シマノ・サルベージのイメージ画像

ソルトルアー

シマノ・サルベージのインプレ!ソリッドモデルの使い方やおすすめカラーとは?

サルベージは、シマノのシーバス用バイブレーション。

使いやすくラインナップも多いおすすめのバイブレーションです。

この記事ではサルベージのインプレやソリッドモデルの使い方、おすすめカラーをご紹介します。

シマノ・サルベージとは

サルベージは、シマノのシーバスブランドであるエクスセンスシリーズのバイブレーションです。

背中のフィンがアクションを安定させ、巻いたときの姿勢が水平に近くなる特徴を持っています。

サイズラインナップも多いので春先から秋まで、使用状況を問わず活躍してくれます。

関連 シーバスルアーおすすめ26選【2018年最新版】数百万円釣りに使った釣り歴25年の僕が釣れる一軍シーバスルアーを種類ごとにご紹介!

シマノ・サルベージのインプレ

サルベージにはいくつものラインナップがありますが、共通したメリットとしてゆっくり引きやすいことが挙げられます。

シーバスはときに「こんなにゆっくり引いて喰うの?」と状況があり、そんなときにはサルベージで無いとヒットに持ち込めないことも多いです。

サルベージは数あるシーバス用バイブレーションの中でも、活性が著しく低いときに使うのが効果的なイメージを僕は持っています。

また実売価格が安いこともメリットで、一番大きなモデルでも1,000円ちょっとであることが多いので、カラーを揃えやすいというところも魅力です。

デメリットというと背中にフィンがある分、キャストしたときに回転しやすいと感じます。

対策として投げるときにはタラシを長めに取り、少しだけ流すイメージでキャストすれば安定して投げることができます。

関連 ソルト用メタルバイブおすすめ3選!海で釣れる魚や使い方は?

サルベージのラインナップ

サルベージのラインナップは全部で7種類。

サイズ違いに加え、中空とソリッドボディのタイプ違いがありますので、使い分けていくのが大事です。

ここでは各モデルの詳細をご紹介します。

サルベージ60ES

シリーズ最小モデルのサルベージ60ES。

サイズ60ミリ・重さ12グラムでベイトフィッシュが小さなときに効果的なモデルです。

ウエイト設定が絶妙で、投げやすさの限界値に重さを持ってきていると感じられます。

サルベージ70S

サルベージ70Sは、シーバス用バイブレーションのメインサイズである70ミリボディのモデルです。

水深3メートル程度までの場所で使いやすく、一番汎用性の高いサイズと言って良いでしょう。

まずサルベージを使い始めるのであれば、このモデルからがおすすめです。

サルベージ70ES

70ミリサイズで20グラムの重さを持ったサルベージ70ES。

ESとは「エキストラシンキング」のことで、通常のシンキング(S)よりも重くて沈みが速いことをあらわしています。

70ESは水深3~5メートルで使いやすいので、ボートシーバスとの相性が抜群に良いです。

サルベージ85S

サルベージ85Sは、シリーズ最大の85ミリサイズ。

ベイトフィッシュが大きなときに活躍してくれます。

振動が少しタイトでゆったりとしているので、70ミリサイズとアクションの使い分けをするのもおすすめです。

サルベージ85ES

85ミリボディに27グラムの重さがあるサルベージ85ESは、ベイトフィッシュが多すぎるときや大型シーバス狙いにおすすめのモデル。

コノシロやボラにシーバスが居着いているときに、群れの下を通してバイトを得やすいモデルとなっています。

サルベージソリッド70ES

サルベージには樹脂製ボディを採用したソリッドモデルがあり、小さいほうのサイズがサルベージソリッド70ESです。

樹脂製の薄幅ボディを採用することによって、メタルバイブにはない立ち上がりのスムーズさ、そしてタイトピッチなアクションが魅力となっています。

フックとボディの干渉音も抑えられるので、釣り人が多い状況でも強いです。

サルベージソリッド85ES

濁りが強かったり、ベイトフィッシュが大きかったりと、強いアピール度が必要な状況では、大きなサイズのサルベージソリッド85ESがおすすめ。

ノーマルモデルの85ESとアクションの違いで使い分けるのもおすすめです。

関連 海の魚がよく釣れるルアーおすすめ5選【2018年最新版】迷わずコレを使っておけば間違いなし!

サルベージの使い方

サルベージはただ巻きで使用するだけで十分シーバスを誘ってきてくれます。

ほかのバイブレーションに比べると、低速での使用にも対応しやすいです。

またノーマルモデルとソリッドモデルを持っておき、ローテーションするのもおすすめ。

ノーマルモデルとソリッドモデルではアクションの質が違うので、シーバスの釣れ方が変わることも珍しくありません。

さらにソリッドモデルは、メタルバイブレーションと使い分けるのもありです。

メタルバイブレーションでは、フックやスプリットリングとの干渉音がしていて、ときとしてそれをシーバスが嫌うことがあります。

そんなときにサルベージソリッドに変えてみると、1発でヒットなんてことも多いです。

サルベージのおすすめカラー

サルベージはカラーラインナップも充実していて、いずれも状況によって使い分けてみてください。

ここでは、サルベージのおすすめカラーを3つピックアップしてご紹介します。

マイクロホロイワシ

マイクロホロイワシは、シーバスルアーで定番のイワシ系カラーです。

まず間違いなくどんな状況であっても使える汎用性の高いカラーと言えます。

レンズボラ

特徴的な丸い反射模様のレンズボラは、水中で繊細な反射を生み出してくれます。

ほかのメーカーにはあまり無いカラーなので、人が多い状況でも釣果が見込めます。

ウォータークリア

使われることは少ないけれどもハマると圧倒的に強いのがクリアカラー。

使用の目安は、「ほかのカラーで全く釣れないとき」です。

視認されにくいので、リアクションバイトを引き出せている感じがします。

クリアもほかのメーカーにほぼ無いので、持っておくと非常に便利なカラーです。

サルベージでシーバスゲット!

サルベージはサイズラインナップが多く、中空ボディとソリッドモデルの使い分けも可能なので、対応できるシチュエーションは非常に多いです。

価格も安いのでまずは使ってみることをおすすめします。

釣れるバイブレーションの一つであることは間違いないです。

関連 シーバスルアーおすすめ26選【2018年最新版】数百万円釣りに使った釣り歴25年の僕が釣れる一軍シーバスルアーを種類ごとにご紹介!

関連 海の魚がよく釣れるルアーおすすめ5選【2018年最新版】迷わずコレを使っておけば間違いなし!

関連 ソルト用メタルバイブおすすめ3選!海で釣れる魚や使い方は?

公開日:2018年6月25日
更新日:2018年10月30日

よく読まれている記事

  1. シーバスおすすめルアーの画像
  2. シマノ・ダイワの2019年新製品リールイメージ画像
  3. 18ステラの画像
  4. バス釣りおすすめルアーの画像
  5. バス釣りカラーの分かりやすい画像

最近の記事

  1. シーバスおすすめルアーの画像
  2. さまざまなカラーのシーバスルアーが並んだ画像
  3. グラスロッドで釣れたバスの画像
  4. シーバスビッグベイトの画像
  5. シマノ・ダイワの2019年新製品リールイメージ画像

カテゴリー

アーカイブ

  1. シーバスおすすめルアーの画像

    ソルトルアー

    シーバスルアーおすすめ26選【2018年最新版】数百万円釣りに使った釣り歴25年…
  2. バス釣りおすすめルアーの画像

    バス釣り

    バス釣りルアーおすすめ29選【2018年最新版】数百万円釣りに使ってきたバス釣り…
  3. シマノ・ダイワの2019年新製品リールイメージ画像

    タックル

    シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】モデルチェンジなどの最新情報はここからチ…
  4. 18ステラの画像

    タックル

    【シマノ・ダイワ】2018年リール情報!2019年の新製品情報はいつ頃出る?
  5. バス釣りカラーの分かりやすい画像

    バス釣り

    バス釣りでのカラーの使い分け【全22色】ハードルアー・ワームそれぞれの選び方を2…
PAGE TOP