• HOME
  • 投稿
  • バス釣り
  • エバーグリーンのバブルトルネードはとにかくうるさいバズベイト!でもこれじゃなきゃダメな状況もある魅力的なルアー!
バブルトルネードの画像

エバーグリーンのバブルトルネードはとにかくうるさいバズベイト!でもこれじゃなきゃダメな状況もある魅力的なルアー!

エバーグリーンのバブルトルネードは、直進性がありとても優秀なバズベイトです。

使い方が簡単で、チューニング不要で使えるとても使い勝手のよいルアーとなっています。

この記事ではエバーグリーンのバブルトルネードについてご紹介します。

banner

バブルトルネードとは

バブルトルネードは、エバーグリーンが発売しているバズベイトです。

前後2枚のペラによる干渉音で、大きなアピールを生み出します。

バブルトルネードは、はじめて使うバズベイトとしてではなく、ある程度バズベイトがどのようなものか理解した方におすすめの製品です。

使ってみて思うのは、これでしか出ない、釣れない状況があるので、とんでもない破壊力を持ったルアーだなとつくづく感じています。

関連 バズベイトおすすめ3選!使い方の基本からもっと釣るための5つの工夫まで紹介!

バブルトルネードのインプレ

バブルトルネードを使うと分かるのが、とにかくうるさいこと。

このバブルトルネードですが、これでしか出ないといった状況を何度も体験してきました。

特に水面がシーンと静まり返っているような状況で投げてみると釣れるイメージが強いです。

このルアーを使ってその音を聞いて、バスがバイトしてくるのを見ると、ルアーは餌として喰われているだけではないと感じることができると思います。

バブルトルネードのメリット・デメリット

とてつもない実力を持ったバブルトルネードですが、メリット・デメリットがもちろんあります。

まず、メリットとしては直進性があることです。

ペラが2枚あり、互いに逆回転することで真っ直ぐに進んできてくれます。

1枚ペラのバズベイトだと左右どちらかにコースがずれていくので、これは大きなメリットです。

また、クラッカータイプのバズベイトよりも強い音と衝撃音を生み出せることもメリットとして挙げられます。

おそらく連続した衝撃音が、バブルトルネードの釣れる要因ではないかと個人的には感じています。

デメリットとしては、切れ藻や浮きゴミに弱いこと。

ペラが2枚、その後ろにはバネがついていて、ここに切れ藻や浮きゴミの細かい繊維が絡んでしまいやすいです。

また、ペラの立ち上がりが少し悪いというのもデメリット。

強い衝撃音を生み出すための弊害なので、意識的に強く巻き始めると大丈夫です。

バブルトルネードの使い方

バブルトルネードの使い方は、音が鳴り響く速度で巻いてくるだけで十分です。

リトリーブスピードを変えたりすると、ペラの干渉音が変化してしまい、このルアーの性能を活かしにくくなります。

重さのラインナップは3/8と1/2オンスとなっていますが、どちらでも十分釣れますのでご自身で好きなほうを選んでみてください。

どちらかに絞るとなれば、3/8オンスのほうが軽い使用感で使いやすいです。

バブルトルネードのおすすめカラー

バズベイトで考えるべきことは、とにかくアピールすること。

そのためバズベイトのカラーは、目立つものを選んで使ってみてください。

ここではバブルトルネードのおすすめカラーを3つご紹介します。

ホットタイガー

アピールカラーとして定番のホットタイガーは、バズベイトでも欠かせないおすすめのカラーです。

僕個人として一つだけ選ぶのであれば、間違いなくこのホットタイガーを選びます。

水質は、クリア・マッディー問わずに使えます。

ホワイトチャート

ホワイトチャートは、クリアウォーターで効果的となるカラーです。

シルバーのペラによるフラッシングも、アピールを増す要因となってくれます。

クラウン

エバーグリーンのどのルアーにおいても人気のクラウン。

初心者の方も抵抗を持ちにくいカラーなので、最初はこれからスタートしてもいいかもしれません。

関連 バス釣りでのカラーの使い分け【全25色】ハードルアー・ワームそれぞれの選び方を25年以上の実績と知識で解説してみた

バブルトルネードにチューニングって必要?

バズベイトといえばチューニングが重視されることが多いですが、バブルトルネードに関しては必要ありません。

パッケージから出してそのまま使って大丈夫です。

またトレーラーフックに関してですが、バブルトルネードに関しては付けないほうが良いと感じています。

その理由が、バブルトルネードへのバイトは、食いが深いことがなぜか多いからです。

理由は分かりませんが、下手にトレーラーフックを付けてフックポイントが2つになりフッキングパワーが分散してしまうことや、根掛かりする確率の増加、ゴミが絡むことによって効率が下がることを考えると、あえて使わないというのも釣果アップを図るためには必要だと思います。

バブルトルネードは唯一無二の存在

繰り返しになりますが、バブルトルネードを使っていると、確実にこれでしかバイトが得られない状況に遭遇するでしょう。

実際に別記事でご紹介しているゲーリーヤマモトのバズベイトを投げたあとで、バブルトルネードを投げてみたらバイトが得られたということは何度もあります。

こういう不思議なこともあるので、バス釣りは本当に面白いです。

バブルトルネードは、持っておくと重宝することがあるルアーだと思います。

関連 バス釣りルアーおすすめ29選|数百万円釣りに使ってきたバス釣り歴26年目の僕が自信を持っておすすめするルアーをご紹介!

関連 バス釣りでのカラーの使い分け【全25色】ハードルアー・ワームそれぞれの選び方を25年以上の実績と知識で解説してみた

関連 バス釣りワームおすすめ19選|釣れるワームはコレを見れば分かる!

公開日:2018年6月1日
更新日:2018年10月26日

関連記事一覧