ハゼクランクで釣れたハゼの画像

ハゼクランクで釣れないときに試したい5つのコツ!沈まないときの対処法も!

ハゼクランクは手軽にチャレンジできるルアー釣りです。

しかし、なかなか釣れないときもあります。

この記事ではハゼクランクで釣れないときに試したい5つのコツや沈まないときの対処法をご紹介しますので、参考にしてみてください。

darumabanner

ハゼクランクで釣れないときに試したい5つのコツ

近年盛り上がりを見せているハゼクランク。

この釣り方に興味を持ってチャレンジされている方も多いことでしょう。

しかし、動画などで見たのとは違い、なかなか釣れないことも多いのがハゼクランクの釣りです。

この記事では、ハゼクランクで釣れないときに試したい5つのコツや、沈まないときの対処法をご紹介しますので、参考にしてみてください。

関連 ハゼクランクおすすめ7選!カラー選びのポイントもコレを見ればわかる!

1.投げる場所を変えてみる

ハゼクランクで釣れそうな場所の画像

ハゼは居る場所と居ない場所がはっきりしています。

一見同じように見える場所であっても、数メートル投げる位置を変えるだけで連続ヒットしてくることもめずらしくありません。

そのため釣れないときはまず投げる場所を変えて釣りをすることをおすすめします。

投げる方向を変えてみたり、歩いて移動してハゼが居る場所を探っていくのが、釣れないときの最初のコツです。

2.巻くスピードを変えてみる

ハゼクランクで釣れたハゼの画像

ハゼクランクでは、できるだけ遠くまで投げて、長い距離底をクランクベイトで叩きながら引いてくることが基本です。

そして巻くスピードも釣るための重要なコツとなります。

ハゼクランクでは速く巻いたほうが良いとき、ゆっくり巻いたほうが良いときがあるので、どのくらいのスピードが良いか試してみることを意識してみてください。

巻くスピードが合うと突然の連続ヒットに変わることも珍しくありません。

また巻くスピードを緩めて、ハゼクランクをちょっと浮かしてみるのも効果的です。

浮かせることでハゼが喰いつくきっかけとなり、釣れることも多いです。

3.ルアーローテーションをする

ハゼクランクが2つ並んだ画像

ハゼクランクで釣れないときには「ルアーローテーション」をすると、同じ場所であっても釣れ出すことがあります。

ルアーローテーションとは、釣れないときにほかのルアーに交換して、ハゼが反応するものを見つけるルアー釣りの基本です。

釣れないときにはクランクベイトのサイズを変えてみたり、ファットボディからスリムボディのハゼクランクに替えてみたりしてみるのがおすすめです。

意外に、小さなものから大きなサイズのハゼクランクに替えたほうが釣れ出すことも多いので参考にしてみてください。

4.カラーを変えてみる

カラーが違うハゼクランクの画像

ハゼの反応がないときや、クランクベイトにアタックしてくるものの上手く針掛かりしないときにはルアーのカラーを変えてみるのも効果的です。

カラーを変えるだけで反応が大きく変わることもありますので、同じルアーでそれぞれ2~3色は持っておきたいものです。

ハゼクランクでは赤系やゴールド系などのカラーがおすすめです。

カラーの交換順に決まりはないので、いろいろ試してみて釣れるカラーを見つけてみましょう。

5.フックを交換する

ハゼクランクのフックの画像

ハゼクランクでは底を叩きながら釣りをするため、針先が鈍りやすいです。

鈍ったフックだとハゼが喰ってきても針掛かりせず、結果釣れないといったこともよくあります。

そのため釣果を伸ばすためには、交換用のフックを持っておくことをおすすめします。

また釣れないときには、PEラインなどで組まれたハゼクランク専用のフックや、メインフックに取り付けて使うアシストフックもありますので、そういったものを使ってみるのもおすすめです。

関連 ハゼクランクのアシストフックを自作してみた。市販のアシストフックも一緒にチェック!

ハゼクランクが沈まない原因

ハゼクランクで釣れたハゼの画像

ハゼクランクは底を釣るルアーですが、機敏にアクションさせるためにフローティング(水面に浮く)仕様が基本となっています。

ハゼクランクを始めたばかりの人で使うクランクベイトは沈むものと勘違いしてしている方も多いですが、ハゼクランクは水に浮くのが基本です。

それ以外にも沈まない原因がありますので、下記にご紹介します。

1.アシストフックが抵抗になって沈まない

ハゼクランクではフッキング率アップのためにアシストフックを使用することも多いです。

このアシストフックが生み出す抵抗によって、ハゼクランクが本来持つ潜行深度まで沈まないといったことがあります。

このときの対処法ですが、アシストフックのアシストラインの長さを調整したり、フックサイズを小さくしたりすることで沈むようになります。

ただし沈む場合でもアシストフックをつけていると潜行深度は浅くなりがちなので、最大潜行深度まで沈ませるためにはアシストフックを外して使うのが基本です。

2.真っ直ぐ泳がず沈まない

稀にですが、ハゼクランクが真っ直ぐ泳がなくて沈まないということもあります。

このような場合は「トゥルーチューン」が必要です。

トゥルーチューンとは、ルアーを真っ直ぐ泳がせるようにすることです。

プライヤーなどでルアーが左に泳いでいく場合はラインアイを右に、右に泳いでいく場合は左にラインアイを曲げると真っ直ぐ泳がせることができるようになります。

3.水面を滑って沈まない

ハゼクランクはとても小型で軽いので、水面を滑って沈まないこともあります。

このときの対処法は、スナップを少しだけサイズアップしたり、フロントフックアイにスプリットリングを一つ追加したりと重さを増すことで解決します。

ほんのちょっとしたことですが、これだけで沈みやすくなるので参考にしてみてください。

ハゼクランクで釣れないときに持っておきたいアイテム

ここではハゼクランクで釣れないときに持っておきたいアイテムを3つご紹介します。

いずれも釣れない状況を抜け出すのに役立つアイテムなので、ぜひ参考にしてみてください。

交換用フック

ハゼクランクの交換用フックの画像

ハゼクランクでは底を叩きながら釣りをしたり、時にはチヌやシーバスが喰ってきたりするので、針先が鈍ったり曲がったりしてしまうことも多いです。

そのため釣果を伸ばすためには、交換用フックが必要となります。

交換用のフックは、管理釣り場で使われるバーブレスのものがおすすめです。

アシストフック

アシストフックの画像

メインフックだけではどうしてもハゼが掛からないときにあると便利なのがアシストフック。

アシストフックは簡単に取り付けられて、ハゼが掛かる確率を高めることができるアイテムです。

がまかつから販売されているハゼクランク用やメバル・アジ用のものがおすすめです。

スプリットリングピンセット

スプリットリングピンセットの画像

ハゼクランクについているスプリットリングはかなり小型のものです。

一般的なスプリットリングプライヤーだとフック交換が難しいので、小型スプリットリング用の「スプリットリングピンセット」を持っておくことをおすすめします。

僕はスミスの製品を使っていますがこれ一つあることでフック交換が簡単にできて、釣れる効率を高められている、ハゼクランクの隠れたおすすめアイテムです。

ハゼクランクで釣れない状況を打開しよう!

ハゼクランクで釣れたハゼの画像

ハゼクランクはちょっとしたことで、釣果が大きく変わることも少なくない釣りです。

釣れない状況を打開できれば、よりこの釣り方の面白さが実感できることと思います。

ぜひこの記事の内容を参考にしてみてください。

関連 ハゼクランクおすすめ7選!カラー選びのポイントもコレを見ればわかる!

関連 ハゼクランクのアシストフックを自作してみた。市販のアシストフックも一緒にチェック!

公開日:2018年7月29日
更新日:2018年8月26日

関連記事一覧