• HOME
  • 投稿
  • 釣行記
  • 【第3回・ルアー通釣行記】平之ニジマス釣堀公園で初のエリアトラウトに挑戦!
ニジマスの画像

【第3回・ルアー通釣行記】平之ニジマス釣堀公園で初のエリアトラウトに挑戦!

この記事では、ルアー通の釣行記・第3回をお届けします。

初のエリアトラウトに挑戦してきました。

banner

平之ニジマス釣堀公園

平之ニジマス釣堀公園の画像
釣り歴25年以上のルアー通ですが、管理釣り場に関しては全く行ったことがありませんでした。

というのも「近くに管理釣り場が無かったから」というのが理由です。

そんな先日、佐賀県の厳木町に「平之(ひらの)ニジマス釣堀公園」という管理釣り場ができたとの情報を見つけました。

平成30年2月10日からオープンしていたそうですが、全く知らなかった…。

早速、最低限のルアーだけ取り寄せて行ってきてみました。

実釣の様子

平之ニジマス釣堀公園の画像
釣り場に着いてすぐの画像。

めっちゃくちゃ水が綺麗で、しかも魚が多い。

放流されているのはニジマスです。
ニジマスの画像
30分ほど試行錯誤しながら最初の1匹。

人生初のニジマスでした。

「ここから連発でしょ!」と思ったのもつかの間。

計5時間で6匹ほどの釣果…。

食わせるまで、そして食ってもそれを掛けるのがとんでもなく難しいですね。

「ペレットを餌として育ってきたニジマスをルアーで攻略する」というのがこんなにもゲーム性が高いものだとは正直思ってなかったです。

ルアー、フックセレクト、それとタックルセレクトもトータルでバランス考えていかないと、食わせて取り込むといったところまで簡単にはできないようです。

水生昆虫が水面付近に上がってきたときはそれをすぐに食うんですけど、ルアー投げたところで無視。

それにミノーには見向きもしませんでした。

考えてみれば、小魚を追って食うということはしてこなかったでしょうからね。

ただ、簡単に釣れないというのは、長年ルアーをやってきている人間からすると嬉しいもの。

まだまだ伸ばせるところがあるんだなと感じました。

簡単にですが、釣れたのはペレット系カラーと赤金のスプーン、クランク、クリアのシャッド。

一番反応がよかったのは、ペレット系カラーのスプーン・ロデオクラフトのノアでした。

平之ニジマス釣堀公園は水深が1メートル程度なので、重くても2グラム程度までがよさげです。

平之ニジマス釣堀公園については2018年4月20日現在、公式ホームページがないので情報がほとんど出回っていない状態です。

釣り場に向かうときも正確な位置情報が無かったので、「この先にあるの?」「道間違った?」「だいぶ車走らせたけど無い?」って思ったくらい走ったところで見つけました。

管理人さんともお話できたので、平之ニジマス釣堀公園の位置や、現在の料金などの情報をまとめた記事をアップしたいと思います。

関連 【佐賀県厳木町管理釣り場】平之ニジマス釣堀公園の場所や料金情報まとめ!

関連 【第2回・ルアー通釣行記】桜満開後最初の雨は苦戦しがち?

関連 【第4回・ルアー通釣行記】シーズン開幕?ショアマゴチ!

関連記事一覧