エギングロッドの画像

【2019年版】おすすめエギングロッドを価格帯別に紹介!万能で使いやすいモデルをチェック!

エギングではエギを軽快にしゃくることができ、遠くまで投げられる専用のエギングロッドが必須です。

この記事では、万能で使いやすいおすすめエギングロッドを価格帯別にご紹介しています。

banner

失敗したくないエギングロッド選び

エギングの釣果画像

アオリイカをはじめ、さまざまなイカを狙えることで人気の「エギング」。

エギングでは、エギをどれだけ上手くアクションさせられるか、またどれだけ遠くに投げられるかが釣果を握ります。

その釣果を握る要素を大きく決めるのが、エギングロッドです。

この記事では元釣具屋でフィッシングカレッジ卒業生の僕から、失敗しないために見ておきたいエギングロッド選びのポイントに、万能で使いやすいおすすめエギングロッドを価格帯別にご紹介します。

エギングロッド選びのポイント

エギングロッドを選ぶ際には、

①ロッドの長さ
②ロッドの硬さ
③ロッドの自重

を重視して選びましょう。

以下に選び方の基準をわかりやすくご紹介していきます。

①長さは8フィート6インチがベスト

エギングロッドの長さの画像

エギングロッドにはさまざまな長さがあり、「フィート(ft)」と「インチ(in)」を使って表されています。

1フィートは約30センチ、1インチは約2.5センチで、エギングロッドには6フィート台から9フィートを超えるものまであります。

この中で万能に使える長さは、ずばり8フィート6インチです。

よく8フィート3インチとどちらがいいか比較されますが、3インチ長い8フィート6インチのほうが使いやすさも人気も高いです。

たった3インチ(約2.5センチ)の差ですが、より万能で間違いないのは、8フィート6インチだと思います。

硬さはMLかMを選ぶ

エギングロッドの硬さの画像

エギングロッドの硬さは、ML(ミディアムライト)かM(ミディアム)を選べば大丈夫です。

基本的には、秋イカシーズンに釣りをすることが多かったり、エギをあまり移動させたくない場合はML、春イカシーズンに釣りをすることが多かったり、遠投重視であればMを選ぶのがおすすめです。

また人気メーカー・メジャークラフトのエギングロッドでは硬さの表記が違いますが、EL→MLクラス、E→Mクラスと考えて選べば問題ありません。

自重はできるだけ軽いものを選ぶ

エギングロッドの自重の画像

エギングではロッドをしゃくりエギをアクションさせるため、ほかの釣りよりも腕にかかる負担が大きいです。

そんな腕にかかる負担を軽減するため、ロッドの自重はできるだけ軽いものを選びましょう。

具体的には、自重120グラムを下回っていれば十分疲れにくいです。

中には100グラムを下回るとても軽いエギングロッドもあるので、予算の都合があえばぜひ使ってみてください。

そのほかにちょっと気にしておきたいポイント

エギングロッドのガイドの画像

上記3点以外にエギングロッド選びでちょっと気にしておきたいポイントが、搭載されているガイドの種類です。

ガイドは一見すると全て同じに見えますが、フレームやリングにグレードがあり、放熱性や重さなどが違います。

その中で重視したいのがリングの種類で、エギングでは熱に弱いPEラインを使用するため、できれば放熱性に優れた「SiCリング」や「トルザイトリング」を選びたいところです。

また最終的に購入する際に気になるのが、ロッドの価格だと思います。

おすすめは1万円前後、最低5,000円以上が目安です。

予算が許せば2~3万円程度のエギングロッドを使うと、かなり快適に釣りができます。

価格帯別おすすめエギングロッド

ここではおすすめのエギングロッドを、「1万円前後」「2万円前後」「3万円前後」の価格帯別に分けてご紹介します。

選び方のポイントにあった、万能に使えるエギングロッドをピックアップしましたので、ぜひ購入時の参考にしてみてください。

1万円前後

ダイワ エメラルダス X 86M

エメラルダス Xは、ダイワの人気エギングブランド・エメラルダスシリーズのエントリーモデル。

バット部分にカーボンテープをX状に巻き締め上げた「ブレーディングX」を採用し、キャスト時の振り抜けの良さや、しゃくったときに掛かる腕への負担を軽減する工夫がしてあります。

おすすめは3.5号エギを中心に、2.5号や4号にも対応しやすい「86M」です。

ロッドの長さ 8ft6in
ロッドの硬さ M
ロッドの自重 120g
適合エギ 2.5~4号
ダイワ リバティクラブ エギング 862M

リバティクラブ エギングは、ダイワで最も安いエギングロッドが欲しい方におすすめ。

トップガイドには放熱性に優れたSiCガイドを採用し、摩擦熱によるラインの強度低下を軽減するようにしてあります。

「862M」が2.5~3.5号のエギに対応しているので、万能に使いやすいです。

ロッドの長さ 8ft6in
ロッドの硬さ M
ロッドの自重 140g
適合エギ 2.5~3.5号
シマノ セフィア BB S86ML

シマノのエギングブランド・セフィアシリーズのエントリーモデルであるセフィア BB。

ロッド本体が持つ本来の性能を発揮させる「ハイパワーX」や、強度・放熱性に優れる「ステンレスフレームKガイド」を搭載している点が魅力です。

おすすめは1.8号サイズの小さなエギから対応する「S86ML」で、秋イカ中心に釣りをすることが多い方はぜひ使ってみてください。

ロッドの長さ 8ft6in
ロッドの硬さ ML
ロッドの自重 104g
適合エギ 1.8~3.8号
シマノ ソルティーアドバンス エギング S806M

ソルティーアドバンス エギングは、シマノ製エギングロッドで最も安価な製品。

エギングモデルに関しては、トップガイドに「ステンレスSiCトップガイド」、元ガイドに「ステンレスKガイド」を採用していて、PEラインの使用感を向上させてあります。

1年を通してオールラウンドに使える「S806M」がおすすめです。

ロッドの長さ 8ft6in
ロッドの硬さ M
ロッドの自重 120g
適合エギ 2.5~4号
メジャークラフト 「三代目」クロステージ エギング CRX-862E

初代の発売から10年以上が経過し、今なお人気の高いクロステージシリーズ。

現モデルはネジレに強い「クロスフォース製法」を採用した三代目となっています。

おすすめの「CRX-862E」は、Mクラスの硬さに相当する、どんな季節や場所でも使いやすいバーサタイルモデルです。

ロッドの長さ 8ft6in
ロッドの硬さ Mクラス
適合エギ 2.5~3.5号
メジャークラフト ファーストキャスト エギング FCS-862E

ファーストキャストは、魚種ごとの専用設計としつつ、コストを大幅に抑えたシリーズです。

作り込まれたEVAグリップは、上級機種とも遜色のない使用感が魅力。

「FCS-862E」はエギングだけでなく、20グラムくらいまでのルアーや、ちょい投げなどの餌釣りにも使えるので、釣りを始めたばかりの方に特におすすめしたいモデルとなっています。

ロッドの長さ 8ft6in
ロッドの硬さ Mクラス
適合エギ 2.5~3.5号

2万円前後

ダイワ エメラルダス 86M・V

エギングを本格的かつ手軽に楽しみたいなら、エメラルダス・Vをおすすめします。

「高密度HVFカーボン」をメイン素材に、ロッド本来の性能を発揮させる「X45」と「ブレーディングX」を採用することで、軽くパワーのあるロッドに仕上げられています。

長さ8フィート6インチ・硬さミディアムの「86M・V」を選べば間違いないです。

ロッドの長さ 8ft6in
ロッドの硬さ M
ロッドの自重 108g
適合エギ 2.5~4号
シマノ セフィア SS S86M

前作より平均で約14グラムもの軽量化に成功したセフィア SS。

おすすめの「S86M」は自重99グラムと、100グラムを下回る軽さに目を引かれる1本です。

ソリッドティップを搭載したモデルなど、シリーズ全体で13アイテムものラインナップは、より細かなロッドセレクトがしたいアングラー必見のものとなっています。

ロッドの長さ 8ft6in
ロッドの硬さ M
ロッドの自重 99g
適合エギ 2~4号

3万円前後

ダイワ エメラルダス エア AGS 86M

エメラルダス エア AGSは、軽さにこだわったエメラルダスブランドの上位機種です。

通常はステンレスなどの金属で作られているガイドフレームに、カーボン素材を使用した「AGS(エアガイドシステム)」を採用することで、大幅な軽量化が図られています。

「86M」は、今回ご紹介しているロッドで最も軽い自重90グラムが大きな魅力です。

ロッドの長さ 8ft6in
ロッドの硬さ M
ロッドの自重 90g
適合エギ 2.5~4号
シマノ セフィア CI4+ S806M

セフィア CI4+は、ただ軽いだけでなく、実釣におけるストレスフリー性能を体感できるロッド。

前作よりもロッド全体が曲がるようになっていて、しゃくりのタイミングを取りやすく、エギを魅力的にアクションさせやすい設計としてあります。

オールラウンドな「S806M」を選んでおけば、長く快適に使うことができます。

ロッドの長さ 8ft6in
ロッドの硬さ M
ロッドの自重 94g
適合エギ 2~4号

今すぐエギングロッドを手にしよう!

エギングロッドの選び方をまとめると、

①長さは8フィート6インチがベスト
②硬さはMLかMを選ぶ
③自重はできるだけ軽いものを選ぶ

以上のポイントを踏まえつつ、予算にあったものを選べば大丈夫です。

この記事を参考に、ご自身にあったエギングロッドを選んでもらえればと思います。

関連 エギングリールおすすめ8選【2019年版】ダイワ・シマノのエギングリールをチェック!

この記事が役に立ったら
いいね!お願いします

Twitterで

関連記事一覧