アイアンプレートの画像

ソルトルアー

アイアンプレートのおすすめカラーを紹介!実はそっくりな偽物もある?

アイアンプレートは、コアマンが発売しているシーバス用メタルバイブです。

強いアクションと圧倒的な飛距離でデイゲームにおける必須のルアーとなっています。

この記事では、アイアンプレートのおすすめカラーや使い方などの情報をご紹介します。

アイアンプレートとは

アイアンプレートは、コアマンが発売しているシーバス用メタルバイブ。

今でこそ数多くのシーバス用メタルバイブがありますが、その人気の火付け役となったルアーです。

アイアンプレートは、メタルジグのような圧倒的な飛距離を出せることと、強い振動を起こすことが特徴であると言えます。

発売から10年以上経っていますが、今でもよくできたルアーだと感じています。

関連 シーバスルアーおすすめ26選【2018年最新版】数百万円釣りに使った釣り歴25年の僕が釣れる一軍シーバスルアーを種類ごとにご紹介!

アイアンプレートの使い方

アイアンプレートは、中速から高速で巻いて使うのが基本です。

あまりにも巻くスピードが遅いと、重さによって安定してしまい動きません。

高速巻きの目安は、リールを巻ける限界のスピードです。

人間が巻ける限界のスピードでもシーバスは普通に喰ってきます。

ガツンと強いバイトを感じられるのは、この釣り方の大きな魅力です。

また一定速度で巻くだけでなく、リトリーブスピードに変化を加えるのも非常に効果的で、僕はこの使い方をメインとしています。

具体的には高速で巻く途中に、減速を織り交ぜるようにするとよく釣れます。

完全にルアーの動きを止めると見切られやすくなるので、止めるまではいかない減速を掛けつつ高速で再度巻き始めるといった使い方はおすすめです。

関連 ソルト用メタルバイブおすすめ3選!海で釣れる魚や使い方は?

アイアンプレートのインプレ

アイアンプレートで最初に知っておきたいのが、標準フックがとても弱いこと。

シーバスを1匹掛けたらほぼ曲がります。

なので、僕はオリジナルモデルのIP-26であれば、がまかつ トレブルSP-MH 8に替えて使うようにしています。

また着水直後やフォール中、そしてアクションを加えたりするとフックとラインがよく絡みます。

対策としては、アイアンプレートが空中で回転しないようにタラシを長めにして投げたり、フォール中にはほんの少しラインテンションを掛けて絡まないようにするといった工夫が必要です。

先にデメリットを挙げましたが、これらをしのぐ実釣力がこのアイアンプレートにはあります。

特に大雨や台風で泥濁りしたときは、このルアーで無いとダメと言えるくらいよく釣れます。

アイアンプレートはメタルバイブのなかでも特に強い水押し、そしてフックとスプリットリングがボディと干渉して音が結構することが釣れる要因のようです。

使うのに適した水深は、オリジナルモデルだと最大で30メートルくらいまで。

深場攻略で使いやすいので、沖防波堤やボートからのシーバス狙いでは持っておくことをおすすめします。

関連 海の魚がよく釣れるルアーおすすめ5選【2018年最新版】迷わずコレを使っておけば間違いなし!

アイアンプレートのラインナップ

アイアンプレートには3つのラインナップがあります。

それぞれ活躍の場が違うので、いずれも持っておくと便利です。

ここでは各モデルの特徴をご紹介します。

IP-26 アイアンプレート

アイアンプレートシリーズのオリジナルモデルがIP-26です。

サイズ75ミリ、重さ26グラムでとにかく飛距離が出ます。

僕もこれをメインに使っていて、最初に使うならこのオリジナルモデルからがおすすめです。

IP-13 アイアンプレート

ベイトフィッシュが小さなときや、比較的浅い場所を狙うときに活躍してくれるのが、シリーズ中で最も小さなIP-13。

60ミリボディで13グラムの重さがあり、引き抵抗も軽いので、一般的なプラスチック製バイブレーションのような感覚で使っていくことができます。

IP-18 アイアンプレート レアメタル

オリジナルモデルのサイズをそのままに、レアメタル素材を使用することで軽量化したのがIP-18です。

浅い水深を狙ったり、ゆっくり巻きたいときに活躍してくれます。

水深や巻きスピードに加え、アクションの違いをオリジナルと使い分けられればベストです。

アイアンプレートのおすすめカラー

状況に合わせたカラーセレクトができるように、アイアンプレートにはたくさんのカラーラインナップがあります。

ここではその中からおすすめカラーを3つに絞ってご紹介します。

マコイワシ

マコイワシは、シーバスで必須のイワシ系カラー。

縦のホログラムと、ウエイト部分のレッドベリーの明滅が効きます。

イワシゴールド

濁りに強いアイアンマービーと相性が良いのがイワシゴールドです。

僕自身、欠かせないカラーなのでいつも3つほどボックスに入れています。

チャートパール

チャートパールは、イワシゴールドと同じく濁ったときの定番カラーです。

シルエットが膨張する効果なのか、ほかのカラーで釣り切ったと思ったときに投げてみて、さらにもう1本追加できたという経験が多いです。

アイアンプレートの偽物がある?

これは大丈夫なのか?パクリ?オリジナル?なルアーまとめ」の記事でも触れていますが、アイアンプレートにそっくりなメタルバイブがあります。

4~5個セットで売ってあったり、ラインアイが2つあったりして、さらにいくつかのメーカーから出ていて、オリジナルよりレビューが多いのでちょっと複雑な気持ちになります。

僕自身使ったことがないので詳細は不明ですが、気になる方はチェックしてみてください。

関連 これは大丈夫なのか?パクリ?オリジナル?なルアーまとめ

アイアンプレートは青物やヒラメも釣れる!

デイゲームのシーバス用として人気のアイアンプレートですが、ブリやサワラといった青物やヒラメなどにも効果的です。

使い方はシーバスと同じで大丈夫なので、いろいろと狙ってみてください。

偽物もありますが、やっぱりオリジナルには敵わないと思います。

まずはオリジナルサイズのIP-26から使い始めるのがおすすめです。

ぜひ使ってみてください。

関連 シーバスルアーおすすめ26選【2018年最新版】数百万円釣りに使った釣り歴25年の僕が釣れる一軍シーバスルアーを種類ごとにご紹介!

関連 海の魚がよく釣れるルアーおすすめ5選【2018年最新版】迷わずコレを使っておけば間違いなし!

関連 ソルト用メタルバイブおすすめ3選!海で釣れる魚や使い方は?

公開日:2018年6月26日
更新日:2018年10月31日

よく読まれている記事

  1. シーバスおすすめルアーの画像
  2. シマノ・ダイワの2019年新製品リールイメージ画像
  3. 18ステラの画像
  4. バス釣りおすすめルアーの画像
  5. バス釣りカラーの分かりやすい画像

最近の記事

  1. シーバスおすすめルアーの画像
  2. さまざまなカラーのシーバスルアーが並んだ画像
  3. グラスロッドで釣れたバスの画像
  4. シーバスビッグベイトの画像
  5. シマノ・ダイワの2019年新製品リールイメージ画像

カテゴリー

アーカイブ

  1. バス釣りカラーの分かりやすい画像

    バス釣り

    バス釣りでのカラーの使い分け【全22色】ハードルアー・ワームそれぞれの選び方を2…
  2. シマノ・ダイワの2019年新製品リールイメージ画像

    タックル

    シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】モデルチェンジなどの最新情報はここからチ…
  3. シーバスおすすめルアーの画像

    ソルトルアー

    シーバスルアーおすすめ26選【2018年最新版】数百万円釣りに使った釣り歴25年…
  4. 18ステラの画像

    タックル

    【シマノ・ダイワ】2018年リール情報!2019年の新製品情報はいつ頃出る?
  5. バス釣りおすすめルアーの画像

    バス釣り

    バス釣りルアーおすすめ29選【2018年最新版】数百万円釣りに使ってきたバス釣り…
PAGE TOP