シマノシーバスロッドのイメージ画像

ソルトルアー

シマノおすすめシーバスロッド11選!スピニング・ベイトどちらもチェック!

シマノのシーバスロッドは、初心者から上級者まで人気です。

今からシーバスを始める人も、長年シーバスを釣ってきた人も必見のラインナップをチェックしてみましょう。

この記事ではシマノのおすすめシーバスロッドをご紹介します。

シマノのシーバスロッドの特徴とは?

高い製造技術を持ち、釣り人であれば誰もがその名前を知っているであろう「シマノ」。

シマノの製品ラインナップは、シーバスロッドをはじめ魅力的なものが多いです。

シーバスロッドにおいては、「スパイラルX」や「ハイパワーX」といったカーボン強化構造、「カーボンモノコックグリップ」や「CI4+リールシート」による軽量化と感度アップなど、シマノならではの技術を採用してあるのが特徴です。

実際に使ってみると、シーバスが掛かったときのリフティングパワーや、キャストのしやすさに驚くことと思います。

僕自身、シマノのシーバスロッドで75センチほどのシーバスを掛けたときに、そのリフティングパワーに大きく助けられたことがありました。

初心者から上級者までおすすめできるモデルがシマノには多数ラインナップされていますので、その中から今回はおすすめモデルをピックアップしてご紹介していきます。

関連 ダイワのおすすめシーバスロッド22選!購入時に知っておきたい2つの注意点とは?

シマノおすすめシーバスロッド11選

スピニング・ベイトともにラインナップされているシマノのシーバスロッド。

初心者の方においてはスピニングロッド、中級者以上の方で大型のルアーを多用したり、ストラクチャー撃ちの精度を求める場合にはベイトロッドがおすすめです。

下記にシマノのおすすめシーバスロッドを、スピニング・ベイトそれぞれに分けてご紹介します。

シマノのおすすめシーバスロッド【スピニング編】

スピニングタイプのシーバスロッドはシチュエーションを問わず使っていくことができ、初心者から上級者まで誰もが必須となるロッドです。

長さの選び方は、岸からの釣りであれば9~10フィート前後、ボートからや小型ルアーをメインに使う場合であれば7~8フィート前後を選ぶのがおすすめ。

硬さは、汎用性の高いミディアムライトからミディアム(ML~M)を選んでおけば大丈夫です。

下記に上位モデルから順にご紹介していきますので、参考にしてみてください。

エクスセンス インフィニティ S906ML/RF

エクスセンス インフィニティシリーズは、シマノ最高峰のシーバスロッド。

なかでも「S906ML/RF」がおすすめのモデルとなっています。

グリップまでカーボンを使用した「NEWカーボンモノコックグリップ」が最大の特徴で、ルアーの振動はもちろん、シーバスが追ってきた水流までキャッチすることもできます。

扱いに少し慣れを必要とするので、中級者以上のシーバスアングラーにおすすめです。

エクスセンス S903ML・MH/F

「エクスセンス S903ML・MH/F」は、軽量なトルザイトリングガイドを搭載し、気持ちのよいキャストフィールを実現したシーバスロッドです。

繊細なティップを持ち合わせていて、シーバスの喰いが浅い場合や釣り人が多いハイプレッシャーエリアでその真価を発揮してくれます。

ルナミス S1000ML

「マッスルカーボン」を使用した新設計ブランクスに、「CI4+リールシート」や「チタンフレームトルザイトリングガイド」といった軽量な素材を採用し、軽量化を図ったルナミスシリーズ。

腕とロッドの一体感を向上させてくれる、フラットに仕上げられたリアグリップにも注目です。

シリーズの特徴を活かして遠投が可能な、「S1000ML」がシリーズで一番おすすめのモデルとなっています。

ディアルーナMB S900ML-4

ディアルーナMBシリーズは、コンパクトに持ち運べるモバイルタイプのシーバスロッドです。

自転車や電車での移動、旅行や出張などでロッドを持って行きたいときに重宝します。

継ぎ目が多くなりますが、シマノの技術によって綺麗な曲がりを実現しているおすすめのモバイルロッドです。

おすすめは汎用性の高さが際立つ「S900ML-4」となっています。

ディアルーナBS S610M

ボートからのシーバスフィッシングに対応したディアルーナBS。

BSはボートシーバスの略で、遠投したり正確なピンポイントキャストが要求されるボートからの釣りで活躍してくれるシリーズとなっています。

「ステンレスフレームKガイド」搭載なので、PEを使っていてもライン絡みが起きにくいです。

ピンポイントキャストも、ロングキャストするときの振り抜きもよい「S610M」がおすすめです。

ムーンショット S906M

ムーンショットは、「マッスルループ」構造を採用してあるシーバスロッドです。

ブランクスの外側をカーボンテープで密に巻くことで、強度とパワーの向上が図られています。

比較的求めやすい価格帯であることもムーンショットシリーズの魅力で、「S906M」を使ってみることをおすすめします。

ソルティーアドバンス シーバス S906ML

ソルティーアドバンス シーバスシリーズは、ハイコストパフォーマンスが魅力のシーバスロッド。

トップガイドにはラインを傷めにくい「SiCガイド」が使用してあり、どんな種類のラインを使っても大丈夫です。

実売価格は1万円を下回っているので、シーバス初心者の方におすすめしたいロッドとなっています。

汎用性の高い9.6フィートの長さで、硬さがミディアムライトとなっている「S906ML」がシリーズで最もおすすめです。

ルアーマチック S90ML

ルアーマチックはこれまで全くルアー釣りに挑戦したことがない方におすすめのシーバスロッドです。

シマノが製造している高品質なエントリーモデルなので、安心して使っていくことができます。

まずシーバス狙いにチャレンジしてみるなら、「S90ML」から始めてみてください。

シマノのおすすめシーバスロッド【ベイト編】

ビッグベイトやビッグミノーといった大きなルアーを使ったり、正確なキャストが必要という場合には、ベイトタイプのシーバスロッドを使ってみてください。

常に「バックラッシュ」とも隣り合わせとなるので、ベイトタイプのシーバスロッドは中級者以上の方が使うことをおすすめします。

一方で、ベイトタイプのシーバスロッドは使い方に慣れてしまえば、感度やリフティングパワーに優れているメリットを活かして釣果アップにつなげていくことが可能です。

エクスセンス インフィニティ B806M/R

パワーを持ちつつもスムーズな曲がりでキャストしやすい「エクスセンス インフィニティ B806M/R」。

落ち鮎パターンでビッグミノーを使ったり、重たいメタルバイブレーションを大遠投したりしていくのに最適なモデルとなっています。

こだわりを持ってベイトシーバスを楽しみたい上級者におすすめのロッドです。

ルナミス B706MH

「ルナミス B706MH」は、最大65グラムまでのルアーをキャストすることができるパワフルなベイトシーバスロッドです。

ビッグベイトを使ったり、メタルジグを使ったりしていくときにおすすめで、大きなシーバスが掛かっても安心のパワーが魅力となっています。

ディアルーナBS B606ML

「ディアルーナBS B606ML」は、オープンウォーターでのロングキャストも、ストラクチャー撃ちも万遍なくこなしていけるモデル。

「スパイラルX」と「ハイパワーX」、「CI4+」を使用したマルチパーミングシートで使いやすさも十分にあります。

ベイトシーバスのメリットを感じてみたいのであれば、まずはこのモデルからスタートすることをおすすめします。

関連 ダイワのおすすめシーバスロッド22選!購入時に知っておきたい2つの注意点とは?

シマノのシーバスロッドとあわせて使いたいおすすめリール

シマノはシーバスロッドだけでなく、シーバス専用リールも人気です。

性能が高く、自重が軽いシマノのシーバス専用リールは、シマノシーバスロッドとの組み合わせに最適となっています。

ここではスピニング・ベイトそれぞれ1機種ずつ、最もおすすめしたいモデルをご紹介します。

18 エクスセンスCI4+ 3000MHG

「18 エクスセンスCI4+ 3000MHG」は、3000番クラスの大きさながら、自重205グラムと超軽量なシーバス専用スピニングリールです。

CI4+シリーズとして初の「Xプロテクト」構造となっていて、水の浸入を気にせずに使っていくことができるのが特徴です。

ドラグや巻き上げのパワーなど、シーバス狙いに申し分ない性能を持ったおすすめのシーバス専用スピニングリールとなっています。

関連 18エクスセンスCI4+はハイスペックなスピニング!シーバス専用モデルの詳細をチェック!

17 エクスセンス DC XG

PEラインをトラブルなく使えるデジタルコントロールブレーキを搭載した「17 エクスセンス DC XG」。

「“HAGANE”ボディ」や「マイクロモジュールギア」といったシマノの技術により、パワーロスの少ない巻き上げが可能となっています。

トラブルが少なく、チャンスをものにしていけるおすすめのシーバス専用ベイトリールです。

関連 シーバスリールおすすめ5選【2018年最新版】番手(サイズ)やギア比の選び方もこれでばっちり!

シマノのシーバスロッドで大型シーバスをキャッチ!

シマノのシーバスロッドは、ときに欠品が起きてしまうほど高い人気を誇ります。

欲しいと思ったときには早めに情報をチェックしておくのがおすすめです。

ぜひおすすめしたシマノのシーバスロッドで、快適なシーバス釣りを楽しんでみてください。

関連 ダイワのおすすめシーバスロッド22選!購入時に知っておきたい2つの注意点とは?

関連 シーバスリールおすすめ5選【2018年最新版】番手(サイズ)やギア比の選び方もこれでばっちり!

関連 シーバスルアーおすすめ26選【2018年最新版】数百万円釣りに使った釣り歴25年の僕が釣れる一軍シーバスルアーを種類ごとにご紹介!

公開日:2018年3月11日
更新日:2018年9月23日

よく読まれている記事

  1. シーバスおすすめルアーの画像
  2. シマノ・ダイワの2019年新製品リールイメージ画像
  3. 18ステラの画像
  4. バス釣りおすすめルアーの画像
  5. バス釣りカラーの分かりやすい画像

最近の記事

  1. シーバスおすすめルアーの画像
  2. さまざまなカラーのシーバスルアーが並んだ画像
  3. グラスロッドで釣れたバスの画像
  4. シーバスビッグベイトの画像
  5. シマノ・ダイワの2019年新製品リールイメージ画像

カテゴリー

アーカイブ

  1. シマノ・ダイワの2019年新製品リールイメージ画像

    タックル

    シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】モデルチェンジなどの最新情報はここからチ…
  2. シーバスおすすめルアーの画像

    ソルトルアー

    シーバスルアーおすすめ26選【2018年最新版】数百万円釣りに使った釣り歴25年…
  3. バス釣りカラーの分かりやすい画像

    バス釣り

    バス釣りでのカラーの使い分け【全22色】ハードルアー・ワームそれぞれの選び方を2…
  4. バス釣りおすすめルアーの画像

    バス釣り

    バス釣りルアーおすすめ29選【2018年最新版】数百万円釣りに使ってきたバス釣り…
  5. 18ステラの画像

    タックル

    【シマノ・ダイワ】2018年リール情報!2019年の新製品情報はいつ頃出る?
PAGE TOP