バス釣りのベイトリールの画像

ベイトリールおすすめ6選【2019年版】選び方の5つのポイントをチェック!

バス釣りにおいてベイトリールは欠かせない存在です。

バックラッシュを恐れずに使いこなせば、大きく釣果アップにつながります。

この記事ではバス釣りベイトリールのおすすめ品や選び方に関する情報をご紹介します。

darumabanner

ベイトリールとは

バス釣りのベイトリールの画像

バス釣りのベイトリールは、重たいルアーを投げるのに適したリールです。

ベイトリールといえば「バックラッシュ」という、投げたときにラインがごちゃごちゃに絡んでしまうトラブルを思い浮かべる方も多いと思います。

しかし、そのバックラッシュをしないように使いこなせれば、そのメリットが大きく釣果アップにつながってくれるのがベイトリールです。

僕自身今でこそトラブルもほとんどなくベイトリールを扱えていますが、始めたばかりの頃は上に飛ばすか、目の前にミラクルキャストするかでした。

いろんな経験をし、様々な製品を使ってきたので、ベイトリールはこういった選び方をすれば良いことがわかってきました。

この記事では、バス釣りベイトリールのおすすめ品や選び方についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連 シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】夏発表の新製品も!

バス釣りおすすめベイトリール

ここでは各メーカーのバス釣りおすすめベイトリールをご紹介します。

各メーカーの特徴も併せてご紹介しますので、ベイトリール選びの参考としてみてください。

シマノのおすすめバス釣りベイトリール

シマノは遠心力ブレーキシステムの「SVS」を始め、電子制御ブレーキシステムである「DC(デジタルコントロールブレーキシステム)」、さらにはスプールに直接マグネットブレーキをかける「FTB」と多彩なブレーキシステムのバス用ベイトリールがラインナップされています。

ボディやギアの強度の高さにも定評がある人気メーカーです。

バスワンXT

バスワンXTは、ベイトリール入門に最適な製品。

現在のモデルは以前のモデルよりラインキャパシティを抑えて、より使いやすいように工夫がされています。

ベイトリールの基本を覚えるには、まずこの製品から始めてみると良いでしょう。

スプール径 34mm
ギア比 7.2
ボディ形状 ロープロファイル型
自重 210g
ブレーキシステム 遠心力ブレーキ
カシータスMGL

カシータスMGLは、今まで技術的に不可能とされてきたスプール側面への穴開けに成功した「NEWマグナムライトスプール」や、外部ダイヤルだけでブレーキ調整を行える「NEW SVS∞(インフィニティ)」を搭載した、誰でも扱いやすいベイトリールです。

ノーマルギアとハイギアがありますので、ギア比の使い分けにチャレンジする最初のベイトリールとしておすすめです。

スプール径 34mm
ギア比 6.3
ボディ形状 ロープロファイル型
自重 190g
ブレーキシステム 遠心力ブレーキ
スコーピオン70

スコーピオン70はスプール径が32ミリとなっていて、軽量なルアーのキャスティングに向いている製品。

具体的には7~10グラム程度が投げやすいウエイト帯となります。

ブレーキシステムは「SVS∞(インフィニティ)」となっているので、外部ダイアルからブレーキの強さを調整可能です。

スプール径 32mm
ギア比 6.3
ボディ形状 ロープロファイル型
自重 190g
ブレーキシステム 遠心力ブレーキ
クロナーク MGL

クロナーク MGL は、快適なキャストフィールが魅力の「NEWマグナムライトスプール」、外部ダイアルからブレーキ調整できる「NEW SVS∞(インフィニティ)」、さらに静かな巻き心地で定評のある「マイクロモジュールギア」を搭載したミドルクラスのベイトリールです。

先にご紹介したカシータスMGLとの違いは、サイズが100番から150番に大きくなっていること、サイズが大きくなりながら自重が5グラム軽くなっていること、マイクロモジュールギアを搭載していることが違いとなっています。

ボディが大きめなので手の小さな方にはあまりおすすめできませんが、それ以外の面では使いやすさ抜群のベイトリールとなっています。

スプール径 34mm
ギア比 6.2
ボディ形状 ロープロファイル型
自重 185g
ブレーキシステム 遠心力ブレーキ

ダイワのおすすめバス釣りベイトリール

ダイワのベイトリールはほとんどがマグネットブレーキを採用していて、比較的バックラッシュに強い傾向があります。

スプールの回転数によってブレーキ力が変わる「SVスプール」や、投げた時のライン放出抵抗を少なくするレベルワインド形状「TWS」が搭載されているモデルは特に魅力となっています。

タトゥーラ CT TYPE-R

タトゥーラ CT TYPE-Rは、タフなことで定評のある「タトゥーラ」をコンパクト化して操作性を向上させたモデルです。

34ミリスプールは様々なルアーに対応しやすく、回転数に応じてブレーキ力が変化する「マグフォースZ」でバックラッシュしにくい製品となっています。

スプール径 34mm
ギア比 6.3
ボディ形状 ロープロファイル型
自重 205g
ブレーキシステム マグネットブレーキ
フエゴ CT

フエゴ CT は、強度の高い「スーパーメタルフレーム」や、34ミリ径の超々ジュラルミン製スプールを搭載しているおすすめベイトリール。

特に注目したいのが、ダイワベイトリールの最上位機種であるSTEEZと同様の「軽量薄型ハイグリップⅠシェイプライトノブ」が搭載されていることです。

このハンドルノブによって、より水中の様子やルアーの動きを指先で感じ取りやすくなっています。

スプール径 34mm
ギア比 6.3
ボディ形状 ロープロファイル型
自重 205g
ブレーキシステム マグネットブレーキ

ベイトリールのメリットとデメリット

ここではベイトリールのメリットとデメリットをご紹介します。

メリットとデメリットを知っておくことでベイトリールの活躍の場が明確になり、バックラッシュを避けることにもつながるでしょう。

ベイトリールのメリット

メリットのイメージ画像

ベイトリールのメリットは、

①巻き上げが強いこと
②手返しが良いこと
③飛距離調整が細かくできること

の3つです。

まず、巻き上げが強いのは、ラインを真っすぐに巻ける構造をしていることが理由です。

スピニングリールでは、ラインを一旦ラインローラーで約90度に折り曲げてから巻くので、その分抵抗が発生して巻き上げが弱くなります。

次にベイトリールはクラッチボタンを押せばすぐにキャスト体勢に入ることができるので、手返しが良いこともメリット。

スピニングリールの場合だと、指でラインを拾って、ベールを返してからキャストするといった形になりますので、どうしてもベイトリールより動作が多くなり、その結果として手返しが悪くなる傾向があります。

3つ目のメリットである飛距離調整が細かくできるのは、スプールを指で押さえて行う「サミング」がミリ単位で行えるからです。

スピニングリールの場合は空いている手で「フェザーリング」を行っても、センチ単位の調整となるのでベイトリールに比べると飛距離の調整は雑になってしまいます。

ベイトリールは、①巻き上げが強いこと、②手返しが良いこと、③飛距離調整が細かくできることの3つがメリットだと覚えておきましょう。

ベイトリールのデメリット

バス釣りのベイトリールがバックラッシュしている画像

ベイトリールのデメリットはなんといっても「バックラッシュ」です。

バックラッシュが起きる原因は、スプールの回転よりもルアーが飛ぶのが遅いこと、ブレーキ調整が上手くできていないこと、キャスト時に力を入れすぎていることなど多岐にわたります。

ベイトリールの持つ性能に対して使うルアーが軽すぎたり、空気抵抗が大きすぎたりするとバックラッシュは起きやすくなります。

ベイトリールの選び方

ベイトリールを選ぶときには、

①スプール径
②ギア比
③ボディ形状
④自重
⑤ブレーキシステム

これら5つのポイントに注目して選んでみましょう。

ベイトリールはどれも同じように見えますが、スプール径が1ミリ変わるだけで適した重さのルアーが変わったりしますので、選ぶときには慎重に選んでください。

下記にベイトリールの選び方のポイントを詳しくご紹介します。

スプール径

バス釣りベイトリールのスプールの画像

ベイトリールの投げやすさを大きく左右するのが「スプール径」です。

スプール径とはスプールの外寸法のことを指し、ほとんどのベイトリールのスペックに掲載されていて、バス釣り用のベイトリールではスプール径31ミリから38ミリまでの大きさが一般的となっています。

スプール径は大きくなるほど遠投しやすいですがバックラッシュの危険性が高くなり、小さければバックラッシュしにくくなりますが飛距離は落ちる傾向があります。

最初にベイトリールを買うとなった場合は、黄金比とされる「34ミリ」のスプール径から始めることをおすすめします。

34ミリのスプール径はバス釣りで使うことが多い、10グラムから20グラムくらいまでのルアーを快適に投げられるのが特徴です。

スタートは黄金比の34ミリから始めて、その後「もっと遠投したい」「大きく重たいルアーを使うことが多い」などあればスプール径が大きなものを、「軽いルアーを投げたい」「バックラッシュの起きる確率を低くしたい」などあればスプール径が小さなものを選んでいけば良いでしょう。

ギア比

ギア比を説明した画像

ベイトリールのギア比とは、ハンドルを1回転させたときにスプールが何回転するかという比率を表したもの。

例えばギア比7というと、ハンドル1回転でスプールが7回転するという意味になります。

ベイトリールにはギア比が低いほうから、

・ローギア(PG)
・ノーマルギア
・ハイギア(HG)
・スーパーハイギア(SH)
・エクストラハイギア(XG)

と様々なギア比があります。

括弧内はよく使われている略称で、ローギアは「パワーギア」とも呼ばれるのでPGとなっています。

一般的にノーマルギアは略称の記載がありません。

上記の画像にもあるように、ギア比は数字が大きくなればなるほどハンドル1回転あたりの巻き上げ量が多くなりますが、巻き上げの力は弱くなります。

逆に数字が小さくなればハンドル1回転あたりの巻き上げ量は少なくなりますが、巻き上げの力は強くなります。

実際に使ってみるとその差は歴然としていて、使い分けができれば最高です。

例えばノーマルギアでクランクベイトやスピナーベイトを使い、ハイギアでテキサスリグやラバージグを使うといった感じです。

最初の1台に関しては、万遍なくどんなルアーでも使いやすいギア比6.3前後のノーマルギアからスタートすることをおすすめします。

ボディ形状

ロープロファイル型ベイトリールの画像

ベイトリールには「ロープロファイル型」と「丸型」の2つのボディ形状があります。

ロープロファイル型は一般なベイトリールの形状で、コンパクトに握り込めるのが特徴です。

丸型はボディの強度が高いことが特徴となっています。

最初はしっかりと握り込めるロープロファイル型のベイトリールからスタートすることをおすすめします。

自重

電子秤の画像
出典:photoAC

ベイトリールでは自重が軽いものを選ぶのもポイントです。

自重は使用されているボディ素材や加工技術によって変わってきます。

例えばシマノの「16 スコーピオン70」と「メタニウムMGL」はほぼ同じ大きさですが、上位ランクであるメタニウムMGLのほうが15グラム軽いです。

基本的にランクが上がれば上がるほど、強度を確保したままで軽いといったものが多いです。

なぜ自重が軽いほうが良いのかというと、ベイトリールはロッドの上側に来るので常に重心が回転するのに逆らいながら釣りをするということになります。

そのため少しでも自重が軽いものを選ぶことで、巻くときのロッドのブレを少なくしたり、長時間使用した場合の疲れを軽減したり、感度が上がったり、キャストが正確になったりといいことづくめになります。

ベイトリールの自重は、200グラムを切っていれば十分です。

170グラムくらいからは、めちゃくちゃ軽く感じます。

自重は各リールのスペックにありますので、それを見ながら予算と相談しつつ、できるだけ軽いものを選んでみてください。

ブレーキシステム

ベイトリールにはバックラッシュを軽減するために「ブレーキシステム」が搭載されています。

メーカーによって構造は様々ですが、いずれもスプールに対してブレーキを掛けてバックラッシュを軽減してくれます。

ブレーキシステムには、

・マグネットブレーキ
・遠心力ブレーキ
・デジタルコントロールブレーキ

の3種類があります。

それぞれの特徴は下記のとおりです。

マグネットブレーキ

マグネットブレーキは、磁力を利用したブレーキシステムです。

特徴は下記のようになっています。

・比較的バックラッシュしにくい
・外部ダイアルで調整できる
・初心者でも扱いやすい
・飛距離が出にくい

遠心力ブレーキ

遠心力ブレーキは、スプールが回転することで「ブレーキシュー」というパーツが飛び出し、それがブレーキ壁に当たることで摩擦抵抗を生み出してブレーキをかけるシステムのことです。

特徴は下記のとおりです。

・飛距離が出しやすい
・サイドプレートを開けてからブレーキ調整が必要なものもある
・ブレーキ調整がシビア

デジタルコントロールブレーキ

デジタルコントロールブレーキは、シマノ独自の電子制御によるブレーキシステム。

ほかのブレーキシステムでは不可能な部分のブレーキ調整もできる画期的なもので、「DC」と略して呼ばれています。

デジタルコントロールブレーキには下記のような特徴があります。

・非常にバックラッシュしにくい
・飛距離が出しやすい
・ブレーキ調整が簡単
・価格が高い
・リールの自重が重くなる

以上3つのブレーキシステムの特徴を踏まえつつ、最初の1台を選ぶときには、トラブルを少なくしたいならマグネットブレーキ、飛距離を出したいなら遠心力ブレーキがおすすめとなります。

予算に余裕がある方であれば、飛距離が出しやすくバックラッシュもしにくいデジタルコントロールブレーキのベイトリールをぜひ使ってみてください。

自分に合うベイトリールで釣果アップ間違いなし!

ベイトリールはスプール径のわずか1ミリの違いで、使いやすさが変わることも少なくありません。

ご紹介したおすすめ品と選び方のポイントを踏まえて、ぜひご自身に合ったベイトリールを選んでみてください。

ベイトリールの使い方がわからないという方は、こちらの記事で基本的な使い方からバックラッシュしにくくなる方法までを解説していますので参考にしてみてください。

関連 シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】夏発表の新製品も!

関連 バスロッドおすすめ18選【2019年版】選び方・人気メーカー製品をまとめてチェック!

関連 バス釣りラインおすすめ9選|リール・釣り方別の太さ選びや種類ごとの特徴を簡単に解説!

公開日:2018年7月11日
更新日:2019年2月8日

関連記事一覧