• HOME
  • 投稿
  • タックル
  • 【アルファス CT SV】CTコンセプトで価格が手頃!従来のアルファスとの違いとは?
アルファス CT SVのイメージ画像

【アルファス CT SV】CTコンセプトで価格が手頃!従来のアルファスとの違いとは?

アルファス CT SVは、CTコンセプトを纏い2019年に発売となるダイワ新型ベイトリールです。

この記事ではアルファス CT SVのスペックやラインナップ、従来のアルファスシリーズとの違いをご紹介します。

banner
2020年新製品リール情報はこちら

アルファス CT SVの「CT」ってなんだ?

アルファス CT SVは、CTコンセプト搭載のダイワ新型ベイトリールです。

CTとは、ダイワが新しく提唱する「コンパクト&タフ」の頭文字を取った略語のこと。

2019年に発売されるスティーズ CT SV TWミリオネア CT SVと同じく、これまでのダイワベイトリールで最も小さな直径30ミリのスプールを搭載しているのがアルファス CT SVの特徴となっています。

現在発表されている新製品の中では、新しいCTコンセプトのSVスプールを体感するのに一番お手頃なリールとなっています。

アルファス CT SVのスペックとラインナップ

品番 巻取り長さ
(cm)
ギア比 標準自重
(g)
最大ドラグ力
(kg)
ナイロン巻糸量
(ポンド-m)
スプール径
(mm)
ベアリング
(ボール/ローラー)
ハンドルノブ仕様 メーカー希望本体価格
(円)
70H 59 6.3 170 4.5 12-70/14-60 30 6/1 I型 31,200
70HL 59 6.3 170 4.5 12-70/14-60 30 6/1 I型 31,200
70SH 67 7.2 170 4.5 12-70/14-60 30 6/1 I型 31,200
70SHL 67 7.2 170 4.5 12-70/14-60 30 6/1 I型 31,200

アルファス CT SVは70番ボディで、ギア比6.3のハイギア、ギア比7.2のスーパーハイギア、それぞれにライトハンドル・レフトハンドルがあり、計4機種のラインナップとなっています。

基本的な選び方は、ハードルアー中心であればギア比6.3のハイギア、ワームであればギア比7.2のスーパーハイギアがおすすめ。

迷ったときにはギア比7.2のスーパーハイギアモデルを選んでおくことをおすすめします。

アルファス CT SVの仕様詳細

スプール

アルファス CT SVには、直径30ミリのG1ジュラルミン製CT SVスプールが搭載されています。

従来で一番小さなスプール径はベイトフィネスリールの先駆けだった「リベルトピクシー」や「PX68」の31ミリ径だったので、それよりも小さなことがCTコンセプト搭載リールの魅力です。

ベイトリールは小さなスプール径になればなるほど、バックラッシュが少なくなり、より小さな力でキャストが可能となります。

空気抵抗の大きなルアーを使ったり、キャストモーションが限られる状況で、小さなスプール径のメリットを実感できるはずです。

ハンドル

アルファス CT SVのハンドルは、ブランキングされたクランキングハンドルに、定評のあるI型フラットノブを搭載しています。

クランクハンドルが持つメリットは、巻きブレを少なくできることで、ストレート形状のハンドルと比べるとリールの安定性が増し、結果ロッドのブレが少なくできて、感度の向上が望めます。

デザイン

アルファス CT SVは、ブラック主体のカラーデザイン。

メカニカルブレーキノブとハンドルプレートのカラーは、ハイギアモデルはブラック、スーパーハイギアモデルはオレンジとなっています。

ほかのアルファスシリーズとの違いは?

モデル名 スプール径
(mm)
ギア比
ラインナップ
標準自重
(g)
ボディ素材 ソルト対応
アルファス CT SV 30 6.3/7.2 170 現在不明 現在不明
アルファス SV 33 5.8/7.2 175 スーパーメタル
アルファス エア 32 5.8/7.2 165 スーパーメタル

従来のバーサタイルモデルであるアルファス SVや、ベイトフィネス専用機のアルファス エアとアルファス CT SVを比較すると、目立つのはやはりスプール径です。

またアルファス CT SVではギア比が6.3に上げられていますが、これはスプール小口径化に伴う巻き取り長の少なさをカバーする目的だと思われます。

確定していないので現在不明としていますが、ボディは自重から考えてスーパーメタルで、ソルトにも対応しているだろうと予想しています。

発売に関してはアルファス SVが2015年、アルファス エアは2016年なので、これから購入するのであれば最新のアルファス CT SVがおすすめです。

アルファス CT SVで軽量ルアーが使いやすくなる!

アルファス CT SVは、CT SVスプールの性能面はもちろんのこと、手にしやすい価格帯であることも大きな魅力です。

価格面でスティーズ CT SV TWミリオネア CT SVに手が出せないという方も、アルファス CT SVであればCTコンセプトの魅力を体験しやすいのではないでしょうか。

2019年2月発売予定となっていますので、引き続き情報をチェックしていきましょう。

関連 シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】2020年新製品発表時期・モデルチェンジ予想も!

関連 ベイトリールの飛距離ランキングがあればトップ3に入ると思うリールをまとめてみた

この記事が役に立ったら
いいね!お願いします

Twitterで

関連記事一覧