シーバスメタルジグが並んでいる画像

シーバス用メタルジグおすすめ8選|アクションや重さの選び方、フックの付け方まで

メタルジグは圧倒的な飛距離を出せるシーバス攻略に役立つルアーです。

特にほかのルアーで届かない場所まで遠投できるメリットは大きいです。

この記事ではおすすめのメタルジグからアクションの方法、重さの選び方やフックの付け方まで一挙にご紹介します。

シーバスのメタルジグについて

シーバスメタルジグの画像
メタルジグは鉛やタングステンで作られた重さがあるルアーです。

ほかのルアーでは届かない遠いポイントにシーバスが居るときや、深場狙いなどで特に役立ってくれます。

この記事ではおすすめのメタルジグをはじめ、効果的なアクションの方法や、重さの選び方、フックの付け方まで詳しくご紹介していきます。

関連 シーバスルアーおすすめ22選【2019年版】数百万円釣りに使った釣り歴25年の僕が釣れる一軍シーバスルアーをご紹介!

おすすめシーバスメタルジグ

ここからはシーバスにおすすめのメタルジグを、「オールマイティ」「ただ巻き対応」「ベイトパターン特化」の3種類に分けてご紹介します。

オールマイティに使えるメタルジグ

メジャークラフト ジグパラ ショート

メジャークラフトのジグパラ ショートは、圧倒的な人気を誇るメタルジグです。

バランスの良いボディは、ただ巻き・ジャーク・フォールいずれの使い方にも対応してくれます。

刺さりの良いフックが前後ともに付けられていることもこのメタルジグのポイントです。

コアマン CZ-30ゼッタイ

コアマン CZ-30ゼッタイは、縦方向への誘いに適したメタルジグ。

フラットな面が生み出すアクションとフラッシングでシーバスにアピールしてくれます。

深さのある岸壁際や、ボートからの深場狙いにおいて特に活躍してくれます。

ダイワ モアザン ファントム銀粉

ダイワ モアザン ファントム銀粉は、メタルコアを樹脂でコーティングしてあるハイブリットメタルジグ。

独特な銀粉の反射は、一般的なメタルジグとは違う光り方でシーバスにアピールします。

また樹脂の厚みで浮き上がりやすく、浅いレンジを探るのにも適しています。

ただ巻き対応のメタルジグ

メガバス マキッパ

ブレードが装着された特殊なメタルジグのメガバス マキッパ。

投げて巻くだけの基本操作で、シーバスを誘ってきてくれます。

シーバス以外の魚種もよく釣れるので、持っておくと何かと便利です。

マリア ムーチョ・ルチア

マリア ムーチョ・ルチアは、投げて巻くだけで左右にテールを振りながら泳いでくれる、ハイバランスなメタルジグです。

キャストしてすぐに巻き始めて表層を狙ったり、底まで沈めてから斜めに巻き上げてくるだけでシーバスを十分に誘ってきてくれます。

リーズナブルな低価格もこのメタルジグの魅力です。

マドネス シリテンジグ

マドネス シリテンジグは、鉛をシリコンで包み込んであるメタルジグ。

ボディ外層がシリコンであるため、針とボディの干渉音がほとんどせず、塗装も剥がれにくい特徴があります。

浮き上がりが早いので、浅い場所でも使いやすいです。

ベイトパターンに特化したメタルジグ

シマノ ソアレ メタルショットTG

タングステンボディでとてもシルエットが小さなシマノ ソアレ メタルショットTG。

メバルなどを狙うために開発されたメタルジグですが、ただ巻きでの安定したアクションが魅力で、小さなイワシやアジなどマイクロベイトを捕食しているシーバスにかなり効果的です。

特に7~14グラムといった小型のものを持っておくと重宝します。

バスデイ ナゴメタル

バスデイ ナゴメタルは、イカナゴの見た目と動きを意識して作られたメタルジグ。

冬になると産卵のため深場に落ちたシーバスと、同じく産卵を行うイカナゴはリンクすることが多く、この時期の重要なベイトとなります。

特に冬から早春にかけてイカナゴがベイトとなっている場合は、あまり動かないナゴメタルが無類の強さを誇ります。

関連 シーバスルアーのカラー選び・使い分け|13色を釣り歴25年以上の経験と知識で解説してみた

シーバスメタルジグの重さについて

シーバスで使うメタルジグの重さは、10グラム程度から最大60グラムほどまであります。

使い分けの目安は下記の通りです。

10~20グラム

10~20グラムのメタルジグは、マイクロベイトパターンで活躍してくれます。

シーバスがとても小さなイワシやアジを捕食しているときには、サイズ感重視で10~20グラムの小さなメタルジグを使ってみてください。

20~40グラム

20~40グラムのメタルジグは、一般的なシーバスロッドで投げられて、どんな状況においても使いやすい重さです。

ロッドキャストウエイト上限の重さがあるメタルジグを、ボックスに一つだけでも常に入れておくと重宝することが多いです。

40~60グラム

大遠投したい場合や、ボートシーバスでの深場狙いでは、40~60グラムのメタルジグがおすすめ。

フラット形状でひらひらとフォールするものや、イカナゴのような細身のシルエットのものを持っておき使い分けると、釣果アップにつなげられます。

シーバスにおけるメタルジグのアクション

ただ巻き

ただ巻きはメタルジグ本来のアクションでシーバスを誘う使い方です。

やり方はロッドの角度を固定して、一定の速度でリールを巻いてくるのがコツ。

メタルジグはミノーやバイブレーションよりも速めのスピードでただ巻きするとよく釣れます。

ジャーク

ロッドをあおってメタルジグをアクションさせるのがジャークです。

シーバスではロッドを1回動かすごとに、1回リールを巻く「ワンピッチジャーク」を基本としてアクションさせてみてください。

あまりにも大きくアクションさせようとすると、フックがラインに絡みがちとなるので注意しましょう。

フォーリング

シーバスは落ちてくるルアーに喰いついてくることも多く、メタルジグをフォーリングさせるのも効果的です。

フォーリングではひらひらと舞いながら落ちていくメタルジグがよく釣れるので、フラットなタイプを中心に使ってみてください。

フックの付け方

シーバスメタルジグの画像
シーバスでメタルジグを使う場合には、アクションによってフックの付け方を変えることをおすすめします。

目安は下記の通りです。

ただ巻きで使う場合

メタルジグをただ巻きで使う場合は、テール側(後ろ側)にトレブルフックもしくはシングルフックを1本付けて使うのがおすすめです。

テール側のみとすることでラインとフックが絡むことを最小限にでき、シーバスの唇周りに掛けやすくなります。

ジャークやフォーリングで使う場合

メタルジグをジャークやフォーリングで使う場合には、フロント側(前側)のみにアシストフックを付けるのがおすすめ。

不規則なアクションやフォーリングをする場合でも、アシストフックであればメインラインに絡むトラブルが少なく使いやすいです。

シーバスメタルジグは大きな武器になる!

シーバスを狙っていると、メタルジグでしか釣れない状況に遭遇することも少なくありません。

圧倒的な飛距離やコンパクトなボディサイズを活用することで、シーバスをヒットに持ち込みやすくなるでしょう。

ぜひご紹介しているメタルジグを使ってみてください。

関連 シーバスルアーおすすめ22選【2019年版】数百万円釣りに使った釣り歴25年の僕が釣れる一軍シーバスルアーをご紹介!

関連 シーバスワームおすすめ9選!サイズや色、ジグヘッドの重さはどれがいい?

関連 シーバスルアーのカラー選び・使い分け|13色を釣り歴25年以上の経験と知識で解説してみた

よく読まれている記事

  1. バス釣りおすすめルアーの画像
  2. バス釣り用スピニングリールの画像
  3. 春のブラックバスの画像
  4. シーバスロッドのイメージ画像
  5. 2019年新製品リールイメージ画像

最近の記事

  1. ブラックバスの画像
  2. バス釣りおすすめワームで釣れたブラックバスの画像
  3. バス釣りおすすめルアーの画像
  4. バス釣り用スピニングリールの画像
  5. 春のブラックバスの画像

カテゴリー

アーカイブ

  1. 春のブラックバスの画像

    バス釣り

    春のバス釣りおすすめルアー9選|2019年の傾向予想も!
  2. バス釣り用スピニングリールの画像

    バス釣り

    バス釣り用スピニングリールおすすめ5選【2019年版】番手選びや使うラインの太さ…
  3. シーバスリールの画像

    ソルトルアー

    シーバスリールおすすめ5選【2019年版】個人の経験をもとにした番手(サイズ)選…
  4. シーバスロッドのイメージ画像

    ソルトルアー

    シーバスロッドおすすめ8選【2019年版】長さや硬さの選び方を詳しく解説!
  5. 2019年新製品リールイメージ画像

    タックル

    シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】モデルチェンジなどの最新情報はここからチ…
PAGE TOP