17コンプレックスCI4+は、シマノのスピニングリールのなかでも軽さが際立つ存在です。

持ったときの感覚は非常に軽いことが感じられます。

また、自重ありきの軽さではなく、バランスの良さからくる軽量感もあります。

20年以上釣りをしてきていますが、このようなバランスの良さが感じられたのは初めてでした。

17コンプレックスCI4+の実釣での感触

シャッドで釣れたブラックバスの画像
17コンプレックスCI4+でシャッドやワームの釣りをしてみると、感度の高さがルアーアクションの把握からバイトの感知まで役立ってくれることを実感できます。

それと意外なメリットなんですが、ハンドルがCI4+化されていることによってアクションの最中に勝手にハンドルが回るといったことがほぼありません。

金属製のハンドルだと勝手に回ってしまい、アクションのリズムを崩され嫌になるときがあるんですが、そのようなことが17コンプレックスCI4+だとほとんど無いです。

この部分は使ってみたからこそ分かった、17コンプレックスCI4+の良いところでした。

17コンプレックスCI4+のF4とF6の違いとは?

17コンプレックスCI4+の画像
17コンプレックスCI4+は全部で4つのモデルがあります。

そのなかでF4とF6の違いが分からないといった方が多いんですが、

F4は、フロロカーボンライン4ポンドが100メートル巻ける

F6は、フロロカーボンライン6ポンドが100メートル巻ける

といった形になっています。

ラインの太さに合わせて、各モデルの使い分けができればベストです。

特にこだわりが無い方やどれがいいか迷っている方は、僕も使っている「2500S F6」が使いやすいのでおすすめです。

ストラディックCI4+との違いとは?

17コンプレックスCI4+とよく比較されるのが、16ストラディックCI4+。

2500番台の自重は185グラムと同じため、どちらを買ったらよいか迷う方が多いリールです。

17コンプレックスCI4+と16ストラディックCI4+では、大きく3つの性能が違います。

その3つとは、

①ハンドルまでCI4+素材が使用されている
②安定したドラグ性能を発揮してくれる「リジッドサポートドラグ」が搭載されている
③ノブの調整に対するドラグ力変化が大きな「ラピッドファイヤドラグ」が搭載されている

この3つが大きな違いです。

さらに17コンプレックスCI4+には、ベアリングが3個多く入っています。

僕もこの2つのリールを検討しましたが、3つの大きな性能の違いがありつつも実売約5,000円の差だったので、17コンプレックスCI4+のほうが得だなと思って購入しました。

実際使っていて満足しているので良かったなと思っています。

17コンプレックスCI4+はハイバランスな名品

17コンプレックスCI4+は、性能と価格のバランスが取れたとても良いリールだと思います。

16ストラディックCI4+とは約5,000円の差、上位のヴァンキッシュだと約1万5千円のプラスなのでそこからすると良いところをついているリールではないでしょうか。

気になっている方はぜひ使ってみてください。

関連 シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】モデルチェンジなどの最新情報はここからチェック!

関連 バス釣りルアーおすすめ29選|数百万円釣りに使ってきたバス釣り歴26年目の僕が自信を持っておすすめするルアーをご紹介!

公開日:2017年4月19日
更新日:2018年7月25日

関連記事一覧