• HOME
  • 投稿
  • バス釣り
  • エバーグリーン・ブザービーターのインプレ!サウンドの使い分けからおすすめのカラーまで紹介!
エバーグリーン・ブザービーターのイメージ画像

エバーグリーン・ブザービーターのインプレ!サウンドの使い分けからおすすめのカラーまで紹介!

ブザービーターはとても優秀なバス用バイブレーションです。

強い振動を生み出してくれて、飛距離も出しやすい使いやすさを誇ります。

この記事ではブザービーターのインプレ、サウンドの使い分けからおすすめカラーまでをご紹介します。

banner

ブザービーターとは?

ブザービーターは、エバーグリーンから発売されているバイブレーションです。

ほかのバイブレーションよりも振動が強く、広範囲を探ることを得意としています。

名前の由来は、試合終了のブザーと同時に得点することから来ていて、どうしても釣れないときに最後に投げてみるルアーとして使えるほど高い実釣性能を持っています。

よく飛び、よく泳ぐバス用バイブレーションとして、このうえなく使いやすい製品です。

関連 バス釣りのバイブレーションおすすめ12選!ロッド選びや使い方もこれで間違いなし!

ブザービーターの特徴

ブザービーターはヘッド上の面積が広いのが特徴です。

この面に水を受けることによって、強いバイブレーションを生み出します。

同じくヘッド面が幅広のライズバッカーというバイブレーションもありますが、それよりもブザービーターのほうがアクションは強いと感じます。

ブザービーターのインプレ

僕個人のイメージですが、ブザービーターはよく飛ぶ重たいクランクベイト。

日本製バイブレーションとして、ブザービーターはこれ以上ない強い振動を生み出していると思います。

有名どころではT.D.バイブレーションもありますが、僕はブザービーターのほうが好きです。

潜行深度としては3~4メートルくらいのレンジを泳いできているイメージで、特に秋の水質悪化時に強い印象があります。

ブザービーターのデメリット

実釣性能が高いブザービーターですが、浅いところでは使いにくいです。

ロッドを立ててリトリーブしても、2メートルくらいのところを泳いでいるという印象を受けます。

なので、浅い水深の場所で釣りをする方に関してはブザービーターではなく、ほかのバイブレーションを使った方が良いと思います。

ほかのバイブレーションと潜行深度の違いでローテーションしながら使ってみてください。

ブザービーターのサウンドタイプ

ブザービーターには3つのサウンドタイプがあり、これらを使い分けるとより釣果アップを図ることが可能です。

以下にそれぞれの特徴と使い時をご紹介します。

ハイサウンド

ハイサウンドはオールラウンドに使えるラトルインタイプです。

ジャラジャラというバイブレーションらしい音がして、広範囲のバスをサーチするのに適しています。

SOS(サイレント)

SOSとは、「サウンドオブサイレンス」の略で、音を立てないサイレント仕様となっています。

音を立てない代わりにアクション自体を大きくしてあり、バスに気付かれないというリスクを軽減してあります。

まず最初に選ぶとすれば、個人的にはこのサイレントモデルがおすすめです。

タングステン

ラトル素材をタングステンにしたモデルは、強く硬い衝撃音が特徴です。

ハイサウンドタイプの強さではバスにアピールできていないと感じるときに使ってみるといいです。

ブザービーターのおすすめカラー

ここではブザービーターのおすすめカラーを3つご紹介します。

カラーラインナップが豊富なブザービーターなので、選ぶときの参考にしてみてください。

ステインゴールド

ステインゴールドは、マッディーウォーターや曇天のときに欠かせないゴールド系カラーです。

いろんなメーカーのカラーリングの中でも、輝き方が一番強いと思います。

ナイトメアパワーヒップ

ナイトメアパワーヒップは、バス用ハードルアーのカラーとしては珍しすぎるといっても過言でないブラックシルエット。

個人的にはほかのメーカーでもカラーラインナップに入れてほしいと思うほど、黒は釣れるときに圧倒的な釣果を叩きだしてくれます。

フリッカーマットシルバー

フリッカーマットシルバーは、サイレントタイプ限定のインサートプレートカラーです。

絶妙なフラッシングが魅力で、サイレントタイプ特有のパワフルなアクションとの相性がとてもいいです。

関連 バス釣りでのカラーの使い分け【全25色】ハードルアー・ワームそれぞれの選び方を25年以上の実績と知識で解説してみた

ブザービーターの使い方

ブザービーターの使い方は、ただ巻きがおすすめです。

カウントダウンしてある程度沈めたら、一番巻きやすいスピードで振動を感じつつ巻いて使ってみてください。

さらにブザービーターは、揺らめきながら沈むのでフォールでも釣れます。

ウィードエッジだったり、縦ストラクチャーを攻めたりするときには、フォールも織り交ぜつつ使ってみてください。

ブザービーターで広範囲を攻略!

ブザービーターを使ってみると、これは良いバイブレーションだと感じてもらえることでしょう。

それくらい自信を持っておすすめできるバイブレーションです。

サウンドタイプのどれがいいかわからない方は、まずサイレントタイプから使ってみてください。

ブザービーターは、ありそうでほかにない特徴を持ったおすすめのバイブレーションです。

関連 バス釣りルアーおすすめ28選|数百万円釣りに使ってきたバス釣り歴26年目の僕が自信を持っておすすめするルアーをご紹介!

関連 バス釣りでのカラーの使い分け【全25色】ハードルアー・ワームそれぞれの選び方を25年以上の実績と知識で解説してみた

関連 バス釣りワームおすすめ19選|釣れるワームはコレを見ればわかる!

公開日:2018年5月19日
更新日:2018年10月24日

この記事が役に立ったら
いいね!お願いします

Twitterで

関連記事一覧